住宅ローン金利の比較なら住宅ローン比較ネット (2020年10月金利更新)

住宅ローン借り換え比較ランキング (2020年10月の金利更新)

  • HOME »
  • 住宅ローン借り換え比較ランキング (2020年10月の金利更新)

すぐに借り換えランキングをチェックしたい方はこちら

金融緩和により住宅ローン金利が低下していることで、借り換えには絶好のタイミングとなっています。
変動金利や10年固定金利だけでなく「フラット35」でも歴史的な低金利となっていることで、どの金利タイプも借り換えにはおすすめな状況です。

すでに借り換える金利タイプが決まっている方は気になる住宅ローンに早めに申込み、低金利での借り換えを確実に行えるように準備を整えましょう。

まだ金利タイプで悩んでいる方は、金利が低いだけでなく団信に加えて「無料の疾病保障」が付帯する有料な住宅ローンを中心に、おすすめの借り換え先住宅ローンをランキングしてみたので、借り換えの際の住宅ローン選びの参考にしてみてください。

借り換えでメリットがある条件とは?

  1. 住宅ローン残高が1,000万円以上残っている
  2. 返済期間が10年以上残っている
  3. 金利差が1% 以上ある
  4. 固定期間が終了しそうな方、した方

一般的に、住宅ローンを借り換えることでメリットが出るのはこの1~3の条件を満たした時と言われています。
しかし最近の住宅ローン金利の低下を受け、金利差が1%ではなく0.5%あればメリットがある場合も出てきています。

さらに、もう一つ忘れてはいけない条件として4の当初引下げ型の選択固定金利型住宅ローンの固定期間が終了しそうな方、した方です。

当初引下げ型の住宅ローンは当初期間は非常に金利が低く設定されていますが、当初期間が終了すると住宅ローン金利が大幅に高くなります。
現状の変動金利や10年固定金利に比べると金利差は余裕で0.5%を超える可能性があります。

金利差が0.5%あれば、銀行の公式サイトのシミュレーターで試算してみることをおすすめします。

それでは、今借入れている住宅ローンの金利を確認してランキングをみてみましょう。
 

住宅ローン借り換え比較ランキング<2020年10月金利更新>
順位銀行名変動金利固定金利事務手数料保証料申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410%

(全期間引下げプラン)


10年固定:0.540%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障月次返済保障の3つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位SBIマネープラザのロゴ画像です

ミスター住宅ローンREAL

0.410%

※3
(通期引下げプラン)

10年固定:0.640%

※3(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

ネット銀行の低い金利と無料の疾病保障が付帯する手厚い保障の住宅ローンを専門家に住宅ローンの疑問や悩みを相談しながら借り換えを行えるのがSBIマネープラザの大きなメリットです。

3位ソニー銀行のロゴ画像です0.507%

(変動セレクト
住宅ローン)※4

10年固定:0.600%

(固定セレクト
住宅ローン)※4

借入額の
2.20%(税込)
0円詳細を確認

変動金利(変動セレクト住宅ローン)は0.507%で事務手数料が借入額の2.20%(税込)ですが、金利が少し高い0.807%事務手数料が44,000円(税込)の住宅ローンも用意されています。
どちらも無料の疾病保障が付帯する手厚い保障でおすすめです。

4位0.450%

※2
(変動フォーカス)

10年固定:0.750%

(当初固定金利タイプ)

変動金利:
借入額の
2.20%(税込)
10年固定:
55,000円(税込)~
165,000円(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
5位ARUHIのロゴ画像です

フラット35

なし20年以内:1.210%
21年以上:1.300%

※1

借入額の
1.10%(税込)

※5

0円公式サイト
詳細を確認
6位0.470%
10年固定:
0.570%

(当初固定金利)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
※1 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。
※2 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は0.650%。
※3 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
※4 借り換え/新規購入で自己資金10%未満の場合の金利です。
※5 WEBから申込み・契約まで行った場合の事務手数料です。
借り換え比較ランキングの詳細はこちら

 

借り換え比較ランキング

icon_1st 第1位 auじぶん銀行

2020年10月の第1位はauじぶん銀行です。

変動金利(全期間引下げプラン)は0.410%、10年固定金利(当初期間引下げプラン)は0.540%とどちらも業界最低水準の低金利となっています。
この低金利に加えて、無料で付帯する疾病保障による手厚い保障面も人気の理由の1つです。

変動金利・10年固定金利ともに金利の低さは驚きですが、この低金利にもかかわらず無料で付帯する疾病保障のことを考えると金利差以上のメリットがより大きくなりますね。
変動金利でも10年固定でもauじぶん銀行は候補の1つに入れるべきです。

「スマホで完結できる新しい住宅ローン」を念頭に開発した住宅ローンは、インターネットに特化した銀行らしく、申込みから契約まで紙の書類を必要とせず全てWeb上の記録で手続きを完了させます。
店舗がないことで経営コストを減らし、低金利を実現しています。

また、審査時間の短縮にも力を入れていて、一般的に1ヶ月程度かかるところを最短10日で審査を完了します。

最大の特徴といえるのは、「がん50%保障団信」「全疾病保障」「月次返済保障」が無料で付帯することでしょう。

日本では2人に1人ががんと診断され、3人に2人が治療を成功させ生還するというデータがありますし、住宅ローンは長期に渡って返済が続くため、がんや病気に備えることはとても重要です。

がんと診断されると住宅ローン残高の半分が保障される「がん50%保障団信」、(精神障害を除く)すべての病気やけがで180日以上の継続した入院となった場合に残りの住宅ローン残高のすべてを保障してくれる「全疾病保障」、さらに(精神障害を除く)すべての病気やけがでの入院が連続して31日以上になった場合、または以降、入院が継続して30日に達するごとに毎月の住宅ローン返済額が支払われる「月次返済保障」も無料でプラスされ、他の銀行にはない手厚い保障が無料で付帯することはauじぶん銀行の住宅ローンの大きなウリの1つと言えるでしょう。

住宅ローンを後発で始めたauじぶん銀行は、ネット銀行特有の低金利と利便性を追求したサービスで、いま一番おすすめの住宅ローンとなっています。

では、auじぶん銀行の詳細を見ていきましょう。

auじぶん銀行 住宅ローンの詳細
金利 変動金利:0.410%(全期間引下げプラン)
10年固定金利:0.540%(当初期間引下げプラン)
保証料 0円
事務手数料 借入れ金額の2.20%(税込)
一部繰上げ
返済手数料
0円
全額繰上返済手数料は変動金利適用中であれば無料、固定金利適用中であれば33,000円(税込)
保障内容 団信に加えて「がん50%保障団信」「全疾病保障」「月次返済保障」が無料で付帯
■関連記事■
auじぶん銀行の住宅ローン担当者に比較ネット編集部が独自にインタビュー
auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
auじぶん銀行の住宅ローン キャンペーン情報
[auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行] 無料の疾病保障付き住宅ローンの保障内容を比較!

 

icon_1st 第2位 SBIマネープラザ(ミスター住宅ローンREAL)

第2位は住信SBIネット銀行が提供している対面販売型住宅ローンでSBIマネープラザが販売する「ミスター住宅ローンREAL」です。

対面販売型ということで専門家に住宅ローンの疑問や悩みを相談しながら借り換えを行えることが大きなメリットです。

変動金利(通期引下げプラン)への借り換えは0.410%としています。

しかし、10年固定金利(当初引下げプラン)は0.640%、そして20年固定金利(当初引下げプラン)は1.280%は高めの金利設定となっているため、固定金利では他の銀行での借入を検討するのが良さそうです。

この金利の低い変動金利も審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%も上乗せとなる場合があるものの、それがなければ魅力的な低金利で借り換えであれば申し込みを行っておく価値のある住宅ローンと言えそうです。

「ミスター住宅ローンREAL」は団信に加えて「全疾病保障」が無料で付帯することで、けがや病気にも備えることができる手厚い保障で人気です。

肝心の相談体制ですが、店舗は少ないものの相談自体は無料で行っているので気軽に利用できますね。
特に住宅ローンの借り換えでは実際に返済額がいくら減るのかなど専門家に相談したい事が多いともいますが、ネット銀行の超低金利で対面での相談体制が用意されているのは嬉しいですね。

無料で付帯する「全疾病保障」は、がん・脳卒中・急性心筋梗塞・高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の8疾病に加えてケガや病気までカバーする保障で、所定の状態が特定の日数を経過すると、住宅ローン残高が0円になります。

auじぶん銀行の「がん50%保障団信」に比べ、ケガや病気まで保障してくれて、それが無料という大きな特徴がありますが、保障を受取るための条件は厳しく設定されています。

「ミスター住宅ローンREAL」は、手厚い保障による安心感、業界トップの低金利、さらにネット銀行では少ない対面相談を実現している”いいとこ取り”の住宅ローンと言えるでしょう。
変動金利への借り換えでは借り入れ候補の1番手として考えるべき住宅ローンです。

では、「ミスター住宅ローンREAL」の詳細を見ていきましょう。

SBIマネープラザ「ミスター住宅ローンREAL」 住宅ローンの詳細
金利 「ミスター住宅ローンREAL」
変動金利:0.410%(通期引下げプラン)
10年固定金利:0.640%(当初引下げプラン)
保証料 0円
事務手数料 借入れ金額の2.20%(税込)
一部繰上げ
返済手数料
0円
保障内容 団信に加えて
「全疾病保障」が無料で付帯
※ 審査結果によっては、表示金利に年0.1%~0.3%上乗せとなる場合があります。
■関連記事■
SBIマネープラザの住宅ローンの落とし穴・評判は?
窓口相談できるSBIマネープラザの住宅ローンのキャンペーン

 

icon_3rd第3位 ソニー銀行

第3位はソニー銀行の変動セレクト・固定セレクト住宅ローンになります。

低金利に加えてソニー銀行の住宅ローンには団信に加えて「がん団信50」が無料で付帯します。
「がん団信50」とは、がんと診断されると住宅ローン残高の半分が支払われる保障です。

ソニー銀行のがん団信50のイメージ図です

いくら無料の疾病保障とはいえ半分残るのは不安という方には「がん団信100」がおすすめです。
ソニー銀行ではこの「がん団信100」が他の銀行よりも低い0.1%の上乗せで付帯できることもおすすめポイントの1つです。

このソニー銀行の「がん団信100」は、がんと診断されると住宅ローン残高全額が保障されることに加えて、給付金として100万円も保障されます。

団信は一般的に残高を保障するものの為、利用者の手元にお金がもらえるケースは少なく、当面の治療費まで賄えるなど現金が支給される点でも利用者にとってはメリットが大きい保障です。

この無料の疾病保障がソニー銀行の住宅ローンの特徴ですが、金利上乗せでも疾病保障を充実させたい方、特にがんに対する保障を手厚くしたいと考えている場合には借入れ候補として検討するべき住宅ローンと言えます。

また、ネット銀行なので、申し込みから契約までの手続きはすべてインターネット上で行えますが、それでは不安という方のために、専任のローンアドバイザーが相談から契約、手続きのフォローまでサポートしてくれるサービスも用意しているのも心強いですね。

ソニー銀行は、ネット銀行としてはいち早く住宅ローンサービスを提供し、低金利とソニーグループという信頼性で多くの方に利用されている住宅ローンになります。

ソニー銀行 住宅ローンの詳細
金利 <変動セレクト住宅ローン>
変動金利:0.507% 
10年固定金利:1.000% 
 
<固定セレクト住宅ローン>
10年固定金利:0.600% 
保証料 0円
事務手数料 ・変動セレクト、固定セレクト住宅ローン : 借入れ金額の2.20%(税込)
※ 住宅ローン : 44,000円(税込)
一部繰上げ
返済手数料
0円
保障内容 団信に加えて「がん団信50」が無料で付帯
※ 変動セレクト、固定セレクトは借り換え・新規借入れで自己資金10%未満の金利になります。
■関連記事■
ソニー銀行の住宅ローン 詳細情報
ソニー銀行の住宅ローンのメリット・デメリットは?(金利・金利推移・手数料・団信・審査基準)
ソニー銀行 VS auじぶん銀行の住宅ローンを徹底比較。無料のがん保障の違いは?

 

第4位 新生銀行

第4位は新生銀行です。
変動金利を0.450%(変動フォーカス)、10年固定金利を0.750%(当初固定金利タイプ)としています。

新生銀行の変動金利は2種類ありますが、今回ランクインしたのは変動フォーカス(半年タイプ)です。

新生銀行の住宅ローンは事務手数料が安いことが特徴の1つですが、そのかわりに金利が高めであることがネックでした。変動フォーカス(半年タイプ)は金利が低いかわりに、事務手数料が一般的な水準の変動金利になります。

人気の高い10年固定金利は、当初期間の金利はランキング上位の銀行に比べて高いものの、当初期間終了後の金利が低いことでその実力を発揮します。
新生銀行では当初の優遇期間が終わった後の金利の上昇幅が少ないため返済額のトータルで考えた時には他の銀行にひけを取らない低金利と言えます。

新生銀行の特徴は何と言っても諸費用の低さです。

メガバンクや他のネット銀行を大きく上回る「事務手数料の安さ」を武器に住宅ローンの貸出実績を伸ばしています。借り換え目的の利用者に人気の高い住宅ローンとなっています。

「コントロール返済」は、正式名称は元金据置サービスといい、会社の倒産や転職、急な入院など想定していない支出があった場合に、繰上返済を行って短縮された返済期間の範囲内で元金返済を据え置き、月々の支払いを利息支払いのみにすることができるサービスです。

さらに、団信は死亡時にしか適用されませんが、新生銀行の「安心保証付き団信」は、不慮の事故や病気で要介護状態なった時でも住宅ローンの残高を0円にできるようにするサービスです。借入時に年齢が高めの方にはより安心のサービスです。

新生銀行の住宅ローンは、長い返済期間の中では予測できない事態が起こることが起きても安心できるサービスが充実した住宅ローンです。

新生銀行 住宅ローンの詳細
金利 変動金利:0.450%(変動フォーカス)※
10年固定金利:0.750%(当初固定金利タイプ)
保証料 0円
事務手数料 55,000円(税込)〜165,000円(税込)
※借入れ金額の2.20%(税込)
一部繰上げ
返済手数料
0円
保障内容 団信のみ
備考 チャイルドケアサポート、ハウスケアサポートサービスの回数券付きの安心パックW(ダブル)を提供
※ 変動金利(半年タイプ)は金利0.650%で事務手数料55,000円(税込)〜165,000円(税込)
■関連記事■
新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
新生銀行の住宅ローン審査は厳しい?甘い?
新生銀行の住宅ローン「ステップダウン金利タイプ」ってなに?

 

第5位 ARUHI(アルヒ)「フラット35」

ARUHI(アルヒ)では、「フラット35」の金利を20年以内の固定金利で1.210%、21年以上の固定金利で1.300%としています。
団信に加入しない場合の金利はこの金利方0.2%引下げた金利になります。

「フラット35」は販売している銀行によって金利や事務手数料に幅がありますが、ARUHI(アルヒ)は「フラット」を提供している金融機関の中でも最低水準の金利となっています。

さらに、店舗で相談や申し込みをすると事務手数料が借入額の2.20%(税込)必要ですが、WEBから申込み契約を行えば借入額の1.10%(税込)と半分になり、金利だけでなく事務手数料も「フラット35」を提供する金融機関の中でも最低水準となっています。

ARUHI(アルヒ)で注目したいのは、住宅購入価格のを2割を手持金として現金で用意できればフラット35よりもさらに低い金利で35年物長い超長期の固定金利を利用できることです。
利用条件はありますが、35年固定金利でこの超低金利を利用できるのはARUHI(アルヒ)だけのメリットです。

そしてARUHI(アルヒ)の最大の特徴が店舗での専門家による対面相談です。

ARUHI(アルヒ)では全国に150を超える店舗を展開して対面相談の体制を整えています。特に借り換えの場合には本当に返済額が減るのかどうか不安や悩みを相談できる窓口があることは助かります。

その上ネット銀行と差のない最低水準の金利と事務手数料を実現しているのがARUHI(アルヒ)の凄さです。

さらに住宅を購入すれば必要になる、引っ越し・家電・家具・インテリアはもちろん、ネットスーパー・レジャーや旅行など新生活をはじめて日々のコストを削減し、日常生活を豊かにするさまざまな優待を数多くの提携先企業とともに提供する「ARUHI暮らしのサービス」などARUHI(アルヒ)で住宅ローンを借りた方だけが利用できる限定の優遇サービスなど細かい点も見逃せません。

金利と事務手数料が最低水準で、さらに対面相談で住宅ローンの不安な悩みを相談しながら「フラット35」を借り入れることができるARUHI(アルヒ)に注目です。

では、ARUHI(アルヒ)のフラット35の詳細を見ていきましょう。

ARUHI(アルヒ)「フラット35」の詳細
金利 <団信に加入した場合>
借入期間20年以内:1.210% 
借入期間35年以内:1.300% 

※ 団信に加入しない場合には0.2%引き下げ 
※ 借入額の占める割合が90%以内の場合 

保証料 0円
事務手数料 借入額の2.20%(税込)
(ARUHIダイレクトからの申込み・契約で借入額の1.10%(税込)※スーパーフラットでの新規借り入れを除く)

一部繰上げ
返済手数料
0円
保障内容 機構団信
※ 機構団信に加入しない場合には金利から0.2%引き下げとなります。
■関連記事■
借り換えで大人気のフラット35 楽天銀行とARUHI(アルヒ)の「金利・事務手数料」を比較
アルヒ(ARUHI)の住宅ローン(フラット35)の評判・口コミについて
フラット35の審査は甘い?通りやすい?
フラット35からフラット35への借り換えは今がチャンス!

 

第6位 イオン銀行

第6位はイオン銀行の住宅ローンです。

借り換えでの利用に限定して、変動金利が0.470%、10年固定金利(当初固定金利)が0.570%となっています。
この金利は、2020年7月10日(金)~2020年10月9日(金)までに申込み2021年9月30日(木)までに借入れた方を対象にした期間限定の優遇金利です。

上位の銀行の金利にも劣らない水準ですが、団信のみで無料の疾病保障がないなど保障面で劣ることから6位となっています。
ただ、その点が気にならずイオン系列のショッピングモールをよく利用する人におすすめの住宅ローンです。

その理由は、「イオンセレクトクラブ」の特典店舗での対面相談です。

イオン銀行の住宅ローンを利用すると、イオングループでのお買い物が毎日5%OFF(年間の買い物額が90万円まで、最大で225,000円の割引が適用)されるなど、普段からイオングループでお買い物をしている方には、非常に魅力的な特典が多数用意されています。

ネット銀行でも数少ない「専門家に窓口で相談」ができる体制を整えているのも注目のポイントです。
全国のイオンモールには、常駐の住宅ローン専門スタッフが無料の住宅ローン相談が行える窓口があり、借り換え時の不安や不測の事態などちょっとしたことでも相談することができるのは心強いですね。

しかし、普段イオングループで買い物をしない方にすれば、この「イオンセレクトクラブ」の特典はあまり意味のないものとなります。そういった方にはイオン銀行よりも金利が低く、無料の疾病保障が付帯するauじぶん銀行などがおすすめです。

では、イオン銀行の住宅ローンの詳細を見ていきましょう。

イオン銀行の住宅ローンの詳細
金利 変動金利:0.470%
10年固定金利:0.570%(当初固定金利)※
保証料 0円
事務手数料 借入れ金額の2.20%(税込)
一部繰上げ
返済手数料
0円
保障内容 団信のみ
※ 借り換え限定の金利です。
■関連記事■
イオン銀行の最新の金利を確認
イオン銀行の住宅ローンの詳細情報
イオン銀行の住宅ローンのメリット・デメリット
イオン銀行の住宅ローン審査に落ちた?審査は甘い?厳しい?

 

金融緩和の今が借り換えのチャンス

金融緩和で住宅ローン金利が低下している今は借り換えには絶好のタイミングです。

住宅ローンを借りっぱなしで淡々と返済している場合には驚くほど返済額が減る可能性があります。

特に金融緩和以降に大きく金利が低下した「フラット35」金利が大きく上昇する10年固定金利などの固定期間が終了しそのまま返済を続けている方には、返済総額を大きく減らすことが出来る可能性が高くなっています。

このランキングの上位の銀行は借り換えで利用するには申し分ない住宅ローンになっています。
最適な住宅ローンを見つけ積極的に借り換えを行い返済額を減らしましょう。

 
※紹介している内容の正確性には万全を期していますが、商品について詳しい内容につきましては各銀行の公式サイトから必ずご確認をお願いします。

 

 

2020年10月金利更新

PAGETOP
Copyright © 住宅ローン比較ネット All Rights Reserved.