住宅ローン金利の比較なら住宅ローン比較ネット (2019年7月金利更新)
サイト更新情報
  • HOME »
  • サイト更新情報 »
  • 特集

特集

目的別におすすめする銀行と住宅ローンはこれだ!

住宅ローンを選ぶときにまず気にするのが金利ですね。これは新規に借りる場合でも借り換える場合でも同じです。 今の住宅ローンはこの金利が低いことは当たり前になっています。銀行の経営を圧迫するほど、デフレを脱却するために行われ …

自己資金で金利が下がる!金利優遇が受けられる住宅ローンを比較

金融緩和で住宅ローンはこれまでにない低水準となっていますが、自己資金の割合でさらに金利が低くなる住宅ローンがあるなら是非利用したいですよね。 「自己資金」とは住宅を購入するにあたり現金で用意するお金ですが、意外と「頭金」 …

新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

新生銀行の住宅ローンは、独自の付加サービスと諸費用を低く抑えられる住宅ローンです。諸費用が安いということで借り換えでの借り入れ候補に検討している方もいるかも知れません。 2019年7月から、これまでのメリットであった安い …

新生銀行アイキャッチ画像

住宅ローンの諸費用っていくら?借入額から試算して比較

住宅ローンを借りるには様々な諸費用が必要になります。 この諸費用は新規に住宅ローンを借りる場合でも借り換える場合でも必要です。さらにこの諸費用まで含めて借りられる住宅ローンもありますが、多くの場合、現金で用意する必要があ …

35年固定金利と「フラット35」はどっちの住宅ローンがおすすめ?

日銀と政府がデフレ脱却を目標して行われている金融緩和により、金利が低下してることで住宅ローンも借り換えだけでなく新規の借入れを検討している方も多いのではないでしょうか。変動金利や固定金利などの金利タイプがある中で、借入時 …

「フラット35」 楽天銀行とARUHI(アルヒ)の「金利・事務手数料」を比較

「フラット35」は住宅金融支援機構と民間の金融機関が提供して提供している住宅ローンで、ほぼ全ての銀行などで提供されているため300社以上の取扱い先があります。 金融緩和で住宅ローン金利が低下してますし、特にこの7月は大幅 …

フラット35のロゴ画像

住宅ローン残り20年の借り換えはどっち?「フラット35」vs 20年固定金利

日銀の金融緩和により住宅ローン金利が低下したことで、借り換えの検討している方も多いと思います。 マイナス金利が導入された直後にはこの借り換えを行う方が大幅に増加しましたが、まだ借り換えを行っていない方はその「手間」を考え …

年収別の目安で一目瞭然 住宅ローンはいくら借りられる?

「自分の年収でいくら借りられるんだろう?」 住宅ローンを借りようと思った時にはじめに浮かぶ疑問ですよね。 金利の低い変動金利であれば返済額も小さくなるのは言うまでもないですが、「金利上昇リスク」が気になります。しかし金利 …

今住宅ローンを借りるなら変動金利と固定金利どっちを選ぶ?

これから家を買おうとしている方がまず考える問題が、「変動金利と固定金利のどっちで住宅ローンを借りるのか」ですね。 変動金利は金利が低い代わりに金利上昇リスクが気になり、固定金利は金利が高めの代わりに金利上昇リスクが小さく …

SBIマネープラザの住宅ローンを徹底解説!メリット・デメリット、評判は?

SBIマネープラザは、住宅ローンでも一番人気といってもよい住信SBIネット銀行やSBI証券など束ねるSBIホールディングスの傘下の金融機関です。基本的にネットを使用したやり取りが多いSBIホールディングスの中で店舗を持ち …

SBIマネープラザのロゴ画像です
1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 住宅ローン比較ネット All Rights Reserved.