じぶん銀行が2019年11月の住宅ローン適用金利を発表しています。
2019年10月の住宅ローン金利は変動金利は金利据え置き、10年固定金利は久しぶりに金利を引下げました。事前の予想では、11月の住宅ローン金利はどちらも金利据え置きを予想していました。

じぶん銀行の2019年11月の住宅ローン金利はどうなったでしょうか。
さっそく確認してみましょう。

じぶん銀行の10月と11月の金利を比較

さっそくじぶん銀行の2019年11月の適用金利を確認しましょう。

じぶん銀行 2019年11月適用金利 全期間引下げプラン

金利タイプ 10月適用金利 11月適用金利 金利差
変動金利0.457%0.457%

じぶん銀行 2019年11月適用金利 当初期間引下げプラン

金利タイプ 10月適用金利 11月適用金利 金利差
2年固定0.380%0.380%
3年固定0.480%0.490%+0.01%
5年固定0.500%0.510%+0.01%
10年固定0.570%0.570%
15年固定0.732%0.752%+0.02%
20年固定0.841%0.861%+0.01%
30年固定1.237%1.257%+0.02%
35年固定1.237%1.267%+0.03%

2019年11月のじぶん銀行の住宅ローン金利は変動金利・10年固定金利ともに予想通りの金利据え置となりました。10年固定以外の固定金利はわずかに金利引き上げとなっています。

変動金利・10年固定金利ともに金利据え置き

詳しく見ていくと、じぶん銀行が最も力を入れているであろう変動金利は、指標に動きがないこともあり0.457%と11月も据え置きとして最低水準を維持しています。

変動金利の推移グラフです

変動金利ということで「金利上昇リスク」が気になる方もいるかもしれませんが、金融緩和が行われている限り大きく上昇することはありませんし、さらに金融緩和の目標がはっきりしているため、金融緩和が終了し金利が上昇するタイミングも把握できる状況となっています。今こそ変動金利での住宅ローンの借入れが最も返済額を少なくできる金利タイプと言えそうです。

人気の高い10年固定金利も事前の予想通り金利据え置きで0.570%となっています。

ジャパンネット銀行が0.580%としてじぶん銀行は金利面で負けていましたが、これで金利面でも保障面でもジャパンネット銀行を上回ったことになります。
10年固定金利ランキングでも上位をキープするでしょう。

ジャパンネット銀行がじぶん銀行よりも低い金利に

これまで低金利と2つの疾病保障が無料で付帯する手厚い保障でじぶん銀行の住宅ローンはランキングでも上位となっていましたが、じぶん銀行の変動金利と10年固定金利に迫っているのが、ジャパンネット銀行の住宅ローンです。

2019年7月から住宅ローンの取り扱いを始め変動金利は0.415%、10年固定金利は0.580%と変動金利ではじぶん銀行よりも低い金利となっています。

残念ながら、じぶん銀行のように無料の疾病保障は付帯しませんが、借り入れ候補として検討してみる価値がありそうです。

ジャパンネット銀行の住宅ローンを詳細に分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>ジャパンネット銀行の住宅ローン 金利や諸費用、メリット・デメリット を解説

15年以上の固定金利が超低金利

今年の6月以降大幅な金利引下げが続いていたじぶん銀行の15年以上の固定金利は、久しぶりに0.01%~0.03%の金利引き上げとなりました。

金利引き上げとなった20年固定金利は、借入期間が20年以内の「フラット20」の11月の金利1.120%(融資率90%以内で団信付き)よりも低い0.861%と驚きの低金利となっています。

長期固定金利でも代表的な「フラット20」よりも金利が低く、更にじぶん銀行の住宅ローンなので、「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つの疾病保障による手厚い保障がつくことで、返済期間の残りが20年程度の方で借り換えの住宅ローンを探していた方には、「フラット20」よりも断然おすすめの金利タイプとなりました。

10月は変動金利・10年固定金利だけでなく長期の固定金利でもじぶん銀行に人気が集まる事になりそうです。

じぶん銀行のメリットは?

じぶん銀行の特徴は超低金利だけではありません。これまでの住宅ローンにはない新しい特徴が沢山あります。
その特徴を見てみましょう。

メリット.1 業界最低水準の低金利

住宅ローンの借入先を考える時にまず考えるのが金利ですね。
じぶん銀行変動金利でも10年・20年固定金利でも、新規の借入れでも借り換えでも業界最低水準の金利を提示しています。

2019年11月の適用金利
変動金利:0.457%
10年固定金利:0.570%
20年固定金利:0.861%
35年固定金利:1.267%

借り換えのみに適用されるキャンペーン金利で低い金利を提示する銀行もありますが、じぶん銀行では新規借入れでも借り換えでも上記の金利が適用になります。どちらも業界最低水準の低金利です。

メリット.2 無料で付帯する「がん50%保障団信」&「全疾病保障」

じぶん銀行の最大の特徴とも言っていいのがこの「がん50%保障団信」です。さらにこの保障がグレードアプされ「全疾病保障」も無料で付帯することになりました。

がん50%保障団信の説明

日本では2人に1人はがんと診断され、3人に2人が治療によりがんから生還するというデータが有りますが、がんのリスクに備えることは非常に重要です。
長期間の返済になる住宅ローンの場合、万が一、がんを患い高額な治療費や入院費が発生した場合の返済負担の軽減というのは大変大きなメリットですし、がんと診断されたら支払われるので、早期に発見し術後にすぐ仕事に復帰しても住宅ローン残高は半分になります。

じぶん銀行の全疾病保障

この「がん50%保障団信」とともに付帯される「全疾病保障」は、けがや病気で180日上の継続した入院をした場合に残りの住宅ローン残高が0円になる保障です。また、支払の条件に1年間も就業不能の状態が続かなければ受け取れない保障もありますが、「がんと診断されるだけ」と「180日以上の入院」という保障を受け取る条件の低さには驚愕です。

メリット.3 申込みから契約までスマホで完結

国内最大手の通信会社が親会社であるだけに、契約までスマホだけで完結できるのも特徴です。

ネット銀行でも依然として、契約書類などは紙の契約書が主流ですし、記入して捺印し郵送するのが当たり前です。
しかし、じぶん銀行ではいままでの紙の書類を無くしデータ化することで郵送の手間を省いています。
さらに書類を郵送しないため審査の時間も大幅に短縮し、最短で10日というスピード感で審査が終了します。
低金利に手厚い保障、手軽な申込み方法など、今までの常識を打ち破った新しい住宅ローンで非常におすすめです。

「au住宅ローン」のメリットは?

じぶん銀行の住宅ローンを利用する方の中で、auのスマホなどを使っている方だけが受けられる特典が「au住宅ローン」のキャッシュバックです。

au住宅ローンの特徴

500円 x 12ヶ月 x 5年間 = 30,000円ものキャッシュバックが受けられることになります。
申し込みの条件は、じぶん銀行で登録したau IDに設定されているau携帯電話を利用してる方です。

じぶん銀行の住宅ローンで借入れや借り換えを考えていて、auのスマホなどを使っている方「au住宅ローン」を利用するのがお得ですね。じぶん銀行で住宅ローンを借り入れる際に携帯電話番号を紐付けるだけの簡単な手続きでキャッシュバックをうけることができます。

じぶん銀行の住宅ローンのメリット・デメリットを詳しく解説したこちらの記事も参考にしてみて下さい。
>>じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

 

【徹底解説】じぶん銀行の住宅ローン関連特集

 

Pocket
LINEで送る