SBI新生銀行の住宅ローンは1兆円以上の融資残高がある人気の住宅ローンの1つです。「オリコン顧客満足度®」調査の住宅ローン版の諸費用関連の部門では毎年上位にランクインしています。

 

なお、SBI新生銀行はSBIグループの銀行で、2023年1月にSBI新生銀行に銀行名が変更になりました。すでに強烈な金利引き下げキャンペーンをスタートしていますが、住宅ローンは力を入れていくことを発表していますので引き続き注目です。

 

この記事ではそんなSBI新生銀行の住宅ローンに申し込む時に目に入る「請求コード」について解説しています。

SBI新生銀行の住宅ローンはランキングで3冠達成

SBI新生銀行の住宅ローンの請求コードとは?

SBI新生銀行の住宅ローン申し込みフォームの『お申込み情報』をクリックしたページの下部に出てくるのが『ご請求コード』という項目です。

SBI新生銀行の住宅ローンの請求コード

SBI新生銀行の住宅ローンの請求コード

この『ご請求コード』は「コード」「連絡欄」の2つの項目で構成されていて、「友人からの紹介など」で『ご請求コード』を入手することができるようです。もしご請求コードを入力することで商品券やギフト券をもらえたり、キャッシュバックされたりするのであれば『ご請求コード』を入手したいものですね。

 

最新のSBI新生銀行の住宅ローンの請求コードは?

当サイトで2023年1月12日の時点で調査をしたかぎりでは、SBI新生銀行が請求コードを配布しているような事例や入手方法は確認できませんでした。ただし、こうしたキャンペーンはいつ開始されるかわかりません。

当サイトでも定期的に調査を行い結果を皆様にご紹介していきたいと思いますが、毎日調査できるわけではないのは、最新の請求コードの配布状況は以下の公式サイトなどで確認してから申込を完了するようにしましょう。

 

SBI新生銀行の住宅ローンのキャンペーン

SBI新生銀行が住宅ローン新規借り入れ限定で年0.32%で借りられるキャンペーンを実施中!

SBI新生銀行が住宅ローンの新規借り入れ限定で金利や事務手数料を優遇するキャンペーンをスタートしました!注目は変動金利タイプの金利の低さで、変動フォーカスの金利は年0.32%と住宅ローン業界に衝撃を与える低い金利です。他のサービスや商品の併用などの条件もありません。住宅ローンの借り入れ・マイホームの購入を検討中の人は必ずチェックしておくようにしましょう!

 

 

SBI新生銀行の住宅ローンの特徴

  • 融資事務手数料が55,000円(税込)~と格安
  • 日本初!ステップダウン住宅ローンで住宅ローン金利が段階的に引き下げ
  • ネット完結型で来店不要
  • 融資事務手数料2.20%(税込)タイプの低金利な変動金利も提供
  • Tポイント、dポイントが最大12万ポイントもらえる(ステップダウン住宅ローン)
  • 電子契約で収入印紙が不要
  • ペアローン&収入合算にも対応

 

SBI新生銀行の住宅ローン関連記事

 

Pocket
LINEで送る