住宅ローン金利の比較なら住宅ローン比較ネット (2019年10月金利更新)

住宅ローン キャンペーン情報

  • HOME »
  • 住宅ローン キャンペーン情報

住宅ローンでもキャンペーンを行っている銀行は少なくありません。
金利や事務手数料はより低い水準で提供されているため差が小さくなってきていることから、キャンペーンを借入候補として決める際には選択材料の1つとして把握しておきましょう。

キャンペーンには住宅ローンを申し込むと自動的に適用されるものと、申込みにキャンペーンコードが必要なものがあるので、忘れずに申し込みましょう。

現在、キャッシュバックキャンペーンを行っているじぶん銀行は、変動金利や10年固定金利での借り入れを検討している方にピッタリの住宅ローンです。さらに「フラット35」で有名な楽天銀行キャンペーンを行っています。

それぞれのキャンペーンの詳細をチュックしてみましょう。

じぶん銀行のキャンペーン

変動金利と10年固定金利で最低水準の金利、さらに「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つの疾病保障が無料で付帯することで大変おすすめのau住宅ローンでキャッシュバックキャンペーンを行っています。

auケータイ・スマフォ+住宅ローンのセット割り

じぶん銀行住宅ローンを契約の方が、auスマホなどとセットでご利用いただくことで、最大5年間au WALLET プリペイドカードに毎月500円、最大で30,000万円もキャッシュバックします。

campaign_jibunbank_2_1

申し込み条件:じぶん銀行で登録したau IDに設定されているau携帯電話ご利用の方

じぶん銀行の住宅ローンで借入れや借り換えを行う方でauのスマホなどを使っている方だけの特典です。
auユーザーは必ず申し込んでおきましょう。

じぶん銀行の住宅ローンを詳細に分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

2019年10月 じぶん銀行の詳細
金利変動金利:0.457%
10年固定金利:0.570%
15年固定金利:0.732%
20年固定金利:0.841%
30年固定金利:1.237%
保証料0円
事務手数料借入れ金額の2.20% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円
団信団信に加えて「がん50%保障団信」

「全疾病保障」が無料で付帯
■関連記事■
じぶん銀行の住宅ローン担当者に比較ネット編集部が独自にインタビュー
じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
じぶん銀行の住宅ローンに借り換えってどう?
じぶん銀行の住宅ローン 新規借入れでキャッシュバックキャンペーン
[じぶん・住信SBI・楽天] 無料の疾病保障付き住宅ローンの保障内容を比較!
[10年固定・フラット35] じぶん・住信SBIネット・楽天の固定金利を徹底比較

 

楽天銀行のキャンペーン

楽天銀行と言えば「フラット35」が有名ですが、変動金利でも低い金利と事務手数料を実現しているおすすめの住宅ローンです。
楽天銀行のキャンペーンは、グループ企業である楽天市場など幅広い用途に使える楽天スーパーポイントのプレゼントキャンペーンが主流ですが、今行われているのは楽天カード会員に限定したキャッシュバックキャンペーンです。

楽天カード会員限定キャッシュバックキャンペーン

キャンペーン特設ページからエントリーし、楽天銀行の「フラット35」もしくは金利選択型住宅ローンで借り入れると、楽天カードの請求額から20,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンを行っています。
こちらのキャンペーンは期間を設けられていないためいつ終了するかわかりません。楽天銀行で借り入れを行った場合には忘れずにキャッシュバックを受けられるようにしておきましょう。

キャシュバックを受け取るまでのスケジュール

上の図でも分かる通り、キャッシュバックの対象となるカードのご利用は、原則として住宅ローンの借入月の翌月1ヶ月間の楽天カードご利用の請求分です。
このキャッシュバックは、カードご請求金額からの減額ではなく住宅ローン返済用口座への入金となり、請求金額うち最大2万円までがキャッシュバックの対象となります。請求金額が2万円を満たない場合でも、1回限りのキャッシュバックとなるので注意しましょう。

キャンペンのエントリーはこちら
あとは楽天銀行の住宅ローンに申し込めば完了です。「フラット35」でも金利選択型でもキャッシュバックをうけることが出来ます。

楽天銀行といえば「フラット35」が有名です。「フラット35」は契約から返済終了まで金利が変わらない長期固定金利型住宅ローンですが、8月は小幅な金利を引き下げてとなりましたが先月から続く「フラット35」史上でも歴史的な金利水準となっています。
楽天銀行の「フラット35」がの人気が高い秘密は、金利が低いことに加えて事務手数料も最低水準であることです。つまり最も安く「フラット35」を借りることができるのが楽天銀行と言っても良いでしょう。

また金利選択型住宅ローンでも低い金利と事務手数料を実現し、さらに段真意加えて無料の疾病保障が付帯する事で人気が高まっています。

楽天銀行の住宅ローンに興味を持った方は、メリット・デメリットをより詳細に分析したこちらの特集記事も参考にしてみて下さい。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35)

2019年10月 楽天銀行フラット35の詳細
金利住宅購入価額に対する借入額の占める割合が90%以内の場合
15~20年固定金利:1.060%
21~35年固定金利:1.110%
保証料0円
事務手数料・返済口座に楽天銀行を指定した場合
借入額の1.100% (税込)
・借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合
借入額の0.990% (税込)

・返済口座に楽天銀行以外の口座を指定した場合
借入額の1.43% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円
※ 機構団信に加入した場合の金利になります。団信に加入しない場合には上記の金利から0.2%引き下げとなります。
■関連記事■
楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)
楽天銀行の住宅ローン審査はゆるい、甘い、厳しい?
[10年固定・フラット35] じぶん・住信SBIネット・楽天の固定金利を徹底比較
フラット35の審査は甘い?通りやすい?
フラット35からフラット35への借り換えは今がチャンス!
楽天銀行の住宅ローンで楽天ポイントがもらえる最新情報とは?
2019年10月 楽天銀行(金利選択型)の詳細
金利変動金利:0.527%
10年固定金利:0.879%
保証料0円
事務手数料330,000円
一部繰上げ返済手数料0円
全額繰上返済手数料も0円
備考団信に加えて「全疾病特約」も無料で付帯
■関連記事■
楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)
[じぶん・住信SBI・楽天] 無料の疾病保障付き住宅ローンの保障内容を比較!
楽天銀行の住宅ローンで楽天ポイントがもらえる最新情報とは?

 

PAGETOP
Copyright © 住宅ローン比較ネット All Rights Reserved.