静岡県で「フラット35」の借入先として考えるのはやはり地銀でしょうか。中でも「しずぎん」の相性で親しまれる静岡銀行が住宅ローンではトップのシェアをを獲得しています。
しかし今、店舗を持たないことで金利が低いネット銀行の住宅ローンに注目が集まっています。地域に密着した地元の銀行や信用組合、信用金庫などの金融機関とインターネットで全国どこからでも申し込みができるネット銀行の住宅ローンを比較してみましょう。
このページでは返済終了まで金利が変わることがない全期間金利固定型住宅ローンである「フラット35」に特に注目して解説していきます。

静岡県で「フラット35」を利用できる銀行は?

静岡県内で住宅ローンを利用できる金融機関は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行のメガバンクはもちろん、県内で最大の規模を誇る静岡銀行、清水銀行、スルガ銀行などの地方銀行に加えて、しずおか信用金庫などの信金から、関東と関西をつなぐ横に長い土地柄からか名古屋銀行や愛知銀行など他県の地銀でも借り入れることが可能です。各銀行の「フラット35」はどうなっているのでしょうか。

静岡銀行の「フラット35」

静岡市に本店を構える静岡銀行は地方銀行の中でもトップレベルの規模を誇る銀行です。更に手堅い経営で信用格付も高く、地元の方は安心して利用できる銀行と言えます。
そんな静岡銀行では「フラット35」の取扱いはあるようですが公式サイトでのアナウンスはなく、金利や融資条件など詳しい内容は店舗窓口に問い合わせる必要があるようです。静岡銀行は静岡県内に本店を置く地銀や信金などの金融機関で住宅ローンのシェアNo.1ですので住宅ローン自体に力を入れていないわけではないようですが、地方銀行によくあるプロパーの住宅ローンを重視する経営方針のようですね。

清水銀行の「フラット35」

静岡県第2の地方銀行である清水銀行は静岡市清水区を中心に営業を行っています。特徴的なのは清水銀行の住宅ローン利用者が無料で使用できる「ハッピーエブリデー(Club Off)」です。これは旅行・グルメ・レジャー・育児・介護などのサービスが特別な優待価格で利用できるサービスで、5年間の期間限定ですはありますが面白いサービスで住宅ローンの集客を行っています。
しかしその清水銀行でも「フラット35」に関しては公式サイトでは詳しい説明はありませんでした。ローン金利の一覧には「フラット35」の金利が確認できたので取扱はあるようですが、それ住宅ローンの商品ラインナップにも記載はなく金利や手数料以外の詳しい商品の説明がないようです。

清水銀行の「フラット35」の金利は、借入額9割以下で「フラット35」は1.660%、「フラット20」は1.600%と「フラット35」を提供している金融機関の中では高めの金利での提供となっています。しかし事務手数料は定額型で54,000円と低く抑えることができそうです。

静岡中央銀行の「フラット35」

静岡中央銀行は静岡県沼津市に本店をおく第二地方銀行です。店舗数も45と県内の地方銀行の中では規模はかなり小さいですが、平日18時まで土日にも相談可能な「しずちゅう CS-SHOP」を開設するなど積極的に住宅ローンの顧客獲得を行っています。しかし「フラット35」に関しては公式サイトでの記載もなく取扱がないようです。

スルガ銀行の「フラット35」

スルガ銀行は、最近シェアハウスへの強引な融資や創業家への使途不明金を含む融資などの不祥事で騒がれていまずが、静岡県沼津市に本店をおく地方銀行です。静岡県内では2番手の規模を誇り、女性向け・シニア向け・プロフェッショナル向け・更には外国人向けなど多様な商品ラインナップで住宅ローンにも積極的に取り組んでいる銀行と言えます。「フラット35」に関しても金利や事務手数料など詳しい内容が公式サイトに記載され力を入れている様子が伺えます。

スルガ銀行の「フラット35」の金利は、借入額9割以下で「フラット35」は1.310%、「フラット20」は1.250%と「フラット35」を提供している金融機関の中でも最低水準の金利での提供となっています。しかし事務手数料は借入額の2.16%(税込)で特別低いということはなく、もっと低い事務手数料を提示している銀行はたくさんあります。

 
住宅金融支援機構と提携して提供される「フラット35」はどの金融機関で借り入れるのがベストなのでしょうか。
まずは「フラット35」でもっとも大事な金利と事務手数料の違いを比較してみましょう。

静岡県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
静岡銀行記載なし54,000円 (税込)6,480円公式サイト
清水銀行フラット20:1.680%
フラット35:1.760%
32,400円 (税込)21,600円公式サイト
静岡中央銀行取扱い無し--公式サイト
スルガ銀行記載なし借入額の2.16% (税込)無料公式サイト
しずおか信用金庫記載なし借入額の2.16% (税込)無料公式サイト
楽天銀行フラット20:1.330%
フラット35:1.410%
借入額の0.972% (税込)
無料公式サイト
※借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.080% (税込)。

静岡県では地方銀行が多くしかも規模としても大きので「フラット35」に関しても力を入れていることを期待しましたが、公式サイトできちんと金利や事務手数料など詳しい内容を確認できるのはスルガ銀行と清水銀行だけでした。
清水銀行は事務手数料が低いかわりに金利が高くトータルコストで考えた場合に大きく損をしてしまいます。スルガ銀行の「フラット35」は、今回比較対象としてピックアップしたネット銀行の楽天銀行の「フラット35」に比べて事務手数料が倍以上も必要になることがわかりました。

静岡県で「フラット35」を借りるなら

地域に密着し地域の経済を支えている地方銀行や信金では、金利の情報もホームページに掲載されていないなど「フラット35」に力を入れていない雰囲気があるようです。静岡県もそれは例外ではなく「フラット35」を利用する場合には直接店舗に出向き相談窓口で問い合わせなければ金利すらわからない状況です。

しかし全国どこからでも利用できるネット銀行であれば、金利はもちろん事務手数料や細かい融資基準などをネットで事前に確認することができます。
仕事が忙しく金融機関に来店する時間が取りにくい方や、楽天市場をよく利用する方であればお買い物で使える楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるなどメリットは更に大きくなるため、「フラット35」の比較ポイントである「金利や事務手数料」が変わらない水準であったとしても、それ以外のメリットのことも考えた場合やはり楽天銀行の「フラット35」がおすすめでしょう。

楽天銀行の「フラット35」の金利や事務手数料以外のメリット、更に気をつけておきたいポイントを詳細に解説した以下の記事を参考にしてみてください。
 >>楽天銀行の住宅ローン「フラット35」の落とし穴とデメリット

ネット銀行なのに窓口相談できるローンプラザ

ネット銀行の低い金利や手数料は魅力的ですが、対面相談できないことに不安を感じている方に朗報なのが、ネット銀行のローンプラザです。特に静岡県はこのネット銀行のローンプラザが充実している地域となっています。

ARUHI(アルヒ)のローンプラザ

「フラット35」の取扱いで高いシェアを誇っているAURHI(アルヒ)は沼津市と浜松市に2店舗を常設しています。
来店予約が必要ですが、「フラット35」に関する悩みを専門家に相談できる体制を整えているのは、県内で特に「フラット35」に力を入れている金融機関が少ない現状では貴重な相談先となりそうです。お近くにお住みで「フラット35」での借入れを検討している方は相談してみることをおすすめします。

SBIマネープラザのローンプラザ

「フラット35」はもちろん、ネット銀行でも最大手の住信SBIネット銀行の住宅ローンを取り扱っているSBIマネープラザも浜松市に店舗を構え、専門家に対面で住宅ローンの相談が可能になっています。こちらも事前に来店予約が必要となっていますが、ネットから気軽に予約できる体制を整えているので気軽に相談ができそうですね。

 

 

Pocket
LINEで送る