楽天銀行といえば「フラット35」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。このページに訪れた方も「フラット35」を利用しようして検索したという方が大半だと思います。

楽天銀行の「フラット35」は2016年度に取扱い件数でNo.1となり、その後も多くの「フラット35」での借り入れで楽天銀行を選んでいます。
また2018年・2019年と2年連続でオリコン顧客満足度調査で1位を獲得し、利用者の満足度も高いのが楽天銀行の「フラット35」です。

借り入れから返済終了まで金利が変わらないことで人気の「フラット35」を提供する金融機関は300以上ありますが、同じ商品を販売しているにもかかわらず金利と諸費用の大半を占める事務手数料には大きな違いがあることを知らない方が結構いらっしゃいます。

商品性も審査基準も同じ「フラット35」で違いはありませんから、金利の低い方で借りるべきであることは当然ですね。また住宅ローンを借りるときに必要になるのが事務手数料ですが、事務手数料も業界最低水準の安さに設定されているため、「フラット35」を一番安く借りることができるのが楽天銀行の「フラット35」になります。

楽天銀行は「フラット35」だけでなく、変動金利などいわゆる普通の住宅ローン、金利選択型住宅ローンも取り扱っています。
この金利選択型の住宅ローンもその金利と事務手数料の安さ、更には団信に加えて無料で付帯する2つ疾病保障へグレードアップされ、他にはないほど優秀なおすすめできる住宅ローンとなりました。

しかし、楽天銀行の「フラット35」や金利選択型住宅ローンの商品性が気になるものの、”楽天”という冠で躊躇してしまっている多いかもしれません。

最近も送料無料問題などで騒がしい楽天グループですが、この”楽天”ゆえのメリットも大きく、「なんとなく嫌い」という理由で借り入れ候補から外すのはもったいないのが楽天銀行の「フラット35」であり金利選択型住宅ローンです。

金融緩和により住宅ローン金利は史上最低水準と言われています。住宅ローンの借り入れを検討しているしているけどまだ銀行を決めていないという方や、金利タイプに悩んでいるという方に、今回は楽天銀行の「フラット35」、金利選択型住宅ローンのそれぞれのメリット・デメリットさらに気をつけておきたい落とし穴を紹介します。

楽天銀行の住宅ローン(フラット35・金利選択型)とは?

楽天銀行は国内最大手のインターネット通販サービスである楽天市場を運営する楽天グループの一員です。住宅ローンにも力を入れており、旧楽天モーゲージ時代から力を入れていた「フラット35」を取り扱っていることはみなさんもご存知ではないでしょうか。

しかし変動金利や10年固定金利といった金利選択型の楽天銀行独自の住宅ローンも低金利と安い事務手数料、団信に無料で付帯する「全疾病特約」と「がん保障特約」で人気が集まりつつあります。

「フラット35」の取扱額は業界1位

「フラット35」は住宅金融支援機構と民間金融機関が連携して提供する住宅ローンですので、住宅ローンの審査基準や根幹である商品性は、どの金融機関を選んでも同じです。

ただし、金利や借り入れ時にかかる事務手数料、周辺の付帯サービスなどは金融機関ごとに異なります

ちなみに「フラット35」は300を超える企業が販売・提供していますが、提供企業は大きく「銀行が提供するケース」と「住宅ローンを専門に取り扱うモーゲージバンク」にわかれます。

一般的に、銀行は自前で開発した住宅ローンを提供し、「フラット35」はその補完的に提供しているケースが多くを占めます。楽天銀行の住宅ローンの特徴は、自社で提供する金利選択型住宅ローンも優秀であるにもかかわらず影がやや薄く「フラット35」を中心に住宅ローンを提供している点が特徴の1つと言えるでしょう。

楽天銀行は2016年の「フラット35」取扱件数でみずほ銀行を凌ぐ銀行業界1位を獲得していますし、2018年・2019年の2年連続でオリコン顧客満足度調査で1位を獲得するなど「フラット35」を積極的に展開している金融機関で、「金利」と「諸費用」の低さは間違いなく「フラット35」の申し込み先の有力候補です。

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナーです

最大3回までのつなぎローンの利用が可能

住宅ローンは家が完成してから融資が実行されるのが一般的で、分譲マンションを買う時などは引き渡しを受ける前に金融機関と住宅ローンの契約を交わし、建物の引き渡しのタイミングに合わせて融資を実行してもらい購入代金を支払います。

しかし注文住宅を建てる時には、工事の着工時に支払う着工金、上棟時に支払う中間金、竣工時に支払う竣工金など建築費用を分割で支払う必要があります。楽天銀行の「フラット35」・金利選択型住宅ローンのどちらでも、この注文住宅を建てるときに必要になることがある「つなぎローン(融資)」にも対応しています。

楽天銀行のつなぎローン(融資)では、土地取得金・着工金・中間金の最大で3回まで、一律で110,000円(税込)と他の銀行よりも安い事務手数料が特徴になります。
通常の事務手数料が借入額2.2%(税込)と考えるとかなり安く済ますことが可能になるので、注文住宅を購入するときの住宅ローンの選択肢が広がります。

楽天銀行のつなぎ融資のバナーです

ハッピープログラムのランクアップでポイントが溜まる

楽天市場でよくお買い物をする方は楽天スーパーポイントをためている方も多いのではないでしょうか。

楽天スーパーポイントプラグラムはハッピープログラムにより5つのステージが用意され、ATMを利用した際の無料使用回数や無料でできる他行振込回数、さらに楽天スーパーポイントプログラムの獲得倍率など、それぞれのランクに応じた特典が受けられます。

楽天銀行の「フラット35」・金利選択型住宅ローンのどちらを利用してもこのハッピープログラムのランクが1ステージUPします。

高いステージであればポイント獲得倍率が3倍になりますし、ATMの無料での利用回数、他行への振込回数なども優遇されるため、手数料などの節約はもちろん、ポイントが溜まりやすくなるのも大きな特徴といえます。

楽天市場をはじめとする楽天グループをよく利用する方であればメリットはさらに大きくなりますね。

楽天カード会員限定キャッシュバックキャンペーン中!

今、楽天銀行では「フラット35」・金利選択型住宅ローンの利用者を対象として、楽天カード会員限定のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャンペーン特設ページからエントリーし、楽天銀行の「フラット35」もしくは金利選択型住宅ローンで借り入れると、楽天カードの請求額から20,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンを行っています。

こちらのキャンペーンは期間を設けられていないためいつ終了するかわかりません。楽天銀行で借り入れを行った場合には忘れずにキャッシュバックを受けられるようにしておきましょう。

新規借り入れで楽天ポイントプレゼントキャンペーン開始!

楽天銀行の住宅ローンのキャンペーンバナーです

「フラット35」、金利選択型のどちらでも新規借り入れした方を対象に楽天市場などで使用できる楽天スーパーポイント10,000ポイントをプレゼントするキャンペーンを行っています。

このキャンペーンは住宅ローンの事前審査の申込みと同時に、キャンペーンへのエントリーを行わないとゲットできません。

「フラット35」・金利選択型のどちらでも事前審査の申込みをしたら忘れずにエントリーをしておきましょう。

楽天銀行のキャンペーンのステップの説明図です

 
そんな楽天銀行の「フラット35」、金利選択型住宅ローンにはメリット・デメリットはもちろん、何か落とし穴はないのでしょうか?

多くの比較サイトは、楽天銀行の住宅ローンの優れている点を紹介はしても、デメリットや落とし穴を案内しているサイトはほとんど見かけませんので、この特集ページでは楽天銀行の住宅ローンのメリットやデメリット、更には落とし穴についてしっかりと案内したいと思います。

楽天銀行の「フラット35」のメリット・デメリット

まずは楽天銀行の人気商品である「フラット35」のメリットを詳しく見ていきましょう。

「フラット35」はNo.1の低金利

楽天銀行の「フラット35」が人気を集めている理由は、毎月、「フラット35」取扱金融機関の中で最低水準の金利を提示している点があげられるでしょう。

ただし、楽天銀行と同様の低金利を提示している金融機関は他にも存在しますので、楽天銀行の「フラット35」に絞り込みを行う決定打とは言いにくいですね。

楽天銀行 フラット35 2020年7月適用金利 借入額が90%以内の場合

  15~20年固定 21~35年固定
団信に加入した場合1.230%1.300%
団信に加入しない場合1.030%1.100%

「フラット35」の7月の金利は上記のようになりました。
過去の水準から見ると「フラット35」はかなり金利が低くなっています。

当然、”金利の低さ”は住宅ローンを選ぶ時に最も重要な要素ですので、金利が高い金融機関をあえて選択する理由はありませんよね。

この段階では、数多く存在する「フラット35」を提供する金融機関の中で選択肢の1つに選ぶ価値がある、程度と言えそうです。
業界最低水準と言っても実際に業界最低水準を提示している金融機関は1社ではないという事です。

「フラット35」は歴史的な低金利

今月は金利引き上げとなったものの、「フラット35」市場でも最低水準の金利となっています。

「フラット35」の金利推移をみてみると、その金利水準は「フラット35」の歴史の中でも最も低い金利に迫るほど低下していることがわかります。

「フラット35」の金利推移です

「フラット35」の大きなメリットである『返済終了まで金利が変わらない = 金利上昇リスクがゼロ』は金利の高さというデメリットと引き換えでしたが、ここまで低下した金利をみると、メリットはそのままでデメリットは確実に小さくなっています。

金利だけをみると変動金利よりも高いため敬遠されてしまいますが、変動金利の金利上昇リスクがどうしても気になる方にはおすすめの金利タイプです。

金利が下がっている今だからこそおすすめできる全期間固定金利の「フラット35」、その中でも楽天銀行の「フラット35」は最低水準の金利となっていますが、金利以外の決め手に注目です。

楽天銀行「フラット35」を選ぶ決定打「事務手数料」

実は楽天銀行のフラット35」が最有力候補に選ばれる決定打は、事務手数料の低さにあると考えています。金利が低い住宅ローンにありがちな高額の事務手数料が、楽天銀行の場合かなり抑えられています。

具体的に確認してみましょう。
楽天銀行と同水準の金利を提示している金融機関で「フラット35」を借り入れるには、事務手数料が借入金額の2.20%(税込)が必要になります。
この費用は決して無視できる金額ではなく、例えば3,000万円の住宅ローンを利用する場合で60万円以上、4,000万円なら80万円以上の手数料が必要になります。

住宅購入に備えて苦労して貯めてきた貯金が、事務手数料という形で住宅ローンの残高が減るわけでもなく無くなってしまうのはとてもさみしい気持ちになるものです。
いざ、その金額を支払うタイミングになると、まるで家の金額が値上がりしてしまったような錯覚すら覚えてしまいます。

楽天銀行の場合、この事務手数料が返済口座を楽天銀行にした場合に新規の借り入れで1.100%(税込)、借り換えであれば0.990%(税込)まで引き下げることができるので、数十万円単位の費用を節約できる効果があります

この単なる手数料をより安くすますことができるのは楽天銀行の住宅ローンの大きなメリットと言えるでしょう。

「フラット35」の事務手数料の違い
借入額一般的な「フラット35」
2.20%(税込)の場合
楽天銀行「フラット35」
1.10%(税込)の場合
差額
2,000万円440,000円220,000円220,000円
3,000万円660,000円330,000円330,000円
4,000万円880,000円440,000円440,000円
5,000万円1,100,000円550,000円550,000円

たったの1%でも無視できない金額になることがわかります。
更に借り換えの場合にはこの差が更に大きくなります。

楽天銀行の「フラット35」であれば住宅ローン契約時に数十万円節約できる違いは大きいですね。

ではデメリットはないのでしょうか。

楽天銀行「フラット35」の落とし穴①

先ほど紹介した事務手数料とするには、楽天銀行を返済先口座にしていしなければならないという条件があります。

楽天銀行自体は500万人を超える人が口座開設している最大手ネット銀行とはいえ、楽天銀行の口座に毎月の生活費や給与が支払われる人は少ないのではないでしょうか? 楽天銀行を返済口座としつつ、給与の支払いがメガバンクや地方銀行だった場合、毎月の住宅ローンの返済用の資金を楽天銀行に移動させてなければなりません。

その銀行からの資金移動が手数料かからずできるのであれば気を付けるだけでいいかもしれませんが、万が一、手数料が毎月かかってしまうような銀行をメインバンクとしていた場合、その手数料は1つの落とし穴といえるのではないかと思います。

もっとも、資金を移動するための振込手数料やATM手数料は一定の条件を満たすことで無料にできることが多く、それほど気になるポイントではないかもしれませんが。

楽天銀行「フラット35」の落とし穴②

楽天銀行の「フラット35」に限らず、「フラット35」全般の問題として団体信用生命保険の保険料が挙げられます。

住宅ローンの借り入れを行うには団信(生命保険の一種で、住宅ローンの返済中に死亡した場合に住宅ローンの残債が保険金で全額支払われる)への加入が原則です。

これは、銀行側としても住宅ローン返済の滞納リスクも軽減できますし、借り入れる私たち側としても、万が一自分が死亡した場合に、残された家族が住宅ローンの返済に苦しまずに済みますので、双方にとって大きなメリットとなります。

民間の金融機関の住宅ローンの場合、団信の保険料は無料が多いのですが、「フラット35」を利用する場合、保険料を契約者が負担しなければなりません
この金額が想像以上に大きかったという声をよく耳にします。この点は1つの落とし穴と言えそうです。

団信を付帯しない場合は適用金利から0.2%引下げとなるので、保険料は金利の0.2%分となります。借入金額3,000万円、返済期間35年、ボーナス返済なしの元利均等返済で「フラット35」を借り入れした場合の保険料は約120万円、毎月に均すと約3,000円になります。

「フラット35」の場合、団信に加入せずに借り入れることも実は可能なので、この費用をカットすることもできますが、その場合、ご自身が死亡に繋がる病気や事故に遭った場合、残された家族が住宅ローンの返済に苦しみ、最悪、マイホームを手放してしまうことになりかねません。
別の落とし穴に家族がはまってしまうのは避けたいですよね。

上記を解決できるかもしれない方法がありますので1つ紹介しておきます。
それは、団体信用生命保険は文字通り生命保険なのだから、生命保険を個別で契約しておくという方法です。

マイホームの残債を返済できるであろう金額で生命保険を契約しておくことで、保険料を住宅ローンの返済にまわすことは当然可能です。団体信用生命保険のようにまとまった資金を用意する必要もありません。団信の保険料よりも安くすませることもできるかもしれませんね。

「フラット35S」に関する落とし穴

「フラット35」を考えている人なら耳にしたことがあると思いますが、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅向けに提供される「フラット35」の金利優遇を受けられるのが「フラット35S」です。 楽天銀行も当然「フラット35S」の取り扱いを行っています。

「フラット35S」は誰でも利用できるわけではなく、利用するためには「適合証明機関が発行する適合証明書の提出」が必要ですので、融資実行までに提出できるように準備しておかなければなりません。
また、「フラット35」には融資実行可能金額に国が予算を定めていますので、条件を満たしても利用できない可能性もありますのでご注意ください。

楽天銀行「フラット35」のまとめ

楽天銀行は「フラット35」での借り入れを考えているのであれば、間違いなく候補として考えるべき金融機関の1つです。

一方で、この特集でご案内したように注意しておきたいポイントもいくつかありますので、その商品性を理解したうえで借り入れ後に公開することの無いようにしましょう。事務手数料・金利・一部繰上返済手数料など、総合的に非常に魅力的な住宅ローンの1つであることは間違いなさそうですね。

楽天銀行の「フラット35」は

    • 普段から楽天市場で買い物する機会のある人

楽天銀行「フラット35」は楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるのでよく楽天市場を利用する方には年間で万単位でポイントが貯まるかも。

    • 「フラット35」で金利・手数料ともに最低水準

「フラット35」での借入れで一番返済額が少なくて済むのが楽天銀行です。

これが大きな特徴でありメリットということですね。 そして楽天が嫌いな方でも「フラット35」を探している人であれば選択肢に入れないと損をしてしまう可能性があるのが楽天銀行の「フラット35」です。

「フラット35」で住宅ローンの借入れや借り換えを検討しているならば必ず候補に入れるべき住宅ローンといえるでしょう。

 

楽天銀行の金利選択型住宅ローンのメリット・デメリット

楽天銀行では「フラット35」意外にも金利選択型住宅ローンも取扱っています。
楽天銀行の金利選択型住宅ローンは月の半ばに翌月の金利を発表していますが、他の銀行に先駆けて発表された2020年7月の適用金利を確認しましょう。

楽天銀行 住宅ローン(金利選択型) 2020年7月適用金利

金利タイプ 6月適用金利 7月適用金利 金利差
変動金利0.527%~1.177%0.527%~1.177%
2年0.818%~1.468%0.817%~1.467%-0.001%
3年0.822%~1.472%0.822%~1.472%
5年0.832%~1.482%0.840%~1.490%+0.008%
7年0.849%~1.499%0.875%~1.525%+0.026%
10年0.912%~1.562%0.957%~1.607%+0.045%

変動金利はネット銀行の最低水準より高めの設定となっています。
10年固定金利関しても同じです。

さらに金利の幅があるため、最も低い金利で借り入れを検討していたのにそれよりも高い金利になってしまう場合も考えられます。

楽天銀行の金利選択型住宅ローンの魅力はなんと言ってもこの変動金利の低さと、団信に加えて「がん保障特約」と「全疾病特約」の2つ疾病保障が金利上乗せなしの無料で付帯することです。

楽天市場など楽天グループのユーザーはもちろん、普段楽天グループを敬遠している方でも絶対に検討してみる価値がある住宅ローンです。

「フラット35」を選ぶ決め手は、「金利」と「事務手数料」という話をしましたが、基本的には普通の住宅ローンでも同じです。
金利が低く、現金で支払わなければならない事務手数料が安い住宅ローンであれば、借入れ候補に入れてもいいでしょう。

しかし楽天銀行の金利選択型住宅ローンには、もう1つのカードがあるのです。
それが団信に無料で付帯する「全疾病特約」と「がん保障特約」です。

金利と事務手数料が最低水準

それが事務手数料です。
一般的なネット銀行が借入額の2.20%(税込)であるのに対して、楽天銀行ではいくら借入れても一律330,000円(税込)という破格の安さになっています。

1,500万円を借入れた場合の事務手数料2.20%(税込)が330,000円(税込)ですので、1,500万円以上を借り入れる場合であれば一般的なネット銀行よりもお得になりますね。

そして借入額が大きくなればなるほど楽天銀行のメリットが大きくなることがわかります。

楽天銀行(金利選択型)とネット銀行の事務手数料の違い
借入額一般的な金融機関
借入額x2.20%の場合(税込)
楽天銀行の場合(税込)差額
2,000万円440,000円330,000円110,000円
3,000万円660,000円330,000円330,000円
4,000万円880,000円330,000円550,000円
5,000万円1,100,000円330,000円770,000円

住宅ローンの契約時の諸費用でも大きな割合を占める事務手数料を、数十万円単位で安く抑えることのできるのは大きなメリットです。

「全疾病特約」+「がん保障特約」へグレードアップ!

楽天銀行の金利選択型住宅ローンの第3のカードとも言える「疾病保障」ですが、2018年8月から「8疾病就業不能保障」から「全疾病保障特約」へ、さらにこの2020年1月には「がん保障特約」の2つの疾病保障が付く住宅ローンへとアップグレードされました。

楽天銀行の金利選択型住宅ローンのがん保障特約のバナーです

楽天銀行の「全疾病特約」とは?

「全疾病保障特約」では、団信で保障される死亡または高度機能障害時に加えて、余命6ヶ月以内と宣告されたときに残りの住宅ローン残高が0円に、さらに病気やケガで就業不能になった場合の住宅ローン返済額の保障、更に所定の就業不能状態が1年を超えて継続した場合にも住宅ローン残高が0円になる保障です。

楽天銀行の「がん保障特約」とは?

「がん保障特約」はがんと診断されると残りの住宅ローン残高が半分になる保障です。

さらに毎月27日に所定の就業不能状態が15日を超えて継続しているとき、毎月の住宅ローン返済額を最大36ヶ月まで保障してくれるという2つの保障となっています。

楽天銀行の金利選択型住宅ローンのがん保障特約の説明図です

他の銀行でも「3疾病保障」「8疾病保障」は付帯することが出来ますが、保険料として金利に0.3%程度の上乗せが必要になります。
3,000万円の借り入れであれば200万円近く返済額が増えてしまうわけですが、2つの疾病保障でがんと診断されたときに加えて、病気やケガで就業不能になった場合に受託ローン残高と月の返済の両面から保障が無料で用意されていることは、楽天銀行の金利選択型住宅ローンの大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、がん保障特約(50%保障・100%保障)は、融資実行日の年齢が満50歳以下でないと加入できないので注意が必要です。

楽天銀行の金利選択型のデメリットは?

楽天銀行の金利選択型のメリットをお話しましたが、当然デメリットもあります。
今度はデメリットを確認してみましょう。

「全疾病保障」は保障が受けづらい

楽天銀行の金利選択型住宅ローンの落とし穴は、この「全疾病特約」です。
200万円の保障が無料で付帯するわけですから、多少の落とし穴は目をつぶらなければならないかもしれません。しかしグレードアップされた保障の内容を良く把握しておくことが大切です。

まず、就業不能状態に該当してから12ヶ月経過することで保険が適用なることです。少し保障を受け取るための条件が厳しいという印象ですね。

しかし、これまでの「8疾病保障」では保障されなかった就業不能状態時の住宅ローン返済が保障の対象になることや、余命6ヶ月を宣告された場合にも住宅ローン残高が0円になるなど、これまでデメリットとして挙げられていたポイントを今回のグレードアップでカバーされデメリットはより小さくなっています。

さらに「がん保障特約」では保険料を受け取る条件は「がんと診断されるだけ」というシンプルで低いハードルとなっていることにも注目です。

保険料が無料で2つの疾病保障が付帯することはメリット以外の何物でもありません。

申し込みから契約までは若干時間がかかる

ネット銀行を含め審査の時間は短縮される方向へシフトしています。

しかし楽天銀行の金利選択型では、最短で20日と少し時間がかかってしまうのがデメリットと言えそうです。

これに関しては早め早めに申し込みを済ますことで簡単に回避できますね。更に万が一審査に落ちても慌てないためには複数の借入れ候補に同時に申し込みを行っておくこともポイントです。

楽天銀行の審査時間の説明図です

楽天銀行の金利選択型住宅ローンのまとめ

特に変動金利は高めでかつ金利に幅があることから変動金利比較ランキングでは圏外となっています。

2つの疾病保障事務手数料の安さ楽天銀行の金利選択型の住宅ローンの強みといえますが、肝心の金利が高いこと、さらに幅があることから他のネット銀行も検討して見てることをおすすめします。

 

楽天銀行の「フラット35」・金利選択型のまとめ 最大の落とし穴は?

楽天銀行の「フラット35」に関しては、低い金利と事務手数料で借り入れ候補になる価値がある住宅ローンと言えることがわかりましたね。

しかしその名前故に借り入れを悩んでいる方も多いのでしょうか。楽天銀行の最大の落とし穴はこのポイントです。

楽天カードを使い楽天市場でお買い物をすると驚くほどポイントが貯まるのは使っている方であればご存知かと思います。楽天銀行の住宅ローンを借り入れている方はハッピープログラムのランクが1ステージUPするので更にポイントが溜まりやすくなりますね。

楽天グループにわだかまりがない方や割り切って使っている方はこのポイント還元システムで恩恵を受けることができますが、楽天銀行というよりもそもそも楽天が嫌いで、楽天で住宅ローンを借りるつもりがないという声も決して少なくありません。

楽天グループと言えばEメールが大量に送られてきて鬱陶しい!という悪い評判や単なるイメージで楽天銀行の「フラット35」や金利選択型住宅ローンを選ばないのはナンセンスです。

住宅ローンの商品性だけをみても低金利に無料の疾病保障など優秀な住宅ローンですし、そこからさらに割り切って楽天グループを使うことで予想以上のポイント還元というさらなるメリットを受けることができるのです。

住宅ローンは35年という長い期間付き合っていかなければならない住宅ローンです。
住宅ローンをどこで借りるかを決めるタイミングで合理的でない気持ちに左右されてしまうのは非常にもったいないですね。

楽天 vs Amazonなら自分はAmazon派だという人もたくさんいます。世界を代表する超巨大企業であるAmazonと肩を並べて競い合っている企業が楽天であり、楽天グループと言える点も思い出しつつ、「本当にお得な住宅ローン」はどこなのか、をしっかりと冷静に検討・把握して住宅ローン選びを行っていただければと思います。

 

 

「フラット35」目当ててこのページを見た方も変動金利を考えてみては?

この記事をご覧になっている方はおそらく「フラット35」を目的に検索をした方だと思います。
歴史的な低金利となっている今、返済終了まで金利が変わらない「フラット35」で借入れを検討する価値がある住宅ローンです。

0.4%台が普通になってきている変動金利に対して、「フラット35」で気になるのは金利が高めなことが気になる点ですね。
「フラット35」での借り入れを検討してた方も変動金利でのシミュレーションを行ってみるのはどうでしょうか。

審査に不安があり「フラット35」での借入れを検討している方でも、申し込んでみるまでは審査に落ちるかはわかりませんし、なにより今回の驚異的な低さの変動金利を最初から諦めてしまうのはもったいなさすぎます。

当サイトでは常々、住宅ローンの申込時には複数の借入れ候補に申し込むことをおすすめしています。
気になる複数の借り入れ候補に申し込みをしておきましょう。

 
※紹介している内容の正確性には万全を期していますが、商品について詳しくは以下の楽天銀行の公式サイトから必ずご確認お願いします。
 

「フラット35」だけでなく35年固定金利がより低金利へ
日銀による金融緩和政策が行われるまで35年間も金利が変わらない超長期の固定金利は「フラット35」の独壇場でしたが、その状況は変わってきています。

金融緩和により住宅ローン金利は大きく低下していますが、その中でも超長期の固定金利の低下が著しく、「フラット35」とほぼ変わらない低い金利となっています。

更にauじぶん銀行の住宅ローンはその低い金利だけでなく、団信に加えて「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つの疾病保障が金利上乗せなしの無料で付帯する手厚い保障も用意され、「フラット35」とは金利の差だけでなく保障面でも差がある住宅ローンになっています。

新生銀行の35年固定金利は借り入れから10年目以降から金利が下がるステップダウン金利にも注目です。

もし「フラット35」の申込みと同時に、これらのネット銀行の住宅ローンにも申し込みをしてみることをおすすめします。

 
 
<注目の住宅ローン特集記事>
auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
ジャパンネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
楽天銀行(フラット35・金利選択型)の住宅ローンの落とし穴とデメリット
新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
SBIマネープラザの住宅ローンの落とし穴とは?
住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?
イオン銀行 住宅ローンのメリット・デメリットとは?
三井住友銀行の住宅ローンのメリット・デメリットとは?
ジャパンネット銀行の住宅ローン 審査基準を解説 ゆるい?厳しい?
ネット銀行の住宅ローン メリット&デメリット 審査や手数料など解説
[auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行] 無料の疾病保障付き住宅ローンを比較してみよう
[10年固定・フラット35]auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行の固定金利を徹底比較
 

Pocket
LINEで送る