広島県の県庁所在地である広島市は四国・中国地方で最大の都市となります。
そんな広島県でまず思い浮かぶ銀行は広島銀行ですね。その広島銀行に続くのがもみじ銀行です。県内にはメガバンクや都市銀行などの支店もありますが、この2つの地方銀行が大きなシェアを維持しています。
当然どちらの銀行も住宅ローンを取り扱っていますが、その中でも特に「フラット35」を借りるならどの金融機関が良いのでしょうか。

広島県で「フラット35」を利用できる銀行は?

多くの地方銀行が「フラット35」の取扱はあるものの公式サイトには金利すら掲載されていないことが多いですが、広島銀行・もみじ銀行ともにきちんと掲載されています。しかし広島銀行では前月の金利情報のままになっているなど、はやり「フラット35」には力を入れているわけでないようです。

広島銀行の「フラット35」

広島銀行は広島県広島市中区に本店をおく地方銀行で、県や広島市の指定金融機関となっていることで広島県内で大きなシェアをもっています。
そんな広島銀行ではきちんと「フラット35」の取扱があることや金利などの情報も記載されていることから県内では借入れ候補の1番手にしたいところですが、「フラット35」の比較ポイントは金利だけではありません。もう1つの重要な比較項目は事務手数料です。

広島銀行の「フラット35」の金利は融資率9割以下で1.170%と金利は「フラット35」でも最低水準となっていますが、事務手数料が融資額の2.16%(税込)と高額になっています。

もみじ銀行の「フラット35」

もみじ銀行は広島県中区に本店をおく第二地方銀行です。こちらも広島県の方にはおなじみの銀行ですね。
もみじ銀行でも「フラット35」の金利などの詳しい情報は公式サイトで得ることができます。利用者にとっては嬉しいですね。

その金利は融資率9割以下で「フラット35」は1.170%、「フラット20」は1.110%と「フラット35」を提供している金融機関の中でも最も低い金利での提供となっています。「フラット35」で当サイトおすすめの楽天銀行と同じ金利で県内の利用者は借り入れ候補にしたいところですが、注目したいのが「事務手数料」です。「フラット35」の比較ポイントの1つである事務手数料がもみじ銀行では融資額の2.16%(税込)と高めに設定されているのが残念なポイントです。

広島信用金庫の「フラット35」

広島県広島市に本店をおく広島信用金庫でも「フラット35」を取り扱っています。そして金利はもちろん利用条件などの情報も公式サイトに掲載されています。

その金利は融資率9割以下で「フラット35」は1.170%、「フラット20」は1.110%と「フラット35」を提供している金融機関の中でも最も低い金利での提供となっていますが、「フラット35」の比較ポイントの1つである事務手数料が融資額の2.16%(税込)と広島ぎんこうやもみじ銀行と同様に高めに設定されていす。

比較するのは楽天銀行の「フラット35」

広島県に本店をおく地方銀行と信金では公式サイトを見れば「フラット35」の金利や事務手数料などの詳しい情報を入手することができました。他県の地方銀行では取扱っているかどうかすらわからない銀行が多いなかで、広島県内では「フラット35」が利用しやすい状況のようです。

今回、県内の金融機関の金利と事務手数料を比較するのはネット銀行の楽天銀行の「フラット35」になります。
本当に同じ商品で金利や事務手数料に違いはあるのでしょうか。

 

広島県内で利用できる「フラット35」を比較

それぞれの銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を表にまとめて見ましょう。

広島県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
広島銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の2.16% (税込)記載なし公式サイト
もみじ銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の2.16% (税込)記載なし公式サイト
広島信用金庫フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の2.16% (税込)記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の0.972% (税込)
※1
無料公式サイト
※「フラット35」融資率9割以下の金利になります。
※1 借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.080% (税込)。

「フラット35」の比較ポイントである「金利」と「事務手数料」を中心に比較してみましたがいかがでしょうか。
結果は、金利は同じでも事務手数料に大きな違いがあることがわかっていただけたかと思います。

金利では同じだった楽天銀行の事務手数料は、楽天銀行を支払口座にすると割安な1.080%、借り換えであればさらにお得な0.972%と広島銀行やもみじ銀行のほぼ半分の金額で済んでしまいます。
得に事務手数料は、住宅ローンの契約時に現金で支払う必要があるため、誰でも安く住宅ローンを借り入れたいと考えているでしょうからこの違いは見逃せないものではないでしょうか。

今回はネット銀行代表として「フラット35」の実行件数銀行1位の楽天銀行を比較対象として選んでいます。
流石ネット銀行らしく公式サイトの住宅ローンを見てみると「フラット35」のや変動金利、10年固定金利などの金利と事務手数料をひと目で確認することが出来ます。ネットでの顧客獲得を目指しているので当然といえば当然かも知れませんが、違いに驚かされますね。
全国的に見ても楽天銀行の「フラット20」「フラット35」は、金利や事務手数料や一部返済繰り上げ手数料などが最低水準で提供されているため「フラット35」の貸出実行件数で1位誇っています。その理由はなんでしょうか。

「フラット35」は地域や金融機関により違いがある?

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している「フラット35」は、どの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりません。だからといってどの金融機関で借りても同じではないのが「フラット35」を借りる際に注意しなければならないポイントです。
「フラット35」で違いが出るのは「金利」「事務手数料」です。この2つを比較して借入先を決めなければ、商品性は全く同じ「フラット35」にもかかわらず「なんか友人が借りているフラット35よりも金利が高い」なんてことが起こってしまうのです。ちなみに一番高い金利と低い金利ではかなりの差があります。

「フラット20」「フラット35」8月の適用金利
「フラット20」「フラット35」
1.110%~1.810%1.170%~1.870%
※融資率9割以下の金利です。
※団信に加入しない場合には0.2%引き下げられた金利になります。

この表は住宅金融支援機構が発表している金利ですが「フラット35」でも「フラット20」でも0.6%以上の大きな差がありますね。そして楽天銀行は最も低い金利で「フラット35」を提供している金融機関であることがわかります。

 

広島県で「フラット35」を借りるなら

広島県では各金融機関の公式サイトで「フラット35」の情報がきちんと記載れていることもあり、店舗に相談に行く前に金利や融資条件などを把握できるのは嬉しいですね。地方の銀行では窓口での相談に力を入れているため、公式サイトでは金利など掲載されていないことがよくありますが、そういった意味で広島県は「フラット35」を利用しやすいじょうきょうが整っていると思います。

しかし、商品性が変わらないにも関わらず金利や事務手数料に違いがあるため、借入先を選ぶにはこの2つのポイントを比較することが重要です。

ネット銀行代表の楽天銀行が広島銀行やもみじ銀行との比較で、金利は変わりませんが、借入時に現金で用意しなければならない事務手数料が半分で済むことは大きな違いといえますね。

その楽天銀行の「フラット35」は全国どこからでもインターネットからの申込みができるため、仕事が忙しく金融機関に来店する時間が取りにくい方に特におすすめです。さらに楽天市場をよく利用する方であればお買い物で使える楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるなどメリットは更に大きくなるため、「フラット35」の比較ポイントである「金利や事務手数料」が変わらない水準であったとしても、それ以外のメリットのことも考えた場合やはり楽天銀行の「フラット35」がおすすめでしょう。

楽天銀行の「フラット35」の金利や事務手数料以外のメリット、更に気をつけておきたいポイントを詳細に解説した以下の記事を参考にしてみてください。
 >>楽天銀行の住宅ローン「フラット35」の落とし穴とデメリット

 

 

Pocket
LINEで送る