日本で4番目の人口数である愛知県では地方銀行よりもメガバンク、とりわけ三菱UFJ銀行が県内で最大の営業網をもっており、「フラット35」だけでなく住宅ローンの取扱いでもシェアNo.1となっています。
大都市圏であるだけにメガバンク都市銀行、地方銀行更には数多くの信金、更には日本を代表する大企業トヨタ自動車のお膝元だからでしょうか、トヨタファイナンスでも住宅ローンの取扱いがあるなど、多くの金融機関が住宅ローンを取り扱っています。その中でも特に「フラット35」を借りるならどの金融機関が良いのでしょうか。

今、店舗を持たないかわりに金利が低いネット銀行の住宅ローンに注目が集まっています。地域に密着した地元の銀行や信用組合、信用金庫などの金融機関とインターネットで全国どこからでも申し込みができるネット銀行の住宅ローンを比較してみましょう。
このページでは返済終了まで金利が変わることがない全期間金利固定型住宅ローンである「フラット35」に特に注目して解説していきます。

愛知県で「フラット35」を利用できる銀行は?

意外なことに愛知県内で住宅ローンシェアNo.1の三菱UFJ銀行では「フラット35」の取扱いがありません。「フラット35」を利用するには地方銀行や信金、ネット銀行を利用することになります。
多くの地方銀行ではプロパーの住宅ローンに力を入れているため「フラット35」に関しては金利すらホームページに載せないことが多いですが、愛知県内の金融機関はどうでしょうか。
金融機関別に紹介してきます。

愛知県に本店をおく地方銀行で、預金額・貸出額ともに大きなシェアを持っているのは名古屋銀行と愛知銀行です。それに続くのが中京銀行となっています。

<愛知県に本店がある地方銀行 (平成30年3月時点)>

金融機関 預金額 貸出額 店舗数
名古屋銀行33,503億円107,541億円113
愛知銀行27,548億円18,093億円106
中京銀行17,730億円13,044億円87

愛知銀行の「フラット35」

愛知銀行は愛知県名古屋市中区に本店をおく第2地方銀行です。県内に17か所にローン相談専門窓口「ローンプラザ」を設置しています。そのローンプラザでは平日は18時までさらに休日にも相談可能な店舗もあり、地域に密着した営業活動をおこなっています。

そんな愛知銀行では「フラット35」の取扱いがあり、利用条件などや金利、事務手数料などの詳しい情報を確認することが出来ます。ただインターネットから仮申込などはできず、県内の店舗15箇所に設置されている住宅ローンセンターでの窓口相談&販売に力を入れているようです。

愛知銀行の住宅ローンのページのキャプチャ画像です

名古屋銀行の「フラット35」

名古屋銀行は愛知県名古屋市に本店をおき、預金額・貸出額ともに愛知県で最大の地方銀行です。
「フラット35」の取扱は公式サイトで金利だけでなく詳しい融資条件なども確認することがで、県内で「フラット35」の利用を考えている方には頼もしい存在です。

その金利は「フラット35」でも最低水準のものとなっていて、当サイトがおすすめするインターネット銀行の「フラット35」と違いはありません。事務手数料の比較ではどうなるのか注目してください。

名古屋銀行でも愛知銀行と同様に、インターネットからの申し込みはできず、支店の窓口か休日も営業しているローンプラザでの相談と申し込みしか行なえません。倒してインターネット銀行の「フラット35」は申込みから契約までインターネットと郵送で行え、忙しい方にはインターネット銀行の方が利用しやすいと言えます。

名古屋銀行の住宅ローンページのキャプチャ画像です

中京銀行の「フラット35」

中京銀行は愛知県名古屋市中区に本店を構え、旧東海銀行の流れを組むく第二地方銀行です。インターネットバンキングにも力を入れていて、ネット支店として「なごやめし支店」を開設するなどユニークな雰囲気の銀行です。

そんな中京銀行もきっちりと公式サイトに「フラット35」専用のページがあり、詳しい情報の記載があります。
窓口に行く前に「フラット35」の金利や事務手数料を確認することができるのは助かりますね。

ただ中京銀行も愛知銀行と名古屋銀行と同様に店舗での相談や申し込みとなっています。

中京銀行のフラット35のトップページのキャプチャ画像です

 
さて、これから「フラット35」の金利と事務手数料を比較してみますが、本当に違いはあるのでしょうか。
比較対象は「フラット35」の取扱い件数で大きなシェアを持っているインターネット銀行の楽天銀行の「フラット35」です。

 

愛知県内で利用できる「フラット35」を比較

それぞれの銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を表にまとめて見ましょう。

愛知県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
愛知銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の1.836% (税込)記載なし公式サイト
名古屋銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の1.79% (税込)記載なし公式サイト
中京銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の1.89% (税込)記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の0.972% (税込)
無料公式サイト
※ 金利は融資率90%以内のものになります。
※1 借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.080% (税込)。

地方銀行では金利の記載すらされないことが多い「フラット35」ですが、愛知県内に本店をおく地方銀行の3行とも、「フラット35」の専用ページが用意されていてしっかりと金利や事務手数料の確認を公式サイトで行う事ができました。
これは県内で「フラット35」を利用しやすい状況であると言えます。

しかし「フラット35」の比較ポイントである「金利」と「事務手数料」を中心に比較した結果、金利は同じでも事務手数料に違いがありました。楽天銀行で「フラット35」を利用した場合では、事務手数料が約半分で済むことになります。

事務手数料は契約時に一括で支払う必要があり、誰でも安く住宅ローンを借り入れたいと考えているでしょうからこの違いは見逃せませんね。

全国的に見ても楽天銀行の「フラット20」「フラット35」は、金利や事務手数料や一部返済繰り上げ手数料などが最低水準で提供されているため「フラット35」の貸出実行件数で1位誇っています。その理由はなんでしょうか。

「フラット35」は地域や金融機関により違いがある?

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している「フラット35」は、どの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりません。だからといってどの金融機関で借りても同じではないのが「フラット35」を借りる際に注意しなければならないポイントです。
「フラット35」で違いが出るのは「金利」「事務手数料」です。この2つを比較して借入先を決めなければ、商品性は全く同じ「フラット35」にもかかわらず「なんか友人が借りているフラット35よりも金利が高い」なんてことが起こってしまうのです。ちなみに一番高い金利と低い金利ではかなりの差があります。

「フラット20」「フラット35」8月の適用金利
「フラット20」「フラット35」
1.110%~1.810%1.170%~1.870%
※融資率9割以下の金利です。
※団信に加入しない場合には0.2%引き下げられた金利になります。

この表は住宅金融支援機構が発表している金利ですが「フラット35」でも「フラット20」でも0.6%以上の大きな差がありますね。そして楽天銀行は最も低い金利で「フラット35」を提供している金融機関であることがわかります。

愛知県で「フラット35」を借りるなら

地域に密着し地域の経済を支えている地方銀行では、金利の情報すらもホームページに掲載されておらず「フラット35」には力を入れているとは思えない状況が多い中で、愛知県内の地方銀行では金利まできちんと公式サイトに記載している銀行が多く、「フラット35」を利用しやすい状況と言えます。

しかし以下の2つのポイントで、愛知県内で「フラット35」を利用するなら楽天銀行の「フラット35」がおすすめになります。

金利と事務手数料が最低水準

多くの金融機関が提供している「フラット35」ですが、商品性は変わらないにも関わらず、金利や事務手数料には大きな違いがあり、きちんと金利と比較して選ばないと損をしてしまいます。

その「フラット35」を比較する上で重要なポイントである金利と事務手数料に関してはネット銀行に及ばず、今回は金利に違いはありませんでしたが、事務手数料ではネット銀行でも最低水準の楽天銀行の倍近い金額が必要になることがわかりました。

ただの手数料に倍のお金を払う必要はありません。少しでも安い銀行の「フラット35」を選ぶべきでしょう。

インターネットでどこでもいつでも申し込み可能

これまで紹介してきた愛知県内の地方銀行で「フラット35」を申し込む場合には、銀行やローンセンターの営業時間内に店舗に出向かなければなりません。
ご存知の通り、銀行の変転時間は15時、ローンセンターでも17時までと、仕事をしていれば仕事を抜けるか休まなければなりません。忙しい方であれば利用しにくいのはいうまでもありません。

その点、楽天銀行は全国どこからでも申し込みを行えますし、仕事が忙しく金融機関に来店する時間が取りにくい方には最適です。

楽天銀行で気になるのが相談体制だと思いますが、楽天銀行の「フラット35」は電話やオンラインでの相談体制に力を入れ、オリコン顧客満足度調査で2018年・2019年に1位を獲得するなど、高い評価を得ています。

電話はオンラインソフトSkypeでの相談は平日土日の22時までと、銀行に比べて遅い時間まで行えますし、予約制で待たされることもありません。

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナーです

楽天市場をよく利用する方であればお買い物で使える楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるなどメリットは更に大きくなるため、「フラット35」の比較ポイントである「金利や事務手数料」が変わらない水準であったとしても、それ以外のメリットのことも考えた場合やはり楽天銀行の「フラット35」がおすすめでしょう。

愛知県内で「フラット35」の利用を検討している方は楽天銀行の「フラット35」を借り入れ候補として検討してみることをおすすめします。

楽天銀行の「フラット35」の金利や事務手数料以外のメリット、更に気をつけておきたいポイントを詳細に解説した以下の記事を参考にしてみてください。
 >>楽天銀行の住宅ローン「フラット35」の落とし穴とデメリット

 

 

Pocket
LINEで送る