九州最大の規模である福岡県にはメガバンクはもちろん沢山の金融機関があります。
その中でも地方銀行として地元の人に馴染みがあるのが、福岡銀行と西日本シティ銀行でしょう。その他にも九州銀行や筑豊銀行、福岡中央銀行などが営業しています。福岡銀行は県内に150店舗以上、西日本シティ銀行はそれを超える160店舗以上とこの2行が福岡県内では預金残高・貸出残高ともに圧倒的なシェアとなっています。住宅ローンの借りれでもこの2行を借り入れ候補としている方が多いかもしれません。

しかし今、店舗を持たないかわりに金利が低いネット銀行の住宅ローンに注目が集まっています。地域に密着した地元の銀行や信用組合、信用金庫などの金融機関とインターネットで全国どこからでも申し込みができるネット銀行の住宅ローンを比較してみましょう。
このページでは返済終了まで金利が変わることがない全期間金利固定型住宅ローンである「フラット35」に特に注目して解説していきます。

福岡県で「フラット35」を利用できる銀行は?

地方銀行では「フラット35」に関しては金利すらホームページに載せないことが多いですが、福岡銀行と西日本シティ銀行はじめとする銀行ではどうなのでしょうか。

福岡銀行の「フラット35」

福岡銀行は福岡県福岡市中央区に本店をおく地方銀行で、預金額・貸出金額ともに大きな規模を持ち、不良債権比率の低さと財務基盤の強固さにより福岡県だけでなく全国でも抜きん出た有力な地方銀行です。
住宅ローンにも力を入れており、銀行で住宅ローンの相談といえば行員やFPが対応してくれるのが普通ですが、福岡銀行では建築士が間取りやインテリアなどの相談に答えてくれる窓口「住まいるギャラリー」を開設しているのも面白い特徴です。
そんな福岡銀行ですが「フラット35」に関しては一般的な地方銀行と変わらず、公式サイトでは取扱っていることはわかるものの肝心の金利が確認できないようです。

西日本シティ銀行の「フラット35」

西日本シティ銀行は福岡県福岡市博多区に本店をおく地方銀行です。2004年に西日本銀行と福岡シティ銀行が合併して発足し、預金額・貸出額は福岡銀行には少し及びませんがこちらも国内で有力な地方銀行となっています。
しかし「フラット35」に関しては公式サイトで取扱のアナウンスなどはなく、もちろん金利や細かい融資条件なども確認できないようです。

筑豊銀行の「フラット35」

筑邦銀行は福岡県久留米市に本店を置く地方銀行で、福岡銀行や西日本シティ銀行よりもかなり小さい規模の銀行です。
「フラット35」に関しては、筑邦銀行でも公式サイトには何も記載されておらず取扱があるのかすらわからない状態となっています。プロパーの住宅ローンに関しても金利が記載されていないことから、基本的に窓口での相談をメインに想定しているようです。

北九州銀行の「フラット35」

北九州銀行は、福岡県北九州市小倉北区に本店をおく山口フィナンシャルグループ傘下の地方銀行です。
北九州銀行の公式サイトでは「フラット35」の取扱を確認することができます。しかし金利については窓口や電話での問い合わせを行わないと確認できないようです。

福岡中央銀行の「フラット35」

福岡中央銀行は福岡県福岡市中央区に本店を置く第二地方銀行です。営業店舗は福岡県内のみで規模としては県内で最も小さい銀行となっています。
福岡中央銀行では「フラット35」の取扱はないようです。

 
まずは「フラット35」でもっとも大事な金利と事務手数料の違いを比較してみましょう。

福岡県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
福岡銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
西日本シティ銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
筑邦銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
福岡中央銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
北九州銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.250%
フラット35:1.310%
借入額の0.972% (税込)
無料公式サイト
※借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.080% (税込)。

比較するために調べてみて驚きましたが、福岡県内で営業している銀行の多くが「フラット35」の金利はおろか、変動金利や10年固定金利などのプロパーの住宅ローン金利に関しても公式ホームページには掲載されていない場合が多く、全く意味のない比較表となってしいました。
福岡銀行や西日本シティ銀行ではインターネットバンキングに力を入れているようですが、「フラット35」の関してはホームページからの顧客獲得に関しては全く意識していないようです。やはり店舗を構えた地域密着型の銀行らしく対面での住宅ローン販売が基本のようですね。実際に窓口で相談することで詳しい金利や手数料などを提示されるのだと思いますが、事前に一切調べられないというのは利用者にとってはデメリットと言えるのではないでしょうか。地方銀行の数が多いにも関わらず、取扱を確認するにも店舗に出向かなければならい福岡県では「フラット35」は利用しづらい状況のようですね。

今回はネット銀行代表として「フラット35」の実行件数銀行1位の楽天銀行を比較対象として選びました。
流石ネット銀行らしく公式サイトの住宅ローンを見てみると「フラット35」のや変動金利、10年固定金利などの金利と事務手数料をひと目で確認することが出来ます。ネットでの顧客獲得を目指しているので当然といえば当然かも知れませんが、違いに驚かされます。
比較した結果、といっても福岡県内の銀行のホームページでは「フラット35」の金利すら把握出来ない状況となっているため、楽天銀行の金利と事務手数料のみの表記となっています。全国的に見ても楽天銀行の「フラット20」「フラット35」は、金利や事務手数料や一部返済繰り上げ手数料などが最低水準で提供されているため「フラット35」の貸出実行件数で1位誇っています。その理由はなんでしょうか。

「フラット35」は地域や金融機関により違いがある?

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している「フラット35」は、どの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりません。だからといってどの金融機関で借りても同じではないのが「フラット35」を借りる際に注意しなければならないポイントです。
「フラット35」で違いが出るのは「金利」「事務手数料」です。この2つを比較して借入先を決めなければ、商品性は全く同じ「フラット35」にもかかわらず「なんか友人が借りているフラット35よりも金利が高い」なんてことが起こってしまうのです。ちなみに一番高い金利と低い金利ではかなりの差があります。

「フラット20」「フラット35」8月の適用金利
「フラット20」「フラット35」
1.110%~1.810%1.170%~1.870%
※融資率9割以下の金利です。
※団信に加入しない場合には0.2%引き下げられた金利になります。

この表は住宅金融支援機構が発表している金利ですが「フラット35」でも「フラット20」でも0.6%以上の大きな差がありますね。そして楽天銀行は最も低い金利で「フラット35」を提供している金融機関であることがわかります。

福岡県で「フラット35」を借りるなら

地域に密着し地域の経済を支えている地方銀行や信金では、金利の情報すらもホームページに掲載されておらず「フラット35」には力を入れているとは思えない状況となっています。
では福岡県内で「フラット35」を利用しようと思った場合にはどうすればいいのでしょうか。

1つは全国度からでも申し込みが可能なネット銀行の「フラット35」を利用することです。
多くのネット銀行が「フラット35」を提供していますが、その中でも特におすすめなのは最低水準の金利と事務手数料で「フラット35」を借りることができる楽天銀行の「フラット35」です。
ネット銀行ですので、仕事が忙しく金融機関に来店する時間が取りにくい方にもぴったりですし、楽天市場をよく利用する方であればお買い物で使える楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるなどメリットは更に大きくなります。

楽天銀行の「フラット35」の金利や事務手数料以外のメリット、更に気をつけておきたいポイントを詳細に解説した以下の記事を参考にしてみてください。
 >>楽天銀行の住宅ローン「フラット35」の落とし穴とデメリット

しかし、対面相談できないのは少し不安かもしれません。
そんな方にはネット銀行の「フラット35」を対面相談しながら借り入れる事ができるARUHI(アルヒ)の店舗がおすすめです。福岡県にはARUHI(アルヒ)の店舗が2つあり、他の県よりも相談しやすい環境が整っています。平日と土曜日の18:00や19:00まで営業しているので、仕事を少し早く終わらせて相談市に行くこともできそうです。

ARUHI(アルヒ) 福岡中央支店

営業時間:10:00〜18:00
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3-4-5
ピエトロビル 9F
地下鉄空港線 「天神駅」西1番出口 徒歩2分

ARUHI(アルヒ)の福岡中央支店の地図です

ARUHI(アルヒ) 福岡西店

営業時間:10:00〜19:00
〒814-0002
福岡県福岡市早良区西新1-10-27
西新プライムビル 2F
地下鉄空港線 「西新駅」 徒歩1分

ARUHI(アルヒ)の福岡西支店の地図です

ARUHI(アルヒ)も楽天銀行同様に最低水準の金利で「フラット35」を提供しています。営業時間に関しても銀行よりも相談しやすいですしお近くの方で「フラット35」の利用を検討している方は相談してみてはいかがでしょうか。相談は予約が必要ですが無料で行なえます。

 

 

Pocket
LINEで送る