長野県で住宅ローンを利用する場合には、大手の支店や地元の銀行を利用する人が多いと思います。

 

近年は、店舗を持たないネット銀行の住宅ローンに注目が集まっています。ネット銀行の住宅ローンはインターネットで全国どこからでも申し込みができるので、長野県の人も問題なく利用できます。また、フラット35もネットから簡単に申し込むことができます。

 

このページでは長野県で「フラット35」を利用する時におすすめの金融機関について解説しています。

 

「フラット35」は提供する金融機関で違いがある

「フラット35」は全国の多くの金融機関が提供していますが、金利と事務手数料は各社で異なります。

 

「フラット35」をお得に利用するには金利と事務手数料を比較して借り入れる金融機関を決める必要があります。さっそく、長野県で「フラット35」を利用できる金融機関の金利と事務手数料を確認していきましょう。

 

長野県で「フラット35」を利用できる銀行は?

長野県内で利用できる銀行は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行のメガバンクはもちろん、県内で最大の規模を誇る八十二銀行、続いて長野銀行、長野信用組合や長野信用金庫、飯田信用金庫などの信金があります。

 

大半の金融機関で「フラット35」は利用出来ますが、ホームページに金利が掲載されておらず、インターネットでの情報提供が不足しています。

 

八十二銀行の「フラット35」

毎年発表されるオリコン顧客満足度住宅ローンランキングで甲信越・北陸 満足度ランキングで1位を獲得しすることが多いのが八十二銀行です。

 

高い顧客満足度で長野県内では都市銀行を抑えて大きなシェアを獲得しています。

そんな八十二銀行の公式サイトでは「フラット35」の取扱いは確認することができますが、重要な金利は窓口や電話で問い合わせなければ確認できないようです。

 

県内122支店のうち14の支店にローン専用の相談窓口を構えるなど相談しやすい状況を整えていると言えますが、住宅ローンで一番肝心の金利を簡単に確認できないのは残念ですね

長野銀行の「フラット35」

長野銀行は松本市に本店を置く第二地方銀行です。
銀行の規模としては八十二銀行には及びませんが松本市・長野市・茅野市に相談専用のローンプラザを構えています。一定の条件を満たすと「振込手数料無料」や「提携している飲食店の食事代が10%割引き」などの特典が利用できる「ながぎん倶楽部」なども用意されていて地域に根ざした営業活動を行っています。

 

そんな長野銀行でも「フラット35」の取扱いはあるようですが簡単な融資条件の記載のみで、比較する上で重要なポイントである金利と事務手数料などの記載はないようです。これから「フラット35」を利用しようという方にとっては残念ですが、これは珍しいことではなく地方銀行ではよくあることです。

 

長野県内の信金・信組の「フラット35」

長野県信用組合や飯田信用金庫などの金融機関でも「フラット35」の取扱いはあるようですが、やはり肝心の金利の情報は掲載されていないようです。

 
それでは県内の金融機関と「フラット35」の取り扱いシェアNo.1のARUHI(アルヒ)でもっとも大事な金利と事務手数料の違いを比較してみましょう。

 

長野県で利用できる「フラット35」比較?

長野県内の金融機関はどこも「フラット35」の販売には積極的ではないようで公式サイトでは取扱いすらわからない状況ですが、ARUHI(アルヒ)と金利と事務手数料を比較してみましょう。

長野県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料
(税込)
一部繰上返済
手数料
公式サイト
八十二銀行記載なし44,000円5,500円公式サイト
長野銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
長野県信用組合記載なし55,000円無料公式サイト
飯田信用金庫記載なし55,000円無料公式サイト
ARUHI(アルヒ)

フラット20:1.490%

フラット35:1.650%

借入額の1.100%
※1
無料公式サイト
※ 2022年12月の融資率90%以内の金利になります。
※1 WEBから申込み・契約を行った場合の事務手数料です。ただしARUHIスーパーフラットの新規借り入れを除く。

長野県内の金融機関では、長期固定型住宅ローンの1つとして「フラット35」がラインナップされているものの、わざわざ問い合わせなければ最新の金利すらわからない状態のようです。

 

公式サイトでは金利が確認できなかった八十二銀行と長野銀行ですが、どうやら長野県の銀行は金利が高い代わりに事務手数料を低くして「フラット35」を提供を取り扱っているようです。

 

一方で、日本中でフラット35を貸し出しているARUHI(アルヒ)は、金利の低さにこだわっています。その代わり事務手数料は最大で融資金額の2.2%(税込)と高めに設定されています。

 

それぞれメリット・デメリットがあるわけですが、

  • 八十二銀行・長野銀行の「フラット35」
    初期費用が低いが、金利が高いためトータルコストで高くなる
  • ARUHI(アルヒ)の「フラット35」
    初期費用は高くなるが、トータルコストで安くなる

と簡単に整理することができます。

 

返済終了まで金利が変わらないのが「フラット35」の特徴です。金利が完全確定してしまうからこそ、少しでも低い金利の物を選ぶべきで、高めの金利を選ぶべきではありません。

 

何か特別な理由がない限り金利が低く、トータルコストがお得なARUHI(アルヒ)の「フラット35」を選ぶべきでしょう。

 

長野県で「フラット35」を借りるなら

地方銀行や信金は金利の情報もホームページに掲載されておらず少なくともホームページにおいては「フラット35」に力を入れていないようです。

 

住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供されている「フラット35」は、基本的にどの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりませんが、どの金融機関で借りても借り入れ条件が同じわけではありません

 

金融機関の間で違いがあるのは「金利」「事務手数料」なので、この2つを比較して借入先を決める必要があります。

 

この2つポイントで考えた場合、最低水準の金利と事務手数料を実現しているARUHI(アルヒ)の「フラット35」をチェックしてみることをおすすめします。

 

インターネット回線があれば家にいながら申し込みや相談が可能!

全国に約150の店舗を持つARUHI(アルヒ)では、店舗で相談することはもちろんですが、インターネットから申込み・契約を行う場合、条件を満たせば事務手数料を借入額の1.10%(税込)と半分に抑えることもできます。

 

長野県内で「フラット35」の借り入れを検討しているならば「フラット35」の取扱いシェアNo.1のARUHI(アルヒ)を1度チェックしてみましょう。

 
 

 

Pocket
LINEで送る