マイナス金利政策以降の住宅ローン金利の低下が続いていましたが、2017年4月には銀行の主力商品と言える10年固定金利で指標を無視した金利引き上げを行うなど、これまで低金利合戦で各銀行が引下げてきた金利は限界に近づいて来ている様子が伺えます。

しかし、それでも住宅ローンの販売に弾みを付けたい銀行は、低金利以外のサービスを拡充させ顧客獲得を目指しています。
こういった競争はこれから住宅ローンを利用しようという方には歓迎ですね。

ただ住宅ローンを選ぶ際にこういったサービスを知らないと元もこうもありません。
今回はARUHIで住宅ローンを借りた人が利用できる「ARUHI暮らしのサービス」を紹介しましょう。

「ARUHI暮らしのサービス」とは

「ARUHI暮らしのサービス」は、ARUHIで住宅ローンを借りた方だけが利用できる限定の優遇サービスです。
住宅を購入すれば必要になる、引っ越し・家電・家具・インテリアはもちろん、ネットスーパー・レジャーや旅行など、新生活をはじめて日々のコストを削減し、日常生活を豊かにするさまざまな優待を、数多くの提携先企業とともに提供しています。

例えば、

  • アート引越センター引越し料金20%OFF
  • ビックカメラ:店頭にて通常より付与ポイント3%UP
    シマホ:店頭価格より3%OFF
  • エブリス:限定車両を月々10,000円~
  • ローソンフレッシュ月総額クーポン2,000円分(月額利用料金と配送料無料特典は含まず)
  • 空旅.com:国内航空券を通常料金より最大1,000円引き

など、生活に直結した優遇サービスを提供しているため、うまく利用すれば結構大きな節約ができそうですね。
上記以外にも合計で60以上の優遇サービスを提供していて、今後も拡充予定となっています。

ARUHI暮らしのサービスの説明図です

フラット35は300を超える金融機関で提供していますが、一番金利の低いネット銀行でも金利は横並びです。
手数料に小さな違いがありますが、こういった借りた後のサービスを拡充させることでARUHIは差別化を図っているわけですね。

ARUHIはこの「ARUHI暮らしのサービス」だけでなく、住宅購入価額の2割を手持金として用意できればさらに低い優遇金利を利用できる「ARUHIスーパーフラット」や中古住宅購入しリノベーションを行う場合を対象にした「ARUHIフラットリノベ」など多彩な商品を展開していて、「フラット35」で住宅ローンの借り入れを考えている方は候補にするべき住宅ローンでしょう。

 

ARUHI「フラット35」の注目ポイント

check「フラット35」はトップクラスの低金利

ARUHIスーパーフラットなら21~35年固定金利:0.990%

check審査スピードが驚異的

お申込みから本審査まで最短3日

check専門家に対面相談が可能!

全国150以上の店舗を展開し住宅ローンの不安を解消。

ARUHIでは購入価額の2割を手持金として用意できれば、通常の「フラット35」よりも得な金利で借入れが可能になります。
さらに「フラット35リノベ」など中古住宅のリノベーションに対応した商品を用意するなど、幅広いライナップが特徴です。

そして最大の特徴は、専門家に対面相談できる店舗を全国に150以上も展開している点ですね。
店舗で相談してもWEBから申込みをすればこの事務手数料が通常2.16%(税込)が1.08%(税込み)と半額になるARUHIダイレクトがおすすめです。

金利と事務手数料が最低水準で、さらに対面相談で住宅ローンの不安な悩みを相談しながら「フラット35」を借り入れることができるARUHIに注目です。

 
「フラット35」で人気の高いARUHIと楽天銀行を比較したこちらの記事も住宅ローン選びの参考にしてみて下さい。
>>借り換えで大人気の「フラット35」楽天銀行とARUHIを比較

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る