フラット35を利用する条件として「住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅」があります。そのため、購入する物件に対して検査機関による検査に合格し、適合証明書を交付して貰う必要があります。その際の手続きはどのような流れになるのでしょうか。

フラット35を利用するための条件はこちら

「フラット35」の手続きの流れ

新築住宅を建築する場合、建売住宅を購入する場合、中古住宅を購入する場合とそれぞれの手続の流れを見ていきましょう。

赤の文字は申込者と取扱い金融機関での手続き
青の文字
は事業者と検査機関の物件手続き
を示しています

住宅建設の場合

  1. 借入れの申込み
  2. 審査結果の通知 (申込みから1~2週間)
  3. 設計検査の申請・合格 (検査機関に依頼)
  4. 工事着工
  5. 中間現場検査の申請・合格
  6. 竣工
  7. 竣工現場検査の申請・合格 (適合証明申請・適合証明書交付)
  8. 融資計画・資金受け取り・登記・抵当権設定
  9. 引き渡し・入居

建売住宅の場合

  1. 設計検査の申請・合格 (検査機関に依頼)
  2. 工事着工
  3. 借入れの申込み
  4. 審査結果の通知 (申込みから1~2週間)
  5. 中間現場検査の申請・合格
  6. 竣工
  7. 竣工現場検査の申請・合格 (適合証明申請・適合証明書交付)
  8. 融資計画・資金受け取り・登記・抵当権設定
  9. 引き渡し・入居

中古住宅の場合

  1. 借入れの申込み
  2. 審査結果の通知 (申込みから1~2週間)
  3. 竣工現場検査の申請・合格 (適合証明申請・適合証明書交付)
  4. 融資計画・資金受け取り・登記・抵当権設定
  5. 引き渡し・入居

新築分譲時に住宅金融支援機構の定める耐久性基準等を満たしていることがあらかじめ確認された築20年以内の中古マンションについては、物件検査を省略できる場合があります。

「フラット35」の物件検査とは

フラット35の融資を受けるためには、住宅金融支援機構の定める建築技術基準に適合するものか、検査機関による物件検査を受け合格する必要があります。合格の際に交付される「適合証明書」は、審査に合格し融資を受ける際に取扱金融機関に提出する必要があります。
基本的に、不動産事業者と検査機関によるやり取りになるので、申込者が検査機関とやり取りする必要はありません。

「フラット35」の適合証明とは

住宅金融支援機構の定める物件検査方法により確認した範囲において、融資条件である技術基準の適合の可否を判断するためのものです。申請者に対して住宅の施工上の瑕疵がないことや、住宅の性能を保証するものではありません。フラット35の融資を受けるためには検査に合格する必要があります。

「フラット35」の手続きの流れまとめ

フラット35で融資を受けるためには、住宅金融支援機構が定める基準をクリアしなければなりません。「検査」とか「適合証明」という言葉で不安になってしまいそうですが、検査のためのほとんどの作業は施工者や販売業者が行ってくれるため、構える必要はなそうですね。検査などは事業社が手配してくれるため、フラット35に申し込む段階で特別なことをしなくていいことがわかりました。
建売戸建てやマンションであればすでに適合検査にパスしているかどうか購入を決める段階でわかるため、通常の住宅ローンと同じように申込みを行うだけとなります。

おすすめのフラット35

フラット35は300を超える金融機関で提供されている住宅ローンですが、重要な比較ポイントである「金利」や「事務手数料」には違いがあるため、どの金融期間で借りても同じというわけではありません。「金利」でも「事務手数料」でも最低水準の金融機関で借り入れることで、返済総額を最小にする事ができます。
「金利」・「事務手数料」を最低水準の低さでフラット35を提供しているのは楽天銀行です。その楽天銀行のフラット35の特徴をまとめておきましょう。

楽天銀行のフラット35

checkフラット35はトップクラスの低金利

フラット35取り扱い銀行の中でも最低水準の低金利。

check楽天銀行ならではの特典が多数

楽天銀行口座を支払口座にすると事務手数料が安くなるなど特典多数。

check保証料・繰上げ返済手数料無料

楽天銀行を返済口座にすると事務手数料も割引に。

フラット35 2017年11月適用金利 融資率90%以下の場合
15~20年固定金利:1.300%
21~35年固定金利:1.370%
団信に加入しない場合は、この金利から0.2%引下げた金利が適用になります。

10月にリニューアルされ、補償内容が拡充した上に保険料もそれまでよりお得になった団信に加入した場合の金利になります。この金利はフラット35を提供する金融期間の中でもさいて水準で、最も高い金融機関とは0.5%以上もの差があります。当然、低いほうが良いですよね。

さらに楽天銀行のフラット35は事務手数料も最低水準です。
事務手数料は一般的に借入額の2.16%(税込)が必要になりますが、通常1.404%、楽天銀行を支払口座にするとさらに割安な1.08%と友情の半分程度に抑えることが可能になります。3,000万円を借り入れるとその事務手数料は70万円弱になりますが、楽天銀行ではそれが半分の30万円程度と大きな差があります。こちらも当然安いほうが良いのは当たり前ですね。

返済終了まで金利が変わらないフラット35だからこそ、少しでも低い金利、事務手数料の金融機関を選びましょう。その点で楽天銀行のフラット35は大変おすすめです。

楽天銀行「フラット35」のメリット・デメリットを徹底分析したこちらの特集記事も参考にしてみて下さい。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35)

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る