国内銀行の中でも最低水準の金利と、諸費用の安さを売りに幅広い住宅ローン利用者からの支持を獲得している新生銀行。

今回は「土地を購入してから希望のハウスメーカーで注文住宅を建てたい」「すでに所有している土地に注文住宅を建てたい」という方向けに、新生銀行の住宅ローンは注文住宅で利用することができるのか?また、つなぎ融資を利用することができるのか?について解説していきたいと思います。

新生銀行のつなぎ融資

注文住宅とは

土地を購入してから、または既に所有している土地に、自由に設計して建てる一戸建て住宅のことを“注文住宅”といいます。既に完成した住宅を購入する建売住宅よりも、自分のこだわりを反映させた住宅を手に入れる(建築する)ことができるため、満足度の高いマイホームを手に入れる方法として根強い人気があります。

 

新生銀行の住宅ローンは注文住宅で利用することができる?

住宅ローンは、利用者が万が一完済できなかった場合に備えて、土地と建物を担保として設定されます。そのため「建物が完成していること」が融資の条件になります。(完成していない住宅や、建物の建っていない土地に対しては住宅ローンを利用できません。)

 

しかし、注文住宅で家を建てる際のハウスメーカーへの支払いや土地代金の支払いは、家が完成する前に発生します。そのため、自己資金で上記の支払いに対応する以外の資金繰りの一つとして活用されるのが、「つなぎ融資」と呼ばれる制度です。「つなぎ融資」を利用する事で、住宅建築資金を自己資金で賄うことができなくても注文住宅でマイホームを建築することができるようになります。

 

新生銀行は、自社のつなぎ融資とグループ会社のつなぎ融資を組み合わせることで、「つなぎ融資・注文住宅」に対応しているので、注文住宅を建てたいという方でも新生銀行の住宅ローンを問題なく利用することができます。

 

 

つなぎ融資の使い方

住宅ローンは前述のとおり、完成している住宅に対して融資が実行されるものです。これに対してつなぎ融資は、これから建築する住宅を購入する際に、建物が完成して住宅ローンが実行されるまでの間に必要になる資金(土地代金や、工事の着工時に支払う着工金、上棟時などに支払う中間金、竣工時に支払う竣工金など)を一時的に融資するもので、本番の住宅ローンが融資実行されるタイミングで、一括で返済される短期間のローンです。

 

なお、つなぎ融資の利用にあたっては本番の住宅ローンの審査が完了していて、金融機関から融資の承認を得ていることが前提条件になります。

 

新生銀行で使えるつなぎ融資

新生銀行の住宅ローンを利用する場合、基本的には新生銀行(グループ)が用意しているつなぎ融資2種類から用途にあったつなぎ融資を選択するか、組み合わせて利用するのが良いでしょう。新生銀行では、他金融機関のつなぎ融資も利用することもできますが、一般的につなぎ融資商品は、住宅ローンとセットになったものが多いため、今回は手続きもスムーズに進めることができる新生銀行グループのつなぎ商品について解説します。

 

おすすめ①新生銀行のつなぎ融資

新生銀行が自社で提供しているつなぎ融資は、戸建て住宅建築にかかる「土地購入代金」のみを対象としています(建物建築着工金、建物建築中間金へは利用できません)。

 

金利は、初固定金利タイプ1年の金利が適用されますので、住宅ローンの金利と同じ水準、手数料なども特段発生しないため、かなりお得につなぎ融資を利用できると言えるでしょう。なお、このつなぎ融資商品は新生銀行の住宅ローンで審査承認となっている人のみに限定して利用することができます。

 

金利

年0.75% ※2021年6月契約の場合。(当初固定金利タイプ1年の金利が適用されます)

用途

土地購入代金

借入金額

5 500万円以上8,000万円以下(10万円単位)

ただし、土地購入代金額の100%以内

借入期間

1年以内

担保

新生銀行が第一順位となる担保権設定および設定登記を行う

保証料

不要

手数料

事務取扱手数料、全額繰上返済手数料は無料

団体信用生命保険

あり(保険料は新生銀行負担)

 

 

おすすめ②アプラス(新生銀行グループ)の住宅つなぎローン

新生銀行グループのアプラスでも、つなぎ融資の取り扱いがあります。

こちらは住宅建築における「土地購入代金」だけでなく、建物建築の着工金・中間金等の「住宅建築つなぎ資金」にも対応しているので、幅広いつなぎ融資のニーズに応える事ができる商品です。ちなみに、アプラスの住宅つなぎローンは、新生銀行の住宅ローンの利用が条件ではないので、他の金融機関の住宅ローンの融資内定がとれていれば、利用できる可能性があります。

 

金利

年2.675% ※2021年6月契約の場合(固定金利:短期プライムレート+年1.200%が適用されます)

用途

土地購入代金、建物建築着工金、建物建築中間金

借入金額

500万円以上8,000万円以内(1万円単位)

借入期間

1年以内

担保

原則、アプラスが第一順位となる抵当権(仮登記)の設定を行う

保証料

不要

手数料

事務取扱手数料110,000円(税込)、全額繰上返済手数料は無料

団体信用生命保険

なし

 

新生銀行グループであるアプラスの住宅つなぎローンは、土地の購入代金や、建物建設の着工金・中間金等、融資対象が幅広に設定されています。一方、新生銀行のつなぎ融資については土地購入代金のみを対象にしたものですが、アプラスの住宅つなぎローンに比べ金利がかなり低く設定されているので、土地購入代金のみのつなぎ融資を利用したい場合は、1つ目の新生銀行のつなぎ融資を利用するのがよいでしょう。また、土地購入代金以外もつなぎ融資で資金手当てしたい場合は、アプラスの住宅つなぎローンを活用することになります。

 

 

主な金融機関のつなぎ融資

参考までに、主な金融機関で取り扱っているつなぎ融資の手数料と金利条件を比較して見てみましょう。

 

 

金利

手数料

新生銀行のつなぎ融資

年0.75%

0円

アプラスの住宅つなぎローン

年2.675%

110,000円(税込)

楽天銀行のつなぎローン

年2.63%

110,000円(税込)

イオン銀行のつなぎローン

変動金利+1.60%~1.90%

110,000円(税込)

ARUHIフラットつなぎ

年3.475%

110,000円(税込)

(2021年6月現在)

 

他金融機関では、金利は2%超、事務手数料は110,000円(税込)と設定していることが多いですが、新生銀行のつなぎ融資は金利は1年ものの住宅ローン金利で他社のつなぎ融資などと比較しても金利が低く抑えられており、事務手数料も無料なので、土地購入代金も含めて借り入れを希望される人は、新生銀行で住宅ローン申し込みを検討するのがおすすめです。

※ 細かな条件などは金融機関によって異なりますので、まずは利用を検討している金融機関に問い合わせをしてみましょう。

 

つなぎ融資利用の流れ

以下では、一般的なつなぎ融資を利用する際の流れについて案内していきます。住宅ローンやつなぎ融資を取り扱っている金融機関ごとに手続きが変わる可能性もあるので、詳細は各金融機関に早めに確認することをおすすめします。

1資金計画の確認建築プランが固まってきたタイミングで、建物完成までの資金計画も確認しておきましょう。不動産会社やハウスメーカーにいつのタイミングで、いくらを支払う必要があるのか。また、その支払に際してつなぎ融資などを利用する必要があるかどうかを見極めましょう。
2

住宅ローン申込・審査

住宅ローンの申込みを行うのとあわせて、つなぎ融資を希望する旨も金融機関担当者に伝えておきましょう。
3

住宅ローンの審査承認とつなぎ融資申し込み

住宅ローンの審査承認がおりたら、つなぎ融資の申し込みを進めましょう。
4つなぎ融資の審査、契約つなぎ融資の審査が承認となったら、融資実行日等の契約条件を金融機関担当者と打ち合わせし、契約の手続きを行います。
5つなぎ融資実行つなぎ融資の実行後は、建物が完成し住宅ローンが融資実行されるまで毎月利息のみの返済を行います。
6住宅ローン契約・融資実行、つなぎ融資の完済

建物が完成したあとに、住宅ローンの契約と融資実行となります。

住宅ローンの融資実行によってつなぎ融資は完済となり、以降は住宅ローンの返済が始まります。

 

まとめ

住宅ローン金利が低く抑えられているネット銀行系の住宅ローンですが、つなぎ融資に対応している金融機関はそれほど多くありません。その点、新生銀行は住宅ローンも金利が低く設定されており、低金利のつなぎ融資商品も取り扱っているため、土地購入や注文住宅を検討していてつなぎ融資を利用したいと考えている人には、トータルコストを抑えて借り入れできる可能性が高く、おすすめの住宅ローンです

 

 

満足のいくマイホームづくりのために、つなぎ融資を上手に使っていきましょう。

 

新生銀行の住宅ローン関連記事

Pocket
LINEで送る