新生銀行の住宅ローンは、独自の付加サービスと諸費用を低く抑えられることで人気を集めている住宅ローンです。
諸費用が低いということで借り換えでも人気ですね。

新生銀行の住宅ローンは良いところがある反面、他の銀行に劣る部分も存在します。
新生銀行でベストな住宅ローンを借り入れるために、この記事では新生銀行の住宅ローンのメリット・デメリットを深く掘り下げて見ようと思います。
まずはじめにこちらから新生銀行の詳細をみてメリットや特徴を確認しておきましょう。

では新生銀行の住宅ローンのメリット・デメリットを見ていきましょう。
まずはメリットからです。

新生銀行の住宅ローンのメリットとは?

ではさっそく新生銀行の住宅ローンのメリットを上げてみましょう。

メリット ① 諸費用が安い

住宅ローンを 選ぶ時に重要なことはトータルコストで選ぶことが重要です。
金利が低いことはもちろんですが、意外に金額が多くなるのが保証料や事務手数料などの諸費用です。新生銀行ではこの諸費用が業界最低レベルで安くすみます。

当サイトでおすすめしている多くの銀行の住宅ローンが、保証料は無料、しかし事務手数料が借入額の2.0%というのが一般的です。3,000万円の借り入れの場合の事務手数料は60万円になります。
しかし新生銀行の住宅ローンは、保証料が無料、事務手数料は最大で15万円程度と一般的な住宅ローンに比べてかなり低い水準に抑えることができますね。

新生銀行の借入れに伴う諸費用の比較表

借り換える際には、はじめに住宅ローンを借り入れる際に支払った諸費用がもう一度必要になります。諸費用の低さは、住宅ローンを借り換える時には特に重要ですね。
こういったことが借り換えで高い人気を誇っている要因といえるでしょう。

メリット② いざというときのコントロール返済

「コントロール返済」は、正式名称は元金据置サービスといい、会社の倒産や転職、急な入院など想定していない支出があった場合に、繰上げ返済を行って短縮された返済期間の範囲内で元金返済を据え置き、月々の支払いを利息支払いのみにすることができるサービスです。

新生銀行のコントロール返済説明図

積極的に繰上げ返済を行っておくことで、不意の支出にも対応が可能です。
病気やケガなどでも住宅ローンの返済は待ってはくれません。貯蓄があれば問題ありませんが、住宅ローンの返済を続けつつ貯蓄を増やすのはなかなか大変です。こういった時に繰上げ返済をしておくことで、ピンチを乗り越えられる仕組みがあるのは、利用することがなくても万が一の時に安心できるポイントです。

さらに新生銀行は繰上げ返済手数料が無料な上、1円からインターネットを通じていつでも行うことが可能です。こまめに繰り上げ返済することも可能ですね。

メリット③ 安心保証付き団信

新生銀行の「安心保証付き団信」は、契約者が不慮の事故や病気で要介護状態なった時でも住宅ローンの残高を0円にできるようにするサービスです。借り換えなどで借入時に年齢が高めの方にはより安心のサービスです。

団信は死亡時か高度機能障害状態になったときにしか適用されませんが、それよりも断然状態の良い公的介護保険制度の要介護3以上などの場合でも、保証が適用されます。
さらにこの「安心保証付き団信」の保険料は新生銀行が負担してくれるため無料となっているのは大きなメリットです。
※パワースマート住宅ローン安心パックW、安心パックを利用した場合

メリット④ ネット銀行なのに対面で相談ができる

大手銀行のように全国各地に店舗があるわけではありませんが、本店の東京・横浜・たまプラーザ・名古屋・大阪と大都市圏には対面相談ができる店舗があります。
そして申込後は契約者に専任のスタッフがサポートを行います。
住宅ローンはその商品も複雑ですし、契約となれば不安なことや悩むことも多くありますね。そんな時に実店舗で専門家に対面で相談できるのはありがたいですね。
さらに自分の住宅ローンのことや悩みををよく理解している専任スタッフが相談の対応をしてくれることも大きなメリットといえます。

メリット⑤ 仮審査がないため審査がスムーズ

通常の銀行は住宅ローンを申し込むと審査を2回行いますが、新生銀行は1回の審査で結果が出るため申込みから借入れまでの流れがスムーズに行なえます。

これにより審査の時間が極端に短くなることは無さそうですが、住宅ローンの審査や契約に必要な書類の郵送でのやり取りなど煩わしい手間が少なくで済みますね。

 
金利以外のメリットを中心に説明しましたが、新生銀行の住宅ローンは付加サービスが充実しているのが大きな特徴です。
特に住宅ローンの新規借入れでも借り換えでも必要になる諸費用は現金で用意しなければならないため、その安さは他にはない大きなメリットに違いありません。

 

新生銀行の住宅ローンのデメリット・落とし穴とは?

では新生銀行のデメリットはどんなところでしょうか。

落とし穴① 変動金利が半年後から高くなる

変動金利は、他のタイプの住宅ローンに比べて金利が低く設定されている反面、金利が上昇した場合にはそのリスクが大きくなる商品です。
金利が低いことで人気の変動金利ですが、新生銀行の変動金利は、ホームページを見ると「変動金利(半年型)タイプ」と記載されています。この「半年型」というのが最初の落とし穴です。

通常、変動金利は、半年ごとに金利を見直し、5年に1回返済額が改定されます。
ところが新生銀行の変動金利は、半年後に金利がいきなり上がることになります。簡単に説明すると変動金利とはいいつつも固定金利の当初引上げタイプの半年バージョンといったところでしょうか。

新生銀行の金利一覧の資料を確認してみると、下記のような記述があります。
新生銀行の落とし穴①

新生銀行の変動金利は、0.600%です。
金利が低い住宅ローンで借入ができてホッとしているのもつかの間、半年後には基準金利からマイナス0.65%の金利が適用されるため、12月の基準金利は1.550%ですから、変動金利0.600%で借入れたと思ったら、半年後には0.900%になります
なんと倍近い金利になるわけです。(2017年12月現在)

変動金利で住宅ローンの借入れや借り換えを考えているのであれば、無料で「がん50%保障団信」が付帯するじぶん銀行の変動金利は0.497%住信SBIネット銀行は借り換え限定で0.447%の上に「8疾病保障」が団信に加えて無料で付帯します。
これらの住宅ローンは変動金利とは言え、半年後に急に金利が上がることはありませんし、無料の疾病保障を考えても非常におすすめの住宅ローンです。

では人気の高い10年固定金利はどうでしょうか。
10年固定金利は当初の金利に加えて、当初優遇期間が終了した後の金利を考えなければなりません。

変動金利でおすすめしたじぶん銀行や住信SBIネット銀行は10年固定金利でも当初期間は0.6%台の超低金利です。対して新生銀行は0.900%とかなり高い金利になっています。

<10年固定金利の比較>

 
当初期間の金利10年固定金利:
1.000%
10年固定金利:
0.590%
10年固定金利:
0.720%
当初期間終了後の金利変動金利:
0.900%
変動金利:
1.770%
変動金利:
2.075%
※どの銀行も固定期間終了後は申し出がない限り変動金利へ変更します。

3つの銀行とも10年固定金利で住宅ローンを借り入れ、当初期間が終了しそのまま返済を続けた場合には変動金利に金利タイプが変更になります。
当初固定期間の金利は新生銀行がダントツで高いですが、当初固定型で注意しなければならないのは当初期間終了後の金利です。
当初期間終了後の金利を合わせると新生銀行の10年固定金利がなんら劣らない商品であることがわかります。

つまり新生銀行は固定金利型を選ぶことでメリットがおおきくなる住宅ローンになります。

落とし穴③ 住宅ローン残高が500万円になると金利が高くなる

この制度はなぜあるのか理解に苦しみますが、注意が必要です。
新生銀行の住宅ローンは、どの金利タイプを選んでも住宅ローンの残りが500万円を切ると金利が上がります

新生銀行の金利一覧の資料を確認してみると、下記のような記述があります。
新生銀行の落とし穴③

これを見ると、なんと変動金利であれば基準金利からマイナス0.25%の1.250%、固定金利は基準金利がそのまま適用されます。

この金利引き上げは不可解ですが、住宅ローン残高が500万円の時点で完済のゴールは見えてきています。
金利が上がったとしてもそれによる返済額の増加は僅かな物で、諸費用の低さを考えると大きなお釣りがくると割り切ることも必要かもしれませんね。

新生銀行の住宅ローンのまとめ

新生銀行の住宅ローンは、諸費用が業界最低水準ですむことが特徴的で良い付加サービスを備えている住宅ローンと言えそうです。

しかし金利面をみると変動金利では金利が高めなことがデメリットです。
半年後から金利が上昇することで、じぶん銀行の0.457%住信SBIネット銀行の0.439%(借り換えの場合の金利。新規借入れで諸費用を含まない場合には0.477%)には諸費用の低さというメリットを加味しても敵いそうにありません。

しかし10年固定金利や借り換えであれば、当初期間終了後がじぶん銀行や住信SBIネット銀行に負けない低金利な上に、圧倒的に安い諸費用・「安心保証付き団信」などの高い付加サービスで借入れ候補に入れるべき住宅ローンといえるでしょう。
特に諸費用は住宅ローンを借り換える場合には、返済総額が減るか減らないかに関わる大きな出費です。この諸費用が低い点が借り換えユーザーに人気が高い要因といえそうです。

それぞれの住宅ローンにはメリットもデメリットも当然あります。
それをしっかり把握して判断することが良い住宅ローンを選ぶ秘訣です。よく理解して最良の住宅ローンを選びましょう。

 
※紹介している内容の正確性には万全を期していますが、商品について詳しくは以下の新生銀行の公式サイトから必ずご確認お願いします。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る