ソニー銀行の住宅ローンの概要

ソニー銀行の住宅ローンについて

ソニー銀行は2001年に開業し、ジャパンネット銀行や楽天銀行(旧イーバンク銀行)と並んで日本でもっとも歴史のあるネット銀行の1つです。実は、日本で初めて住宅ローンの取扱いを始めたネット銀行はソニー銀行であり、2017年12月末時点で1兆4,952億円の住宅ローンの残高があります。例えば、全国に店舗を構える新生銀行や先日住宅ローン業務からの撤退を発表した三菱UFJ信託銀行の住宅ローン残高が1兆2,000億円ほど。

オリコン日本顧客満足度調査でも7年連続で満足度1位を獲得し続けており、名実ともにソニー銀行の住宅ローンが多くの人に選ばれていることがわかります。

 

なお、ソニー銀行では2つの住宅ローンを取り扱っています。1つはソニー銀行の住宅ローン(特別な名称はありません)。もう1つは、変動セレクト住宅ローン変動セレクト住宅ローンは、基本商品であるソニー銀行の住宅ローンをベースに変動金利の低金利にこだわりたい人に適した商品設計となっています。

この特集ページではソニー銀行の住宅ローンの特徴や最新金利・金利推移・手数料・団信・審査基準・メリットやデメリットなどを解説しています。この記事がソニー銀行の住宅ローンを候補として考えている人の参考になれば幸いです。

ソニー銀行の住宅ローンの特徴

 

 

ソニー銀行の住宅ローン金利の仕組み

ソニー銀行では2つの住宅ローンを提供し、どちらの住宅ローンも毎月中旬に翌月の住宅ローン金利を発表しています。

変動セレクト住宅ローンは、「通常の住宅ローンと比較して、変動金利は0.30%金利が低く、固定金利は0.10%金利が高く設定されています。また、「新規借入で自己資金10%未満、借り換え」は「自己資金10%以上の新規借り入れよりも0.05%金利が高く設定されています。

この金利設定を「新規借り入れで自己資金10%以上」を基準(AおよびB)として、その基準からの金利差で整理すると以下のようになります。

種類   自己資金 変動金利タイプ 固定金利タイプ

住宅ローン

 

 

新規借入 10%以上 A B
10%未満 A+0.05% B+0.05%
借り換え A+0.05% B+0.05%
変動セレクト住宅ローン 新規借入 10%以上 A-0.30% B+0.10%
10%未満 A-0.25% B+0.15%
借り換え A-0.25% B+0.15%
  • 固定金利タイプの金利は金利を固定する期間で違います。最新の金利は公式サイトでご確認ください。
  • 通常の住宅ローンの事務手数料は43,200円(税込)で、変動セレクト住宅ローンの事務手数料は借入金額×2.16%(税込)です。

 

 

ソニー銀行の住宅ローンが借り換えで人気の理由

ソニー銀行の住宅ローンは借り換えを考えている人におすすめしたい住宅ローンです。

住宅ローンの借り換えを考えている人は、①毎月の返済額や総返済額を抑えるために、低金利にこだわって借り換え先の住宅ローンを選ぶ人、②今の住宅ローンの金利が高い(またはあがる)ので、借り換えを進めたいが将来の金利上昇に備えて金利は固定しておきたい、と言う人が多いと思います。

①の人には変動セレクト住宅ローンの変動金利の低金利は魅力的ですし、②のように「固定金利」を選んで借り換える場合、”住宅ローンの借り換えにかかる諸費用”の負担が少ないソニー銀行の住宅ローンは魅力的です。

諸費用については特に住宅ローンが驚異的な安価であり、一律43,200円になっています。借り換えはしたいが諸費用を抑えたいという方に魅力的なものとなっています。

ソニー銀行の住宅ローンの融資事務手数料

特に「借り換え」で選ばれることが多い「10年固定金利」などの「借り入れ当初からの一定期間の金利を固定するタイプ」の住宅ローンを考えている人は、ぜひソニー銀行の住宅ローンを検討候補に入れてほしいと思っています。

 

ソニー銀行の住宅ローンには「当初期間の金利の優遇幅を大きくする」という金利タイプの住宅ローンはありません。ソニー銀行の住宅ローンの当初期間の金利は他の銀行よりも高くても当初期間経過後も低金利なのです。当初固定金利・期間選択型金利を選ぶ場合、ソニー銀行のこの商品性を念頭に、当初期間経過後の金利もしっかりと確認するようにしましょう。

新規&借り換えで選ばれているのはどっち?

以下は2015年10月~2017年9月までの2年間にソニー銀行の住宅ローンを利用した人が「変動セレクト住宅ローン」と「住宅ローン」のシェアを示したグラフです(出典:ソニー銀行ホームページ)。やはり借り換えでは”諸費用”がかからない”住宅ローン”が圧倒的な人気を集めていることがわかります。

 

 

 

ソニー銀行の住宅ローンの特徴(金利タイプの変更が自由に可能)

一般的な銀行では住宅ローン契約後、変更金利から固定金利への金利タイプの変更は1度だけ可能となっています。しかしソニー銀行では変動から固定、固定から変動という金利タイプの変更が何回でも実施することができます。

※固定金利適用期間中に変動金利または新たな固定金利へ変更すると所定の手数料がかかる場合があります。

メガバンクや地銀はもちろん、ネット専業銀行でも変動金利から固定金利への切り替えは可能ですが、切り替え後に適用される金利は各銀行が定める基準金利から優遇幅が少ないものであり、公式サイト上に掲載されている新規申込者向けのものとことなる金利となります。

たとえば、2018年7月現在で住信SBIネット銀行で変動金利で住宅ローンを借りている方が10年固定金利に金利切り替えをしようとすると基準金利の年2.51%から年1.30%優遇された年1.210%が新たに適用される金利となります。一方のソニー銀行は公式サイト上で掲載されている金利がそのまま適用され、新規申込者と同じ金利が適用されます。

これはソニー銀行の住宅ローン金利の仕組みが期間固定をした優遇金利タイプを提供せず、契約期間を通じ、安価な金利を適用させる金利システムになっているためです。このことは固定期間経過後に適用される変動金利の金利にもいえ、ユーザーにより極めて分かりやすく、フェアな商品設計になっていると言えます。

ソニー銀行の住宅ローンの金利タイプ変更

 

ソニー銀行の住宅ローンの審査基準(年収・勤続年数・雇用形態)

続いて、ソニー銀行の審査基準について確認しましょう。

ソニー銀行の住宅ローンの審査は厳しいと言われることがあります。まず、具体的にどのような点に厳しさがあるのかを確認してみましょう。

ソニー銀行の住宅ローンの審査基準で注意しておきたいポイントは2点。1つは前年度の年収が400万円以上ないと利用できないこと、もう1つは中古の戸建て物件の購入に対応していないことです。特に年収制限は比較的厳しいと言えるでしょう。

年収制限については様々な意見があると思いますが、ソニー銀行の住宅ローンの年収制限が厳しいことは、年収400万円以上の人にしか貸せないほどの良い条件の住宅ローンを提供していることの裏付けとも言えますので条件を満たすことができのであれば、借り入れ・借り換え候補に入れておくべき住宅ローンの1つと言えるでしょう。

  主な条件
利用できる人

・申込時の年齢が20歳以上65歳未満(最終返済日は80歳の誕生日まで)

・前年度年収が400万円以上あること

・ソニー銀行指定の保険会社の団信またはワイド団信に加入できること

・日本国籍・または永住権のある人

資金使途

本人が住むことを前提とした、新築物件の購入、中古マンションの購入、住宅の新築、増改築のための資金およびお取り扱い手数料。または借り換え資金。

※中古の戸建て物件の購入には対応していない

つなぎ融資には対応しておらず

借入可能額

500万円以上1億円以下(10万円単位)

その他

・ペアローンに対応(LGBTの方でも利用可能)

・ワイド団信を取り扱い(金利に年0.2%の上乗せで利用可能)

・派遣社員・契約社員、パート・アルバイトは利用不可

 

無料のがん50%保障特約付き団信が付帯

ソニー銀行では2018年8月から「がん50%保障特約付き団信」の取り扱いを開始しています。じぶん銀行と同様のがんに対する無料の備えを提供したことで、ソニー銀行の住宅ローンはかなり魅力的になりました。

 

 

AIによる住宅ローン審査で仮審査回答が最短60分

ソニー銀行では2018年5月から住宅ローンの仮審査にAIを活用しています。これまで時間(2~6日程度)をかけて人間が行っていた仮審査が自動化されたことで仮審査の結果を最短60分できるようになりました。住宅ローンの仮審査のAI化は住信SBIネット銀行、横浜銀行などでも導入されていますがソニー銀行の仮審査スピードは断トツです。

 

ai

 

団信・疾病保障・3大疾病保障

先ほど説明したがん50%保障団信以外に住宅ローン金利に0.3%を上乗せすることで3大疾病特約を契約することができます。3大疾病特約の商品内容は以下となっています。保障の範囲は決して広くありませんが、最も罹患時のリスクが高い3大疾病に特化しながら、わかりやすさにこだわった商品設計と言えるでしょう。

がん(悪性新生物)に対する保障

保険期間中に、所定のがんに罹患したと医師によって診断されたとき。

急性心筋梗塞に対する保障

責任開始日以降に、次のいずれかの状態に該当したとき。

  • 急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。
  • 急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞の治療を直接の目的として、病院または診療所において手術を受けたとき。

脳卒中に対する保障

責任開始日以降に、次のいずれかの状態に該当したとき。

  • 脳卒中を発病し、その脳卒中により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき。
  • 脳卒中を発病し、その脳卒中の治療を直接の目的として、病院または診療所において手術を受けたとき。

 

 

ワイド団信を取り扱い

ソニー銀行の住宅ローンを利用するには団信への加入が必須です。また、一般団信に加入できない人のための加入条件緩和型の団信である「ワイド団信」にも対応しています。

ネット銀行はあまりワイド団信に対応しない中での対応であり、健康状態に不安を抱える人が利用しやすいだけでなく、「利用時の金利上乗せが+0.2%」となっている点が大きな特徴です。

通常のワイド団信は「利用時の金利上乗せが+0.3%」です。住宅ローンの金利での0.1%は決して無視できませんので、ワイド団信の利用を視野に入れている人はソニー銀行の住宅ローンを選択肢に加えるべきでしょう。

 

なお、ソニー銀行のワイド団信はクレディ・アグリコル生命保険株式会社が引き受け保険会社です。そのクレディ・アグリコル生命保険株式会社のワイド団信では下記の病気での引き受け実績があります。

ワイド団信に加入できるかは病名だけで決まるのではなく、症状により決まるため、同じうつ病でも、症状により加入できたり、できなかったりすることとなります。

病気のカテゴリ ワイド団信で過去に引受実績の病名
代謝異常による病気 糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)、高尿酸血症・痛風など
心臓・血圧の病気 狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)など
脳の病気 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤(脳動脈解離)、てんかん、ギランバレー症候群など
精神・神経の病気 うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症など
食道・胃・腸の病気 潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープなど
肝臓・胆道・膵臓の病気 肝炎・ウイルス肝炎(B型肝炎・C型肝炎)、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープなど
呼吸器(胸部)の病気 喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群など
目・耳・鼻の病気 緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎など
ホルモン・免疫異常による病気 バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデスなど
血液・造血器の病気・異常 貧血、赤血球・白血球の数値異常など
妊娠・女性特有の病気 妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎など

 

 

メガバンクなどでATM手数料の制度改悪の中でソニー銀行のメリット

マイナス金利政策導入以後、金融機関を取り巻く収益環境が悪化し、各種手数料の引き上げに動いています。窓口を利用した手数料の引き上げは多くの金融機関が実施しており、個別の事例でもゆうちょ間のATMを使った無料での振り込み回数の大幅悪化(無制限だったものを2016年10月にから3回に、2018年秋に1回まで改悪)、新生銀行の他行ATM利用手数料体系の改悪、メガバンクのコンビニATM手数料の改悪など制度改悪のニュースばかりが舞い込んでいるのが現状です。

住宅ローン金利をいかに安いものを借りて節約をしようと考えても、こうした金融機関に支払う手数料が発生しては努力も水の泡です。

ソニー銀行では提携ATMの手数料が下記のようになっています。

提携ATM 手数料
入金 引き出し
セブン銀行 無制限で無料 無制限で無料
イオン銀行
イーネット(ミニストップ、ファミリーマート、ヤマザキデイリーストアなど)

合計月間4回まで無料

5回目以上は108円

ローソン
ゆうちょ
三菱UFJ銀行
三井住友銀行

セブン銀行での引き出しが無制限で無料であり、ローソン・ゆうちょ・三菱UFJ銀行、三井住友銀行でも月間4回まで引き出し無料ですので、ソニー銀行をメインバンクとして使った場合、無駄なATM利用料は必要なくなるかもしれませんね。

ソニー銀行の提携ATM手数料は夜間土日祝日も統一されており、そのメリットが際立ちます。

 

優遇プログラムClub Sのステージがアップ

住宅ローンを利用するとソニー銀行が提供するClub Sという優遇プログラムのステージがアップします。Clus Sでは他行振込手数料が無料になったり、ソニーストアでの買い物がいつでも3%割引になるサービスの他、引っ越しやレンタカーなどの優遇サービスも付帯しています。

これがあるからソニー銀行の住宅ローンを選ぶ理由にはならないと思いますが、せっかく利用できるサービスなので最大限活用するようにしましょう!

 

【最後に】ソニー銀行の住宅ローン・変動セレクト住宅ローンの違いとメリット・デメリット

続いて、ソニー銀行で提供している2つの住宅ローンの違いとメリット・デメリットについて確認しておきましょう。最初に比較表で商品性の違いからです。

変動セレクト住宅ローンと住宅ローンの違い

  変動セレクト住宅ローン 住宅ローン
最初に選ぶ金利タイプ

変動金利からスタート

(借り入れ後は金利タイプを自由に変更可能)

好きな金利タイプからスタート

(借り入れ後は金利タイプを自由に変更可能)

事務手数料

借入金額×2.16%

43,200円

保証料

無料

無料

団信保険料

無料(銀行負担)

無料(銀行負担)

繰上返済手数料

無料(一部・全部共に)

無料(一部・全部共に)

金利タイプ変更手数料

無料

無料

金利(変動金利)

変動セレクト住宅ローンの方が0.3%低い

金利(固定金利)

住宅ローンの方が0.1%低い

 

変動セレクト住宅ローンと住宅ローンのメリットとデメリット

上記の比較表の通りですが、変動セレクト住宅ローンのメリットは、なんと言っても変動金利の低金利です。デメリットは、その逆で固定金利に金利を変更した時にやや高い金利になることに加えて、事務手数料が高額(4,000万円の借り入れの場合80万円以上)である点です。住宅ローンのメリットは、固定金利タイプが低金利であることと、事務手数料がわずか42,300円と安価に済むことです。デメリットは、変動セレクト住宅ローンに比べると変動金利の金利が高いという点があげられるでしょう。ソニー銀行の住宅ローンは固定金利を選ぶ方無kのものと言ってよいでしょう。

 

 

 

(参考)ソニー銀行の住宅ローンの金利推移

最後にソニー銀行の住宅ローンの金利推移について確認しておきましょう。

ソニー銀行の住宅ローンの金利は「通常の住宅ローン」と「変動セレクト住宅ローン」で異なります。また、「自己資金10%以上」と「自己資金10%未満」で異なります。

※借り換えの場合、「自己資金10%未満」の金利が適用されます。

2016年10月以降の金利推移を以下のページで紹介していますのでご参考までに確認していただければと思います。

ソニー銀行の住宅ローン金利推移

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る