日本政府が100%出資している住宅金融支援機構と民間金融機関が提携している長期固定型住宅ローンの筆頭であるフラット35。クチコミや評判などで「フラット35の審査は甘い」とよく耳にしますが、実際にはどうなのでしょうか。

結論から申し上げると住宅ローンの中で最も審査に寛容(通りやすい)と言って間違えでないと考えられます。 今回はこの理由を掘り下げて行きたいと思います。 住宅ローンの審査に不安があって心配という方は必見の内容です。

「フラット35」が審査に通りやすいとだけわかればOK、あとは申し込むだけという方は、「フラット35」取り扱いで高いシェアをもつ楽天銀行が、金利・事務手数料ともに最低水準のため非常におすすめです。

では「フラット35」の審査が甘い・通りやすいと考えられる理由を確認して行きましょう。

フラット35の審査が甘い・通りやすいと言われる理由

「フラット35の審査が甘い」と考えられる理由はいくつかあります。それを1つづ説明していきます。

① 住宅金融支援機構の存在目的

フラット35は、日本国が100%出資している独立行政法人の住宅金融支援機構が提供している全期間固定金利タイプの住宅ローンです。住宅金融支援機構が単独で提供しているわけではなく、民間銀行やモーゲージバンクが提携して販売しています。 では、この住宅金融支援機構の目的とはなんでしょうか。

一般の金融機関による住宅の建設等に必要な資金の融通を支援するための貸付債権の譲受け等の業務を行うとともに、一般の金融機関による融通を補完するため の災害復興建築物の建設等に必要な資金の貸付けの業務を行うことにより、住宅の建設等に必要な資金の円滑かつ効率的な融通を図り、もって国民生活の安定と 社会福祉の増進に寄与します。 (住宅金融支援機構HPより引用)

通常、企業の主な目的は利益の追求です。当然、銀行も利益を追求している組織です。しかし、住宅金融支援機構の目的は利益の追求ではなく、「より多くの国民がマイホームを持てるように支援すること」なのです。

このため年齢、職業などでの審査基準も民間住宅ローンと大幅に異なっており、民間住宅ローンを組めない方を国がしっかりサポートするための住宅ローンと言えます。

② 具体的に審査基準がどう違うか?

では、厳しいと言われている銀行の住宅ローンの審査と「フラット35」の審査では、具体的にどこが違うのか気になりますね。

日本で最も住宅ローンシェアが高い三菱UFJ銀行との「フラット35」審査基準を比較してみましょう。
「フラット35」の審査が甘いと言える理由がわかってくるはずです。

審査項目三菱UFJ銀行「フラット35」
職業(会社員・公務員以外への貸し出し)自営業、会社役員も可能アルバイト、パート、自営業、会社役員、派遣社員、契約社員も可能
保証会社の審査および保証ありなし
年収200から300万円以上100万円程度でも可能
勤続年数3年2年
資金用途

自宅の購入・借り換え資金

自宅とセカンドハウスの購入・借り換え
融資可能金額30万円から1億円100万円から8,000万円
団体信用生命保険への加入必須任意

いかがでしょうか。
「フラット35」ではパートやアルバイトの方でも安定した収入があれば住宅ローンを組むことが可能であり、年収も100万円程度でも利用可能な場合があります。

また、団体信用生命保険(団信)への加入が任意であるため、健康上の問題で団信に加入できない方でも住宅ローンが組める点が大きな違いといえます。 このようにどの項目でも軒並み基準が甘くなっていることがわかりますね。

さらに一般の住宅ローンでは公開されていない年収に占める住宅ローンの返済額の割合、返済負担率についても明確な基準が公開されています。

年収400万円未満年収400万円以上
30%以下35%以下

この借入額がこの基準を超えないように調整することが最も重要です。
この割合を超えない範囲であればアルバイトでも借入れできる可能があるわけですから、やはり「フラット35」の審査は他の住宅ローンよりも甘いと考えて良さそうです。

ただし「フラット35」もローンである以上、信用情報の確認が必ず行われるため、誰でも審査が通るわけではありません。
現在、車のローンやキャッシングなどを利用中の人はそれらも含めた借入額となるので注意が必要です。また、過去に携帯電話やスマホの割賦料金・クレジットカードの返済などで延滞したことのある方、債務整理をした方は、信用審査に引っかかりローン審査に落ちてしまうことになります。

その場合にはこの信用情報が消えるまで待たなければならなくなります。遅延であれば半年ほど、債務整理などの重大事故の場合には5年程度の時間が必要となります。

「フラット35」を利用するための条件はこちら

③ 仕組み的に甘くなってしまう?

「フラット35」は「買取型」と言われる形態の取り扱いが多く、これは金融機関が「フラット35」の契約(貸し出し)を行った当日に住宅金融支援機構に債権を売却(金融機関から見れば買取)をするものです。

「フラット35」の扱う金融機関は、融資の案件を取り扱うことで「融資事務手数料」という利ざやを稼ぐビジネスモデルのため、とにかく多くの方に借りてもらおうとするのです。

また、通常の金融機関の住宅ローンであれば、融資した金融機関が貸し倒れなどの損失が発生するリスクを負いますが、証券化を利用した買取型の「フラット35」の場合は、リスクを住宅金融支援機構と投資家が負うことになり、販売しているモーゲージバンクや金融機関はどうしても審査が甘くなってしまう仕組みになっているのです。

つまり

融資事務手数料を稼ぐ事ができれば、ローン契約者が返済できようができまいが気にしないわけです。
実際に、2012年には会計監査院が民間の金融機関の一部で甘い審査が行われているとして、住宅金融支援機構に審査の強化を求めたことがありました。

その内容は、虚偽の申告をして融資金を搾取したり、早期に返済不能となったりする不適正な事例が多く発生している。そのため、住宅金融支援機構の本・支店およびフラット35の取扱量が多く、不適正な事例が発生している39の金融機関を調査したところ、それぞれに対応の甘さが見受けられたというものでした。

借り入れ可能額・限度額から見るフラット35の審査が甘い・通りやすさ

次に「フラット35」とその他民間金融機関のプロパー住宅ローンの年収ごとの借り入れ可能額と限度額を比較してみたいと思います。

金融機関の公式サイト上で借り入れ可能額・限度額のシュミレーションが可能な楽天銀行で「フラット35」と三菱UFJ銀行の固定35年で比較してみました。

年収フラット35三菱UFJ銀行
100万円837万円借りれない
200万円1,683万円1,700万円
300万円2,525万円2,560万円
400万円3,928万円3,410万円
500万円4,910万円4,260万円
600万円5,892万円5,120万円
700万円6,875万円5,970万円

いかがでしょうか?
年収200〜300万円では「フラット35」と三菱UFJ銀行はほぼ横並び、それ以外では「フラット35」のほうが多く借り入れすることが可能であり、この点で審査が通りやすいと言ってよさそうです。 なお、年収200〜300万円でも「フラット35」が、公的であり利益を追求するために存在しないということを考えれば審査に通りやすいと考えられます。

楽天銀行のシミュレーションツールはこちら

三菱UFJ銀行のシミュレーションツールはこちら

「フラット35」審査に通りやすい銀行とは?

次に多くの金融機関が提供している「フラット35」ですが、特に審査に通りやすい銀行が存在するのか?が気になりますね。 審査に不安がある方であればできるだけ通りやすい金融機関で申し込みを行いたくなります。

結論から言うと「フラット35」では原則として審査の結果がどの銀行でも同じものとなるはずです。

しかしながら、金融機関によりフラット35の仮審査の申し込みの入力フォーム(項目)は異なり、申し込みの仕方で審査結果が異なってくることもあるようです。
このため、フラット35を取り扱う複数の金融機関に申し込みをし、本審査が通ったタイミングで実際に契約をする金融機関を決めるのが得策と言えます。

融資事務手数料が格安な楽天銀行(フラット35)

店舗での手厚いサポートが受けられるARUHI(アルヒ)
※ 融資事務手数料は新規借り入れの場合は楽天銀行の2倍の借入額の2.20%、借り換えの場合はWEBから申し込むと借入額の1.10%(税込)

の2つの金融機関が有名ですが、特に住宅ローンの契約時に必要になる新規借り入れの場合でも借り換えの場合でも諸費用が少なく楽天銀行の「フラット35」が特におすすめです。

「フラット35」審査に間違いなく落ちるケースは?

フラット35の事前審査では返済負担率と個信(個人の信用情報)が審査されます。

個信については、下記の信用情報へ照会が行われます。

 ■CIC
 ■JICC
 ■全国銀行個人信用情報センター(KSC)

ここでブラック(異動)登録がされている場合には、「フラット35」でも審査に落ちると考えたほうがよいでしょう。

「フラット35」審査に通りやすい? まとめ

ここまで読んでいただければ「フラット35」の審査がなぜ通りやすいのかを理解していただけたかと思います。

審査に不安がある方や、自営業や個人事業主など一般的に住宅ローン審査に通りにくい方は「フラット35」の方が審査に通る可能性が上がることは間違いありません。住宅ローンの利用時には「フラット35」を中心に申し込みことをおすすめします。

その際の注意点が2点。

注意点1.「フラット35」はどこで借りても同じじゃない

300を超える金融機関で提供される「フラット35」は、金利と事務手数料に違いがあります。
楽天銀行とAURHI(アルヒ)でも金利は同じですが、事務手数料が楽天銀行の方が半分ほど少なくて済みます。

「フラット35」で金利と事務手数料ともに低最低水準で提供しているのは楽天銀行です。
「フラット35」を申し込み場合には、楽天銀行の「フラット35」を第1候補に申し込みを行いましょう。

注意点2.審査は申し込んでみるまでわからない

「フラット35」は返済終了まで金利が変わらない長期固定金利であるため金利が高めです。

変動金利であれば「フラット35」の半分以下の金利水準となっていることから、できれば変動金利で借入れを行いたいと考えいてる方も多いかもしれません。

そんなときはどちらも申し込みを行っておきましょう。
「フラット35」の審査が通常の住宅ローンに比べてゆるいことは間違いないですが、通常の住宅ローンの審査に通るか落ちるかは申し込まなければわかりません。

住宅ローンの審査は申込みから審査が通り融資の実行を行える様になるまで1ヶ月〜2ヶ月の時間が必要になります。
万が一審査に落ちてしまったときに備えることを考えても、2つから3つの借入れ候補に同時に申し込んでおくのが賢い住宅ローンの借り方です。

審査に不安はあるけど「フラット35」以外の住宅ローンにも魅力を感じているならば、同時に申込みを行いましょう。
審査に通っても契約しなければならないわけではないので、複数通ってしまった場合にはその中から最善の住宅ローンを選べば良いだけです。
気軽に申し込みを行いましょう。

おすすめ!楽天銀行「フラット35」

“「フラット35」といえば楽天銀行”というほど高いシェアを持っている銀行が楽天銀行です。

「フラット35」は住宅金融支援機構が金融機関と提携して提供している住宅ローンで、提供している金融期間は300を超えます。しかし『金利』と『手数料』には差があり、最安で「フラット35」を借り入れるにはこの2つのポイントを抑えることが重要ですが、楽天銀行の人気はこのポイントを抑えていることが要因です。

 楽天銀行「フラット35」のここがメリット!
・金利は「フラット35」の最低水準
・事務手数料も「フラット35」の最低水準
・自営業、個人事業主の方やアルバイトでも借入れ可能
・審査も早くつなぎ融資にも対応
・楽天スーパーポイントが貯まりやすい

事務手数料も通常1.414%、楽天銀行を支払口座にすると割安な1.100%借り換えであればさらにお得な0.990%と、普通の銀行の事務手数料2.20%と比較しても最低水準です。

さらにインターネット専業銀行なので、来店不要で電話と郵送のみで借入れが完結できるのも忙しい方にはありがたいサービスです。 新規の借入れでも借り換えでもおすすめの楽天銀行の「フラット35」が気になった方は気軽に公式サイトで借入れシミュレーションを行ってみましょう。

楽天銀行のフラット35

おすすめのネット銀行の住宅ローン auじぶん銀行

auじぶん銀行の住宅ローンは当サイトでも申込み件数ナンバー1の住宅ローンです。

スマホがauユーザーの方や住宅ローンの比較検討をしたことがある方なら名前くらいはみたことがあるのではないでしょうか。
そのauじぶん銀行のおすすめポイントを紹介しましょう。

 auじぶん銀行のここがメリット!
 ・変動金利と10年固定金利は業界最低水準の低金利
 ・がんと診断されたら住宅ローン残高が半分に
 ・契約書の記入や捺印なしでネットで完結
 ・団信、2つの疾病保障、保証料、資金移動、一部繰り上げ返済手数料、収入印紙が全て”0円”
 ・auユーザーなら毎月500円(5年間)をキャッシュバック

業界最低水準の低金利と団信に加えて「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つの歯ペイ保障が金利上乗せなしの無料で付帯する手厚い保障で優良な住宅ローンがauじぶん銀行の住宅ローンです。
特に変動金利は「フラット35」の半分以下の金利となっています。

auじぶん銀行の疾病保障の説明図です

新規の借入れでも借り換えでもおすすめのauじぶん銀行が気になった方は気軽に公式サイトで借入れシミュレーションを行ってみましょう。

 

 
<住宅ローン審査の関連コンテンツ>
>>住宅ローン審査に通りやすい銀行ランキング
>>フラット35の審査は甘い?通りやすい?
>>楽天銀行の住宅ローン審査はゆるい、甘い、厳しい?
>>ARUHIの住宅ローン審査は通りやすい?審査基準とは/落ちた、落ちる場合の対策は?
>>住信SBIネット銀行 住宅ローンの審査基準とは?厳しい?期間、落ちた理由、年収は?
>>ソニー銀行 住宅ローン 審査は厳しい?審査期間、年収、金利について
>>理由と対策を参考にしよう!住宅ローンの審査に通らなかった理由は?
>>個人事業主・自営業者の住宅ローン審査はどのくらいの年収なら安心?
>>パート・アルバイトでも楽天銀行の住宅ローンを借りれる?/限度額、住宅ローン控除について
>>派遣社員の住宅ローン審査とは?フラット35やゆうちょの住宅ローンも解説
>>外国人の住宅ローン審査条件とは?永住権なしでも借りれる?
>>年収200万円台の住宅ローン審査対策/借り入れ上限・可能額、頭金なしは可能?
>>年収300万円台の住宅ローン審査対策/借り入れ上限・可能額、頭金なしは可能?
>>年収400万円台の住宅ローン審査対策/平均いくら借りている?住宅ローン控除とは?
>>年収500万円台の住宅ローン審査対策/月々の返済額、平均・適正の借入額は?いくらまで借りれる?
>>年収600万円台の住宅ローン審査対策/月々の返済額、平均・適正の借入額は?いくらまで借りれる?
>>3000万円を住宅ローンで借りるには? 必要な年収や利息、返済額を計算
 

Pocket
LINEで送る