フラット35は全期間の金利が固定されている「長期固定型住宅ローン」で、固定金利タイプの住宅ローンの代表的な存在です。フラット35は金利が低く、制度も充実していますが、これだけ利用者が増えた理由に審査の通りやすさがあります。実際、インターネット上のクチコミや評判でも「フラット35の審査は甘い」という内容のものを見かけますし、業界内でもフラット35の審査の甘さは有名です。

 

「審査が甘いと本当なの?」と思う人もいると思いますが、筆者もフラット35は国内の様々な住宅ローンの中で最も審査に通りやすい部類にあると思っています

 

今回は、このフラット35の審査が甘い・通りやすいと言われている理由について詳しく解説したいと思います。

 

おすすめの「フラット35」取扱金融機関は?

当サイトでおすすめするフラット35は、フラット35取り扱い金融機関の中で10年連続で貸し出し件数No.1の高いシェアを誇っているのはARUHI(アルヒ)です。

ARUHI(アルヒ)のフラット35の詳細はこちらから

ARUHIのフラット35取り扱いシェア

 

 

フラット35の審査が甘い・通りやすいと言われる理由

「フラット35の審査が甘い」「審査に通りやすい」理由はいくつかあります。順を追って解説していきます。

 

住宅金融支援機構の存在目的

フラット35には普通の住宅ローンと違って国・政府が掲げる中長期的な戦略に基づいた目的があります。

 

はフラット35は、国土交通省が所管する独立行政法人の住宅金融支援機構が提供していますが、住宅金融支援機構は以下の理念に基づいて活動しています。

一般の金融機関による住宅の建設等に必要な資金の融通を支援するための貸付債権の譲受け等の業務を行うとともに、一般の金融機関による融通を補完するための災害復興建築物の建設等に必要な資金の貸付けの業務を行うことにより、住宅の建設等に必要な資金の円滑かつ効率的な融通を図り、もって国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与します。住宅金融支援機構

 

銀行は住宅ローンで収益をあげる必要がありますが、住宅金融支援機構は、「住宅金融市場における安定的な資金供給を支援し、住生活向上への貢献をめざす独立行政法人機関」なので、収益を追求する営利目的の集団ではありません。機構の理念・活動の意義は「より多くの国民が良質なマイホームを持てるように支援すること」にあります。

 

このような背景があるので、民間銀行では審査に落としてしまうような人にも住宅ローンを提供することで、民間住宅ローンを組めない人をしっかりサポートしてくれると言うわけです。

 

具体的に審査基準がどう違うか?

では、厳しいと言われている銀行の住宅ローンの審査と「フラット35」の審査で、具体的にどのようなポイントが違うのかを確認しておきましょう。比較相手は日本最大の銀行三菱UFJ銀行にします。以下の比較結果を確認すると「フラット35」の審査が甘いと言えてしまう理由がわかってくると思います。

 

審査項目三菱UFJ銀行「フラット35」
職業(会社員・公務員以外への貸し出し)自営業、会社役員も可能アルバイト、パート、自営業、会社役員、派遣社員、契約社員も可能
保証会社の審査および保証ありなし
年収公表していないが実質的には300万円以上100万円程度でも可能
勤続年数3年2年
資金用途

自宅の購入・借り換え資金

自宅とセカンドハウスの購入・借り換え
融資可能金額30万円から1億円100万円から8,000万円
団体信用生命保険への加入必須任意

 

年収・職業(働き方)・勤続年数・健康状態など、様々な審査項目で違いがあります。極端な例ですが、パートやアルバイトでも借りられますし、年収も100万円でも利用できたという声があります。また、団体信用生命保険(団信)への加入が任意であるため、健康上の問題で団信に加入できない方でも住宅ローンが組める点も健康状態の審査という観点で大きな違いといえます。(団信がないのは心配だという方はARUHIのスーパーフラットを選べば、ワイド団信の利用が可能となります。)

 

このようにどの項目でも軒並み基準が甘くなっていることがわかりますね。

 

なお、フラット35では年収に対する住宅ローンの返済額の割合「返済負担率」も明確な基準を公開されています。

 

年収400万円未満年収400万円以上
30%以下35%以下

 

いくらフラット35の審査が甘いといっても、この基準を超えて借りることはできません。年収と借入金額の関係性は事前に確認しておくようにしましょう。この割合を超えない範囲であればアルバイトでも借入れできる可能がありますし、低い年収だとしてもこの基準内であれば借りることができるわけです。

 

フラット35の審査が甘いと言っても、個人信用情報の確認は必ず行われますし、誰でも審査が通るわけではありません。また、車のローンやキャッシングなどを利用中だと年間返済負担率の計算はそれらの返済も含んで計算されます。過去に携帯電話やスマホの割賦料金・クレジットカードの返済などで延滞したことのある方、債務整理をした方は、信用審査に引っかかりローン審査に落ちてしまうことになりますし、金融機関の審査をごまかせるわけではありません。

 

 仕組み的に甘くなってしまう?

一般的な「フラット35」は「買取型」と言われる仕組みで提供されています。これは金融機関が「フラット35」の契約(貸し出し)を行った当日に住宅金融支援機構に債権を売却(金融機関から見れば買取)をするものです。

 

「フラット35」の扱う金融機関は、融資の案件を取り扱うことで「融資事務手数料」という収益が手に入るので、多くの人に借りてもらった方が良いわけです。通常の金融機関の住宅ローンの場合、貸し倒れなどの損失リスクを考える必要がありますが、証券化を利用した買取型の「フラット35」の場合は、そのリスクを考える必要がありません。

 

もちろん、そのために住宅金融支援機構が基準を定めているわけですが、販売会社であるモーゲージバンクや銀行の審査は甘くなってしまう仕組みになっているのです。

 

実際に、2012年には会計監査院が民間の金融機関の一部で甘い審査が行われているとして、住宅金融支援機構に審査の強化を求めたことがありました。 その内容は、虚偽の申告をして融資金を搾取したり、早期に返済不能となったりする不適正な事例が多く発生しているというものでした。2019年にもフラット35を投資物件に不正利用したという事象が大きなニュースとなっています。

 

借り入れ可能額・限度額から見るフラット35の審査が甘い・通りやすさ

次に「フラット35」とその他民間金融機関のプロパー住宅ローンの年収ごとの借り入れ可能額と限度額を比較してみたいと思います。 金融機関の公式サイト上で借り入れ可能額・限度額のシュミレーションが可能な楽天銀行で「フラット35」と三菱UFJ銀行の固定35年で比較してみました。

年収フラット35三菱UFJ銀行
100万円837万円借りれない
200万円1,683万円1,700万円
300万円2,525万円2,560万円
400万円3,928万円3,410万円
500万円4,910万円4,260万円
600万円5,892万円5,120万円
700万円6,875万円5,970万円

 

年収200〜300万円では「フラット35」と三菱UFJ銀行はほぼ横並びです。年収200万~300万円の世帯は可処分所得がどうしても少なくなるので多額の融資は破たんにつながる可能性が高くなるためで、さすがのフラット35も返せない金額を貸すことはありません。年収400万円を超えると「フラット35」のほうが多く借り入れできることがわかります。

 

「フラット35」審査に通りやすい銀行とは?

次にフラット35の審査が通りやすい銀行が存在するのか?について気になるケースがあると思います。

 

原則としては「フラット35」は審査の結果がどの銀行でも同じものとなるはずです。ただし、それはあくまでも原則であって、金融機関によりフラット35の仮審査の申し込み時に提供する情報は異なりますし、申し込みの仕方で審査結果が異なってくることがあります。

 

そもそも「微妙な相談事項」がある場合、「親身になって相談に乗ってくれるかどうか」で審査結果が全然違ったものになることがあります。筆者の知人でも楽天銀行の審査に落ちたが、ARUHI(アルヒ)がなんとかしてくれたという話もあります。 

 

「フラット35」審査に落ちるケースは?

フラット35の事前審査では返済負担率と個信(個人の信用情報)が審査されます。 個信については、下記の信用情報へ照会が行われます。

 ■CIC
 ■JICC
 ■全国銀行個人信用情報センター(JBA)

 

ここでブラック(異動)登録がされている場合には、「フラット35」とはいえ審査に落ちると考えておくべきです。また、「物件が基準を満たしていない場合」もフラット35は利用できません。

 

「フラット35」審査に通りやすい? まとめ

ここまで読んでいただければ「フラット35」の審査がなぜ通りやすいのかを理解していただけたかと思います。 審査に不安がある方や、自営業や個人事業主など一般的に住宅ローン審査に通りにくい方は「フラット35」の方が審査に通る可能性が上がることは間違いありません。住宅ローンの利用時には「フラット35」を中心に申し込みことをおすすめします。 その際の注意点が2点。

 

注意点1.「フラット35」はどこで借りても同じじゃない

300を超える金融機関で提供される「フラット35」は、金利と事務手数料に違いがあります。 業界最大手のAURHI(アルヒ)は毎月最低金利水準で提供していますし、ARUHI独自のスーパーフラットという商品も提供しています。

 

「フラット35」を申し込みたい場合には、アルヒの「フラット35」は候補に入れておくべきだと思います。特に自己資金がある程度ある人であれば間違いなくおすすめです。

 

 

注意点2.審査は申し込んでみるまでわからない

「フラット35」は返済終了まで金利が変わらない長期固定金利であるため金利が高めです。 変動金利であれば「フラット35」の半分以下の金利水準となっていることから、できれば変動金利で借入れを行いたいと考えいてる方も多いかもしれません。 そんなときはどちらも申し込みを行っておきましょう。 「フラット35」の審査が通常の住宅ローンに比べてゆるいことは間違いないですが、通常の住宅ローンの審査に通るか落ちるかは申し込まなければわかりません。 住宅ローンの審査は申込みから審査が通り融資の実行を行える様になるまで1ヶ月〜2ヶ月の時間が必要になります。 万が一審査に落ちてしまったときに備えることを考えても、2つから3つの借入れ候補に同時に申し込んでおくのが賢い住宅ローンの借り方です。

 

審査に不安はあるけど「フラット35」以外の住宅ローンにも魅力を感じているならば、同時に申込みを行いましょう。 審査に通っても契約しなければならないわけではないので、複数通ってしまった場合にはその中から最善の住宅ローンを選べば良いだけです。 気軽に申し込みを行いましょう。

 

おすすめ! ARUHI(アルヒ)の「フラット35」

「フラット35」の取り扱いシェアが10年連続No.1‎のARUHI(アルヒ)。 「フラット35」は住宅金融支援機構が金融機関と提携して提供している住宅ローンで、提供している金融期間は300を超えます。

そのなかでもARUHI(アルヒ)が、10年連続で取り扱いシェアNo.1‎を獲得している人気の秘密について確認しておきましょう。

ARUHI(アルヒ)のオリコン顧客満足度調査のバナーです

 ARUHI(アルヒ)の「フラット35」のここがメリット!
 ・金利は「フラット35」の最低水準
 ・借り換えでWEB申込みを行うと事務手数料も「フラット35」最低水準
 ・全国に150以上の店舗を展開し、専門家に直接相談が可能
 ・自己資金に余裕があればより金利が低い「スーパーフラット」もあり
 ・自営業、個人事業主の方でも借入れ可能
 ・審査も早くつなぎ融資にも対応

ARUHIダイレクトというWEBサービスから審査・契約を行うと通常、借入額の2.20%(税込)も必要な事務手数料が借入額の1.10%(税込)と半分で済ますことができます。 (スーパーフラットの新規購入を除く)

手数料が半額にはなりませんが、専門家に対面で相談が可能なこともARUHI(アルヒ)の特徴の1つです。

 

全国に150店舗を展開し相談しやすい体制を整えていることもユーザーの満足度が高い要因でしょう。 ARUHI(アルヒ)の「フラット35」、「スーパーフラット」が気になった方は気軽に公式サイトで借入れシミュレーションを行ってみましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る