住宅ローンで最も心配なことの1つに審査がります。
住宅ローンでは申込みを行うと銀行や保証会社が住宅ローンを貸しても大丈夫かを判定します。これが世の中で最も厳しいと言われる住宅ローンの審査です。土地や物件を担保として提供しているとはいえ、大金をかすわけですから慎重にもなります。
今回はこの住宅ローンの審査についてお話しましょう。

住宅ローンの審査とは

住宅ローンを借りるにあたり銀行では審査を行います。この審査は「人」と「物件」の審査項目に点数を付け総合的に判断するスコアリング方式が一般
的です。

    「人」についての審査項目

  • 勤務先の規模
  • 勤続年数
  • 年収
  • 完済時の年齢
  • 信用情報
    「物件」についての審査項目

  • 価格
  • 立地や利便性
  • 建築確認の有無

どのような項目があり、どの項目がどの位重視されるかは明らかにされておらず、審査を通らないとしてもその理由は教えてもらえません。この審査に通らない理由を教えてもらえない事も住宅ローン審査の厳しさの1つです。

審査に通るためには

審査の詳しい内容は明かされていないですが、これまでたくさんの人が住宅ローンを借りマイホームを購入していいるわけですし、対策の立てようもないと諦める事はありません。審査似あたり気をつけておきたいポイントを解説しておきましょう。

返済負担率を考える

銀行の審査で最も注意するべき項目は返済負担率です。
返済負担率とは、年収における住宅ローン返済額の割合で、一般的には25%以内に抑えると余裕を持った返済ができるとされています。
物件を購入するためにいくら必要で、さらに年収に対する返済額がいくらになるのかを把握して、借入額を決めましょう。35%以上になる場合には返済も厳しくなりますし審査にも通りにくくなる可能性があります。もし購入したい物件に足りない場合には頭金を多めに用意するか、購入する物件を考え直す必要があります。

他の借り入れに注意

車のローンやキャッシングなどを利用中に住宅ローン審査を申し込む場合には注意が必要です。
なぜなら返済負担率にこれらの借入額も含まれるからです。住宅ローンだけで考えた場合には返済負担率が高くなくても、車のローンやキャッシングなどを含めると返済負担率が高くなってしまう場合には、審査に通る可能性が低くなります。
なるべく住宅ローンの申し込みの前に整理しておくことをおすすめします。

ローンの返済に注意

クレジットカードはきちんと返済している場合には信用情報にプラスの影響を与えます。確実に返済していると判断されるためです。
逆を言うと返済が遅延した場合にはマイナスの評価がつき住宅ローンの審査に通りにくくなります。また最近ではスマホの割賦の支払いを遅延にも要注意です。機種変更のタイミングなどで前の機種ん支払いが滞らないように気をつけましょう。

またクレジットカードのキャッシング枠は借入額に組み込まれ返済負担率が上がります。先程から言っているように返済負担率が高くなると審査に通る可能性が低くなります。そのため不要なクレジットカードは住宅ローンの申込みの前に整理しておくことをおすすめします。

このポイントに注意すると審査が通りやすくなるかもしれません。
point_icon
・借入額を無理のない返済額に抑える
・キャッシングなどの借金をしない
・クレジットカードの保有枚数はなるべく少なくする

 
銀行ごとや年収ごと、さらには審査に通りやすいと考えられる住宅ローンなど”審査”に焦点を当てた以下の記事を参考にしてみてください。

<住宅ローン審査の関連コンテンツ>
>>住宅ローン審査に通りやすい銀行ランキング
>>フラット35の審査は甘い?通りやすい?
>>楽天銀行の住宅ローン審査はゆるい、甘い、厳しい?
>>ARUHIの住宅ローン審査は通りやすい?審査基準とは/落ちた、落ちる場合の対策は?
>>住信SBIネット銀行 住宅ローンの審査基準とは?厳しい?期間、落ちた理由、年収は?
>>ソニー銀行 住宅ローン 審査は厳しい?審査期間、年収、金利について
>>理由と対策を参考にしよう!住宅ローンの審査に通らなかった理由は?
>>個人事業主・自営業者の住宅ローン審査はどのくらいの年収なら安心?
>>パート・アルバイトでも楽天銀行の住宅ローンを借りれる?/限度額、住宅ローン控除について
>>派遣社員の住宅ローン審査とは?フラット35やゆうちょの住宅ローンも解説
>>外国人の住宅ローン審査条件とは?永住権なしでも借りれる?
>>年収200万円台の住宅ローン審査対策/借り入れ上限・可能額、頭金なしは可能?
>>年収300万円台の住宅ローン審査対策/借り入れ上限・可能額、頭金なしは可能?
>>年収400万円台の住宅ローン審査対策/平均いくら借りている?住宅ローン控除とは?
>>年収500万円台の住宅ローン審査対策/月々の返済額、平均・適正の借入額は?いくらまで借りれる?
>>年収600万円台の住宅ローン審査対策/月々の返済額、平均・適正の借入額は?いくらまで借りれる?
 

Pocket
LINEで送る