楽天銀行は楽天市場や楽天証券などを展開する楽天グループに属する銀行で旧イーバンク銀行を前身としています。

2017年8月には口座数が600万を超えており、ネット銀行としては日本で始めての事となります。2001年に開業をしてから順調に口座数を増やしています。

楽天銀行の公式サイトはこちら https://www.rakuten-bank.co.jp/

楽天銀行の口座数

楽天銀行では外貨預金、FX、投資信託、海外送金、カードローン、BIG・TOTOや公営競技などの取り扱いとともに、楽天銀行(フラット35)楽天銀行(金利選択型)の2つの住宅ローンを取り扱いしています。特にフラット35は2016年度にみずほ銀行を抜き、国内銀行で取り扱い件数シェアが1位になる躍進見せています。

これだけ人気の楽天銀行の住宅ローンですが、気になるのが住宅ローン審査についてですね、厳しいのはそうではないのかについて本サイト独自の視点で解説していきたいと思います。

楽天銀行の住宅ローン(フラット35)の最新金利や商品詳細情報はこちら

 

楽天銀行の住宅ローン(金利選択型)の最新金利や商品詳細情報はこちら

 

 

金利選択型とフラット35の商品性を比較!【2018年5月金利】

さっそくですが、楽天銀行(フラット35)楽天銀行(金利選択型)の商品性の違いを比較してみましょう。

まず、フラット35は15年から35年返済の長期固定金利を取り揃えている一方で、金利選択型は10年までの比較的な短期固定金利・変動金利を扱っています。

審査結果による融資実行される金利がどうなるかも、両者では大きくことなります。フラット35が審査結果に関わらず金利が変わらない一方、金利選択型は審査結果により基準金利からの引き下げ幅が変わり結果的に最大引き下げ幅を得れない可能性があります。しかしこれは楽天銀行が珍しいわけではなく、多くのメガバンクや地銀も同様の仕組みになっています。

次に団信や疾病保障でも大きな違いでました。この点については次項の審査基準比較で詳細を見て生きたいとおもいますので本項では割愛したいと思います。

次に融資事務手数料でも大きな違いが出ています。フラット35が融資金額の0.972%からである一方、金利選択型は融資金額に関わらず一律324,000円となっています。

  フラット35 金利選択型

金利

15年以上~20年まで 年1.30%

21年以上~35年まで 年1.35%

変動金利 年0.527%から

10年固定金利 1.097%から

金利引き下げ幅

審査結果で変化なし

審査により引き下げ幅が異なる

(※上記金利で借りれない場合がある)

団体信用生命保険

金利込み(加入任意)

金利込み
疾病保障 8疾病保障が無料 新3大疾病が年0.24%金利上乗せ
保証会社 不要 不要
融資事務手数料 融資額の0.972%から 一律324,000円
融資限度額 8,000万円

1億円

※近日中に2億円に変更

 

金利選択型とフラット35の審査基準を比較!

続いて、肝心な審査基準を比較し、審査が厳しいのか甘いのかを見てみたいと思います。

  フラット35 金利選択型
年収 100万円程度でも可 400万円以上
職業・雇用形態 パート、アルバイト、派遣社員も可 パート、アルバイトは不可
勤続年数 転職直後、起業直後でも可 1年以上(個人事業主・法人代表は2年以上)
資金用途 セカンドハウス可 セカンドハウス不可
団信 任意 必須(ワイド団信なし)
 年齢 70歳未満で、完済時年齢が満80歳未満 65歳6ヶ月未満で、完済時年齢が満80歳未満
 諸費用 組み込み 可能  可能 
 ペアローン・収入合算 収入合算は可  債務連帯は可

年収・雇用形態・勤続年数など住宅ローン審査の重要なポイントで両者の違いが大きくでました。

楽天銀行(フラット35)審査に寛容でありつつ、楽天銀行(金利選択型)は年収基準を見ても年収面で余裕がある方に向けた住宅ローンといえ、審査基準はやや厳しめといってよさそうです。

フラット35の審査基準は楽天銀行が決めているものではなく、住宅金融支援機構という日本政府が100%出資している公的な機関が定めており、この審査基準が寛容となっていると表現するのが正しいでしょう。

フラット35の審査についてはフラット35の審査は甘い?通りやすい?を参考にしてください。

 

金利選択型とフラット35の借り入れ可能額(限度額)を比較!

最後に、年収ごとの借り入れ可能額(限度額)という視点で、審査の厳しさを比較してみましょう。

※フラット35は2018年5月適用金利より算出、金利選択型の可能額については、当月の上限金利を適用し試算しています。

年収 フラット35 金利選択型
100万円 829万円
200万円 1,659万円
300万円 2,489万円
400万円 3,871万円 3,117万円
500万円 4,839万円 4,546万円
600万円 5,807万円 5,456万円
700万円 6,755万円 6,365万円
800万円  7,743万円 7,274万円

いずれもフラット35の方が借り入れ可能額(限度額)が大きくなりました。特に年収が400万円の場合には、差額で700万円(20%)も多く借りれる試算となっています。借り入れ限度額の面からもフラット35のほうが審査が甘い、寛容であると言えますね。

より詳細な年収より借り入れ可能額(限度額)をシミュレーションしたい場合には

https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/simulation/income.html

より試算を行ってみてください。

 

金利選択型とフラット35の審査日数・審査期間を比較!

次に金利選択型とフラット35の審査日数と審査期間の比較をして見ましょう。

こうして比較するとフラット35は金利選択型に比べ審査が遅いことが分かりますね。

  フラット35 金利選択型
新規 借り換え 新規 借り換え
仮審査 最短翌日 最短翌日 最短翌日 最短翌日
本審査 7日~14日 7日~14日 2日~10日 3日~7日
融資実行まで 最短35日 最短35日 最短20日 最短20日

 

楽天銀行の住宅ローン審査 事前審査で信用情報の照会は行われる?

楽天銀行の住宅ローン事前審査で信用情報機関への照会が行われるかという点を気にされている方もいらっしゃるかもしれません。結論から申し上げると事前審査で信用情報機関への照会が行われているかは不明です。ただし、遅くても本審査のタイミングでは確実に信用情報機関への照会が行われます。

信用情報機関でのブラック(事故)の情報は5年間記録が残るため、事前審査から本審査への期間の間にどうかなるものではないと考えたほうがよいでしょう。

 

金利選択型とフラット35は保証会社が不要

メガバンクや地銀、信金などの住宅ローンでは系列の保証会社による保証を受けることが住宅ローンを組む条件となり、住宅ローン申し込み時には保証会社による審査も行われることとなります。

楽天銀行の金利選択型とフラット35では保証会社による保証が必要なく、審査も不要となっています。

 

楽天銀行の金利選択型に審査落ち?住宅ローン審査対策とは?

楽天銀行の金利選択型は審査基準が厳し目となっており、残念ながら住宅ローン審査落ちとなってしまったケースがあるかもしれません。

想定される審査落ちの理由としては

・年収が400万円未満であった

・健康上の理由で団信に加入できなかった

・住宅評価額が借り入れ希望額に達しなかった

が想定されます。

年収が400万円以下の方であれば年収基準を200万円以上としているじぶん銀行au住宅ローン、100万円程度でも利用可能な楽天銀行(フラット35)への申し込みが対策と言えます。

じぶん銀行au住宅ローンであればワイド団信の取り扱いにも対応しており、健康上の理由で団信に加入できず住宅ローン審査落ちとなった方の対策ともなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、審査基準や借り入れ可能額など様々な視点で楽天銀行(フラット35)楽天銀行(金利選択型)を比較してみましたが、フラット35の方が寛容である一方、金利選択型は厳しめという結果になりました。年収が400万円を超えている方は両者の住宅ローンに同時に審査申し込みされてはいかがでしょうか。

 

【参考】楽天銀行で取り扱う各種ローン

カードローン

ブライダルローン

オートローン

フリーローン

デビットカード

教育ローン

 

 

Pocket
LINEで送る