「預金連動型住宅ローン」という住宅ローンという商品をご存知でしょうか。

米国で生まれ、日本では東京スター銀行が日本初で取り扱いを開始し、積極的にCM展開をしていたためその存在を認知している方もいいのではないでしょうか。

現在でも預金連動型住宅ローンを取り扱う金融機関は限られますが一部の層には根強い人気があるようです。

今回は「預金連動型住宅ローン」のメリット・デメリットや取り扱う金融機関を紹介していきたと思います。

最後までお付き合いいただければと思います。

 

1.そもそも「預金連動型住宅ローン」とは?

「預金連動型住宅ローン」は住宅ローンの借入残高から、預金残高を引いた分にだけ、住宅ローン金利がかかる住宅ローンであり、住宅ローン金利の支払いという面で、繰上返済を行なうのと同じ効果が有る住宅ローンとなります。

img_som_02

例としては、住宅ローンの借入が2,000万円、普通預金の残高が1,000万円あるとすると、差額の1,000万円に対し、住宅ローン金利が発生することとなります。

日本における「預金連動型住宅ローン」の老舗である、東京スター銀行が2014年に取り扱いを中止していましたが、2016年夏に取り扱いを再開・復活しており、その他にも関西アーバン銀行などの銀行が取り扱いをしています。

 

2.「預金連動型住宅ローン」のメリットとは?

「預金連動型住宅ローン」のメリットは切り上げ返済をせずとも繰上返済を行ったのと同じように住宅ローン金利の支払いコストを抑えられる点です。

なお、住宅ローンの繰上返済をすると住宅ローン控除の金額も減り、還付される税金が減る一方、「預金連動型住宅ローン」は住宅ローン残高には影響がないため、住宅ローン控除にも影響がありません

さらに、住宅ローン繰上返済せずに、手元に資金を残しておくことが可能になりますね。

 

3.「預金連動型住宅ローン」のデメリットとは?

「預金連動型住宅ローン」のデメリットとは住宅ローン金利の高さでしょう。

東京スター銀行の2018年9月「預金連動型住宅ローン」適用金利で変動金利は最優遇金利で年0.800%となり、団信を付帯した際のメンテナンスパック費用年0.504%を加味すると年1.304%の金利となります。

この金利差を考えると、住宅ローン残高に対しかなりの割合の預金を持っておくことが「預金連動型住宅ローン」利用の前提となってしまうと思われます。

4.預金連動型住宅ローンでメリットの有るモデルケースとは?

年収2,000万円、住宅ローン30年返済・残高5,000万円、預金残高1,000万円の場合で試算

2018年9月適用金利で計算

 東京スター銀行
金利年1.304%
月々の支払い167,896円
預金連動による相殺(月辺り)-33,597円
総返済額約4,800万円

夢のような話ですが、住宅ローン残高が5,000万円あり、預金残高が同額の5,000万円あれば、住宅ローン金利負担はゼロである一方、住宅ローン控除の40万円が丸ごと受け取れる計算となります。

 

5.預金連動型住宅ローンを取り扱う金融機関は?

2018年9月現在、主に下記の金融機関で取り扱いをしています。

いずれも地銀、第2地銀での取り扱いとなり、地銀や第2地銀は自行の営業エリア内でしか住宅ローン融資を行わないので利用可能な方は限られそうです。

関西アーバン銀行
東京スター銀行
山陰合同銀行
西武信用金庫
北日本銀行
愛媛銀行
JAバンク

なお、2018年9月現在、新生銀行、みずほ銀行、住信「SBIネット銀行では預金連動型住宅ローンの取り扱いはありません。

 

6.預金連動型 住宅ローンの住宅ローン減税への影響は?

預金連動型 住宅ローンを活用していても住宅ローン減税への影響はなく、規定どおりの減税が受けれます。このため、住宅ローン残高と預金残高が多いほど、住宅ローン減税分の還付が実質的にタダ取りできることとなります。

住宅ローン減税の説明

 

7.最後に

以上のメリット、デメリットを見ると、「預金連動型住宅ローン」は住宅ローン残高が大きく、手元資金も大きい富裕層向けの商品ということがわかりました。とにかく、低金利の住宅ローンを利用したい!という方は変動金利ランキングを参考にしてみてください。

 

 

10年固定金利比較ランキング<2020年11月金利更新>
順位銀行名10年固定金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.540%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
全疾病保障月次返済保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障月次返済保障による手厚い保障は非常におすすめです。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.600%

(固定セレクト住宅ローン)

借入額の
2.20%(税込)
がん団信50
が無料で付帯
詳細を確認


ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん団信50が魅力です。
新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。

3位SBIマネープラザのロゴ画像です

ミスター住宅ローンREAL

0.650%

(当初引下げプラン)※1

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


ネット銀行の低い金利と無料の疾病保障が付帯する手厚い保障の住宅ローンを専門家に住宅ローンの疑問や悩みを相談しながら借り換えを行えるのがSBIマネープラザの大きなメリットです。

4位0.750%

(当初固定金利タイプ)

55,000円(税込)~
165,000円(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位ソニー銀行のロゴ画像です0.900%

(住宅ローン)

一律44,000円
(税込)
がん団信50
が無料で付帯
詳細を確認
6位aeon_bunk_83x420.620%

(当初固定金利)

借入額の2.20%なし公式サイト
詳細を確認
※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
10年固定金利比較ランキングの詳細はこちら

 

<注目の住宅ローン特集記事>
ジャパンネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
楽天銀行(フラット35・金利選択型)の住宅ローンの落とし穴とデメリット
新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
SBIマネープラザの住宅ローンの落とし穴とは?
住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?
イオン銀行 住宅ローンのメリット・デメリットとは?
三井住友銀行の住宅ローンのメリット・デメリットとは?
ジャパンネット銀行の住宅ローン 審査基準を解説 ゆるい?厳しい?
ネット銀行の住宅ローン メリット&デメリット 審査や手数料など解説

 

Pocket
LINEで送る