ジャパンネット銀行のロゴ画像です

ジャパンネット銀行は日本初のインターネット専業銀行です。
「新たな形態の銀行」第一号として普通銀行免許を取得し、2000年に設立され、インターネット銀行として気なるセキュリティ面ではトークン方式のワンタイムパスワードを導入を一早く取り組んできた銀行です。
現在では、ヤフーの子会社となり、ヤフオクを利用する方には決済方法の1つとしておなじみだと思います。

そんなジャパンネット銀行の住宅ローンはどんな商品でしょうか。
 

ジャパンネット銀行の住宅ローン金利

ジャパンネット銀行 2019年8月適用金利

変動金利 5年固定金利 10年固定金利 20年固定金利 35年固定金利
0.415%0.490%0.580%1.240%1.450%

 

ジャパンネット銀行の住宅ローン 注目ポイント

check変動金利と10年固定金利で業界最低水準

check保証料・団信・印紙代・一部繰り上げ返済手数料が無料

checkPCとスマホで契約まで完結

check収入合算やペアローンも利用可能

check保障体制が充実
 

ジャパンネット銀行 住宅ローン詳細

ジャパンネット銀行の住宅ローンのポイントを解説してきましょう。

変動金利と10年固定金利がとにかく低い

ジャパンネット銀行の最大の特徴は、金利が低い事です。
特に変動金利と10年固定金利は業界でも最低水準の金利を実現しています。
10年固定金利などの当初優遇金利も優遇期間も低いですが、優遇が終了してからの金利も低く設定されています。

審査が速い

通常住宅ローンの審査は、申込みから契約まで1ヶ月程度必要になります。これだけ時間がかかるのは審査に時間がかかるからです。
ジャパンネット銀行の審査は事前審査と本審査の2回です。事前審査は最短で30分から5営業日、本審査は3~10営業日となっています。事前審査の最短時間は驚異的です。
ジャパンネット銀行では、既に好評な消費者ローンやビジネスローンの審査に置いてAIの導入を検討していることから、今後、審査にかかる時間は更に維持かくなることが予想されます。

ジャパンネット銀行の取引の流れの説明図です

PCとスマホで契約まで完結

住宅ローンの契約には紙の書類が必須でしたが、2015年にじぶん銀行っが住宅ローンの取扱いと同時に、紙の契約書が不要の住宅ローンを登場させました。ジャパンネット銀行も同様に、これまで必要だった紙の契約書のかわりに写真などのデータでのやり取りとなり、PCやスマホで契約まで行うことができます。これにより、書類や捺印といった煩わしい手間がななりますし、契約書に必要な印紙代も不要になっています。

また、書類の不備などでのやり取りも、これまでは店舗に出向くか郵送していたところが、データを送りなおすだけとなり、審査においても時間の短縮が可能になりそうです。

保障体制が充実

ジャパンネット銀行の住宅ローンは団信(団体信用生命保険)への加入が必須で無料で付帯します。
それ以外にもがんや成人病・糖尿病など3大疾病や8大疾病へ備えたい場合に、金利上乗せになりますが疾病保障を付帯する個が可能です。更に健康状態に問題があり団信への加入ができない方に向けて、加入条件を緩和したワイド団信も取り扱っています。
金利上乗せとは言えこうした保障が充実しているのは選択肢の幅を広げる意味でもプラスのポイントです。

保証料・団信・印紙代・一部繰り上げ返済手数料が無料

保証料・団信が無料なのはもう今の住宅ローンでは当たり前です。
アドバンテージを取るならもう一声欲しくなりますが、ジャパンネット銀行では住宅ローンの契約に必要な印紙代も無料です。これは紙の契約書ではなくデータでやり取りするためですね。
無料になる額としてはそれほど高額ではありませんが、お財布に優しい住宅ローンと言えます。

ジャパンネット銀行の諸費用の説明です

収入合算やペアローンも利用可能

育休制度の整備により、子供ができるまではもちろん、できてからでも夫婦で働いている世帯が増えていますが、ジャパンネット銀行の住宅ローンでは収入合算やペアローンも利用できます。
都市部では住宅価格の高止まりが続いていますが、夫婦の収入ではもう少し借りることが出来る場合では購入できる物件の選択肢を広げることができますね。
 

 

 ジャパンネット銀行 口コミ・レビュー

 ジャパンネット銀行の口コミの投稿はまだありません。

 
口コミの投稿をする
 

Pocket
LINEで送る