住信SBIネット銀行は、2007年に旧住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資して設立したネット銀行です。

ネット銀行の中でも最大規模の銀行で、ネット銀行らしくインターネットを活用した独自のサービスを提供し利用者から人気の高い銀行です。

2020年は変動金利での競争が激化!


ここ数年、低金利が続き圧倒的な人気の金利タイプである変動金利。

2020年7月は、住信SBIネット銀行がネット専用住宅ローン・店舗相談できるミスター住宅ローンREAL(SBIマネープラザで相談・申込可能)の両方の住宅ローンで新規借入で年0.410%(通期引下げプラン)、借り換えなら年0.380%(通期引下げプラン)という非常に低い金利を提示していて大注目です。

注目ポイント

check業界トップクラスの低金利
特に変動金利は驚きの金利水準。

check全疾病保障が無料
3大疾病のほか、5つの重度慢性疾患に加えてケガや病気でもローン残高0円になる保険が無料。

check保証料・団信・全疾病保障・一部繰上返済手数料無料
諸費用負担を抑えられる。

check住宅ローン契約までの全てを電話と郵送で完結
銀行に出向く手間もなくネット環境があればどこからでも契約可能。

住宅ローン概要

住信SBIネット銀行は、2007年に旧住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資して設立したネット銀行です。

経済産業省の関連団体が行っているJCSI(日本版顧客満足度指数)の調査や、オリコンが実施する住宅ローン満足度ランクングでも1位になり、高いサービスと顧客満足度で人気の銀行です。

全疾病保障

団信による死亡、高度障害での保障は一般的ですが、「全疾病保障付き住宅ローン」は、以下の8疾病に加えてケガや病気でもローン残高が0円になります。

がん・脳卒中・急性心筋梗塞・高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎で就業不能状態が12ヶ月を超えて継続

ケガや病気で就業不能状態が12ヶ月を超えて継続

全疾病保障の説明図です

他の銀行でも、全疾病保障は付帯することができますが、付帯するには住宅ローン金利に0.3%程度が上乗せになり、約200万円くらいの返済額が増してしまいます。
この保障に無料で加入できることは、住信SBIネット銀行の最大のメリットと言えるでしょう。

さらに「女性限定がん診断給付金特約」などの保障も充実していて、生命保険などの見直しをすれば保険料の節約も可能です。

業界トップクラスの低金利

変動金利は業界でもトップクラスの最低金利、当初固定金利でも返済総額を抑えることが可能です。

加えて、保証料は無料、金利変更・一部繰上返済手数料は無料(全額繰上返済では固定金利特約期間中の場合のみ33,000円(税込))でパソコン・スマートフォンから申し込みが可能で利便性も良く、返済総額を低く抑えることを重視したい方におすすめです。

また、住宅を購入する際には、住宅購入費用の他にも諸費用がかかりますが、これも合わせて借入れが可能です。

さらに、ネット銀行らしく口座開設から住宅ローン契約までの全てを電話と郵送で完結でき、高い利便性も確保しています。 住信SBIネット銀行は、手厚い保障による安心感、業界トップの低金利、ネット銀行ならではの利便性の高い総合力で、トップクラスの住宅ローンと言えるでしょう。新規借入れでも、借り換えでも検討先の1番手として考える住宅ローンです。

 住信SBIネット銀行 口コミ・レビュー
dansei_comment 年齢:30代
性別:男性
職業:会社員
借入れ銀行:住信SBIネット銀行

神戸市の建売住宅を4,200万円で購入しました。
頭金は600万円で、3,600万円の借入れを住信SBIネット銀行で行いました。 住宅メーカには地元の銀行を勧められ申込はしたのですが、変動金利にしては高いと感じたので、インターネットで比較したネット銀行が目に止まり、申し込んでみようとなりました。
変動金利で最終的な返済総額は決定しませんが、簡単に比較すると、地元の銀行と住信SBIネット銀行では返済総額に差があったので、これは住信SBIネット銀行にするしか無いと思いました。

電話での対応はどの方も親切丁寧でしっかりと対応してくれて好感が持てました。

住信SBIネット銀行では、団信に加え全疾病保障が無料で付帯するのですが、私は現在のところ健康面では特に不安は感じていませんが、35年の返済期間は長いし、この先も健康であるかはわかりません。
全疾病保障も無料であるならば保険として優秀な物ではないでしょうか。

全体的には、金利面や全疾病保障などサービスの面でもおおむね満足しています。

dansei_comment 年齢:30代
性別:男性
職業:会社員
借入れ銀行:住信SBIネット銀行

新築建売の購入で住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用しました。

住宅ローンを組むにあたり、変動金利か固定金利かで悩みました。メインバンクの相談窓口にもいきましたし、関連書籍やインターネットの比較サイトなどで勉強もしまし、結果的にマイナス金利を続けている以上は大きな金利上昇はないだろうと推測し、変動金利に決めました。

それから今度は変動金利の住宅ローンの比較を行いました。その中でも金利が低い住信SBIネット銀行にきめ申込みを行いました。

住信SBIネット銀行は全疾病保障が付いているので生命保険も見直し、若干保険料が安くなりました。その分を貯金していずれは繰上返済を行う予定です。

ネット銀行の手続きは確かに手間ですが、数百万単位で支払総額に差がでることを考えるとチャレンジする価値は充分にあるとおもいます。

私も最初は、メインバンクであるメガバンクでの住宅ローン利用を考えていたのですが、既に住宅を購入した友人に金利の低いネット銀行を教えてもらい知りました。

お金を余分に払いたい人はいないと思います。ちょっとの努力で返済総額を減らせるネット銀行をおすすめします。
今後は金利が上昇するタイミングを見極めて、フラット35など固定金利に借り換えを行いたいですね。それまでは、繰上返済で元本を減らしていきたいと考えています。

josei_comment 年齢:30代
性別:女性
職業:会社員
借入れ銀行:住信SBIネット銀行

神奈川県の川崎市で中古マンションを購入しました。

借入額は2300万円です。借入れの際に金利タイプで迷いましたが、結局、金利の低いネット銀行に申込み、審査に通った住信SBIネット銀行に決めました。

ネット銀行なので、申込みをする際の手続き等、書類の準備を全て自分で進め郵送する必要がありますが、低い金利のためと思い頑張りましたが、終わってみればそれほど煩わしいこともないし、銀行に出向くといった無駄もなく良かったと思っています。

今の時代、インターネットは誰でも使うことができますし、何より金利が低いのは返済額を考えるととてもありがたいことです。
もし、大手銀行とネット銀行で迷っている方は、ぜひネット銀行に申し込んでみることをおすすめします。

dansei_comment年齢:30代
性別:男性
職業:会社員
借入れ銀行:住信SBIネット銀行

宇都宮市内の自宅の建て替えを行いたいと思い、銀行をいくつかあたりました。

結局申し込んだのはメインバンクである三菱UFJ銀行と金利の比較サイトをみて気になった住信SBIネット銀行です。

本命は住信SBIネット銀行だったので、使っていないクレジットカードを解約したりと万全の体制で審査を申込みました。住信SBIネット銀行は金利も低いし、全疾病保障が無料で付くことにメリットを感じていたので、審査を通ってホッとしています。

審査に必要な書類の準備や書類への記入は、全て自分で行わなければなりませし、全ての同意文章も自分で読んで理解して同意しなければなりません。

借入作業はかなり大変でしたが、それでもネット銀行は圧倒的に金利が安いので、もし審査が通るのであればぜひおすすめします。

 
口コミの投稿をする

 

【徹底解説】住信SBIネット銀行の住宅ローン関連特集

 
 

Pocket
LINEで送る