民間金融機関と日本政府が100%出資する住宅金融支援機構が協力し、提供しているフラット35。

フラット35は下記のように急激に金利が低下しており1%台前半で利用可能な状況です。

フラット35の金利推移のグラフです

国民的な住宅ローンであり活用を検討されている方も多いのではないでしょうか?今回はフラット35のメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

 

フラット35のメリット①完済まで返済額が変わらない

フラット35最大のメリットといえば全期間固定金利であるため住宅ローンを借りた時から返済が終了するまで金利が確定し、月々の返済額も確定することでしょう。将来的な金利上昇を気にする必要もなく、完済までの家計設計がしやすくなることがメリットといえます。

フラット35のメリット②保証料無料

民間の住宅ローンであれば融資金額の2.16%必要となる保証料が無料です。また保証人も必要ありません。

フラット35のメリット③審査基準が寛容

住宅金融支援機構はより多くの国民に良質な住宅の取得を手助けするために長期固定型の住宅ローンを低利で提供する業務を担っています。この目的は住宅金融支援機構が日本政府が100%出資する公的な機関であるためといえます。

 

フラット35のメリット④団信に加入の必要なし

民間の住宅ローンは団信に必ず加入しなければならず、健康状態が理由で団信に加入できないと住宅ローン審査落ちとなります。

しかし、フラット35は団信への任意加入であるため、団信に加入できない方でも住宅ローンを組むことができます。現金で数千万円もの住宅を購入できる方は極めて少数であり、住宅購入時に住宅ローンを組むのが必然となることを考えると健康状態に問題がある方には心強い存在となるのではないでしょうか。

 

フラット35のデメリット①金利が高めの誤解

フラット35は、変動金利や固定期間選択型に比べ金利は高めになります。実際に金利ランキングをご紹介したいと思います。

住宅ローン借り換え比較ランキング<2018年10月金利更新>
順位銀行名変動金利固定金利事務手数料保証料申込み
1位jibun_bank_83x420.457%10年固定:
0.690%
借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
1位au_housingloan_83x420.457%10年固定:
0.690%
借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
2位SBIマネープラザのロゴ画像です0.428%10年固定:
0.860%
20年固定:
1.360%
借入額の2.16%0円公式サイト
3位sumishinsbi_bank_83x420.428%10年固定:
0.860%
20年固定:
1.360%
借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
4位楽天銀行のロゴ画像です
金利選択型
0.527%
10年固定:
1.204%
一律
324,000
0円公式サイト
詳細を確認
5位risona_bank_83x42
2018年10月適用金利
0.429%
※1
10年固定:
0.750%
20年固定:
1.100%
※1
32,400円
+
借入額の2.16%
0円公式サイト
詳細を確認
6位楽天銀行のロゴ画像です
フラット35
なし20年以内:
1.330%
21年以上:
1.410%
※2
借入額の
0.972%
0円公式サイト
詳細を確認
7位ARUHIのロゴ画像です
フラット35
なし20年以内:
1.330%
21年以上:
1.410%
※2
借入額の
1.08%
0円公式サイト
詳細を確認
8位0.900%
※3
10年固定:
1.100%
54,000円

162,000円
0円公式サイト
詳細を確認
9位0.490%10年固定:
0.690%
借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
※1 住宅ローン借り換えWEB申込限定プランの2018年10月の金利適用時。
※2 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。
※3 最初の半年間は0.600%。
借り換え比較ランキングの詳細はこちら

変動金利をじぶん銀行住信SBIネット銀行などが年0.50%の金利を提供する一方で、フラット35は2017年11月現在で年1.370%となっており、確かに高めな印象を受けますが、現在の日本の金融政策を一度振り返りたいと思います。2016年より導入されているマイナス金利・ゼロ金利政策により日本国内の金利はかつてなく低い水準となっており、今後さらに金利が下がる可能性よりも上昇するリスクを考えたほうがよい水準です。こした低水準の金利環境を享受できるタイミングで長期固定金利型のフラット35を利用するメリットだと考えるのが適切ではないでしょうか。

 

フラット35のデメリット①金利が高めの誤解

フラット35で団信に加入したい場合は、借入残高に応じた特約料を住宅ローンの返済額とは別に毎年支払う必要があります。例えば、3,000万円の融資を受けた人なら、最初のうちは年間10万円以上の保険料を払うことになります。

 

フラット35のデメリット②融資事務手数料が2.16%必要

フラット35では借入額に対して2.16%の事務手数料が必要になります。ただし保証料は不要です。例えば2,000万借り入れすると、約43万円もの費用となり大きなインパクトがありますね。

ただし、楽天銀行では借り換えの場合の融資事務手数料を0.972%と格安に設定していますのでぜひ活用を検討ください。

 

フラット35のデメリット③一回あたりの繰上げ返済額が高め

民間住宅ローンでは1円から何度でも返済が可能な銀行もありますが、フラット35では1回あたりの繰上げ返済額は100万円以上と決められています。

 

フラット35のまとめ

フラット35のメリットは何といっても金利を固定することによる毎月の返済額を固定できることです。変動金利のように金利の上昇にビクビクすることなく、毎月の返済額を払い続けられます。金利の低下による返済額の減少という恩恵は受けることができませんが、現在の超低金利ではあまり金利低下の余地はないと思われるので、非常におすすめです。
また審査が民間銀行に比べ甘いので、他の銀行で審査に落ちた方や、健康い面に不安がある方にも検討する余地のある住宅ローンです。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る