楽天銀行のロゴ画像です楽天銀行は、楽天株式会社の子会社で、2010年にイーバンク銀行株式会社から商号変更をして国内で二番目に誕生したネット銀行です。 住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供する「フラット35」を中心とした住宅ローンで、ネット銀行ならではの低金利とインターネットを利用したサービスで顧客獲得に定評のある銀行です。

楽天銀行の「フラット35」

楽天銀行 フラット35 2018年11月適用金利 借入額が90%以内の場合

15~20年固定金利 21~35年固定金利
1.350%1.450%

※ 機構団信の加入した場合の金利になります。団信に加入しない場合には上記の金利から0.2%引下げとなります。

楽天銀行の「フラット35」 注目ポイント

checkフラット35はトップクラスの低金利
フラット35取り扱い銀行の中でも最低水準の低金利。

check楽天銀行ならではの特典が多数
楽天銀行口座を支払口座にすると事務手数料が安くなるなど特典多数。

check保証料・繰上げ返済手数料無料
変動金利住宅ローンは団信も無料。

check諸費用の上乗せ融資も可能
住宅ローンの契約時にかかる諸費用の一部を借入額に含めることも可能。

フラット35

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構および前身の住宅金融公庫の証券化支援事業をもとに提供している長期固定金利住宅ローンです。長期固定金利住宅ローンは、資金の受取り時に返済終了までの借入金利・返済額が確定する住宅ローンなので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。 つまり、返済終了まで金利上昇によるリスクを避けることができるのが最大の特徴です。

金利も事務手数料も最低水準

多くの金融機関で提供しているフラット35ですが、金利や事務手数料には違いがあり安易に選んでしまうと思わぬ損をしてしまいます。最も安く借り入れるには「金利」と「事務手数料」が低いところを選ばなければなりませんが、楽天銀行はこのどちらも最低水準でフラット35を提供しています。

まず金利ですが、フラット35を提供している金融機関で一番高い金利は2%を超えるものとなっていますが、楽天銀行のフラット35の金利の低さは言うまでもないですね。金利に関しては最も低くフラット35を提供しているのが楽天銀行です。

次に事務手数料ですが、通常は1.404%、楽天銀行を支払口座にするとさらに割安な1.08%とフラット35を提供する金融機関としては最低水準となっていて、普通の銀行の事務手数料2.16%と比較してもかなり低い水準です。

また、フラット35の審査は住宅金融支援機構が行うため、民間の銀行の基準とは違います。 民間の銀行が貸し倒れリスクを避けるためにあらゆる角度から審査するのに比べ、住宅金融支援機構の審査は、対象の物件が基準にあっているかどうかが審査のポイントになります。民間の銀行に住宅ローンを申し込んでも審査に通らなかった方でも、フラット35は審査に通る可能があります。

楽天銀行の金利選択型住宅ローン

楽天銀行 金利選択型 2018年11月適用金利

変動金利 5年固定金利 7年固定金利 10年固定金利
0.527%~1.012%~1.099%~1.242%~

楽天銀行の金利選択型住宅ローン 注目ポイント

check変動金利はトップクラスの低金利
変動金利のランキングでも上位の低金利。

check全疾病特約が無料で付帯
団信に加えて「全疾病特約」も無料で付帯する充実の保障。

check事務手数料が安い
事務手数料がいくら借入れても一律で324,000円で最安水準。

check保証料・繰上げ返済手数料無料
繰り上げ返済は1万円から返済可能。

金利選択型住宅ローン

楽天銀行の住宅ローンは、フラット35が知られていますが、通常の金利選択型住宅ローンも取り扱っています。 「フラット35」のイメージが強い楽天銀行ですが、この金利選択型住宅ローンもなかなかおすすめの住宅ローンです。
その楽天銀行の金利選択型住宅ローンの特徴は、金利、特に変動金利の低さと事務手数料の安さ、それに加えて「全疾病特約」が団信に加えて無料で付帯することです。

団信に加えて「全疾病特約」が無料で付帯

通常の住宅ローンでは団信への加入が必須となっています。団信は契約者が死亡または高度機能障害時に残りの住宅ローン残高が保障されますが、楽天銀行の金利選択型住宅ローンには団信に加えて無料で「全疾病特約」が付帯します。「全疾病特約」では余命6ヶ月以内と判断されたとき、さらに病気やケガで所定の就業不能状態が12ヶ月継続した場合にも残りの住宅ローン残高が0円になります。
団信以上の手厚い保障が無料で付帯するのが楽天銀行の金利選択型住宅ローンの大きな特徴です。

楽天銀行金利選択型住宅ローンの全疾病特約の説明図です

金利選択型でも低い事務手数料

ネット銀行の事務手数料は通常では借入額の2.16%ですが、楽天銀行はいくら借り入れても一律で324,000円と大幅に安くなります。現金での支払が必要で元金が減るわけでもない”手数料”はできるだけ安く済ませておくに越したことはありませんね。
また、ネット銀行の中では比較的に審査が通りやすい傾向があるようです。これは基準金利から審査結果に応じて引き下げ優遇が決まり、最終的な金利が決まるという景色のためで、審査によっては、下限の金利では決まらない可能性もありますが、他の銀行で審査が通らない方、審査に不安がある方におすすめです。

楽天銀行の金利選択型住宅ローンは、変動金利での借入れを検討していて事務手数料などの諸費用はなるべく安く抑えたいと考える方に最適です。さらに団信に加えて無料で付帯する「全疾病特約」による手厚い保障も加わることで、借り換えを考えている方にもおすすめできる住宅ローンでしょう。

 

 楽天銀行 口コミ・レビュー
dansei_comment
年齢:30代
性別:男性
職業:自営業
借入れ銀行:楽天銀行

自営業なので、審査に通りやすいと言われているフラット35で住宅ローンを探していました。 フラット35自体はどこの銀行でも扱っているので、いろいろネットなどで比較した結果、金利はネット銀行ならば差はなく、事務手数料の違いで楽天銀行を選びました。楽天銀行を返済口座にしなければなりませんが、借入金の1.08%と他社の半分でかなりお得です。 個人的に楽天市場のイメージで楽天には良い印象はなかったのですが、楽天銀行自体はやり取りは郵送と電話で行えましたし、電話でのやり取りも親切丁寧で好印象でした。ただ、書類の確認や理解して同意するのは時間が必要で、ひょっとすると窓口でやり取りしたほうが効率的かもしれません。これは金利の低さとトレードオフする部分でしょう。 審査には、2ヶ月程掛かりました。これも、書類のやり取りがスムーズにできれていればもう少し早く結果が出たかもしれません。 自営業というのもありフラット35を選びましたが、変動金利はマイナス金利の間は金利は上昇しないと言われてもどうしても心配でしたし、住宅ローン金利を気にしなければならないのも精神的に落ち着かなくなりそうだったので、返済が終わるまで金利が固定されるフラット35を選びました。仮に、フラット35の金利が今後、大幅に引き下げになった場合には、借り換えを行うことでリカバリーできると思っています。 個人的には大変満足できる住宅ローンでした。 特に変動金利で金利を気にすることが心配な方や、自営業の方には、今の非常に低い金利のフラット35は一考の余地があると思います。

  口コミの投稿をする  

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る