住宅ローンの金利には主に3つのタイプがあります。

・変動金利型
6ヶ月ごとに金利を見直すタイプ。
金利見直しのタイミングで金利が変動しても返済額は5年間変わらない。

・固定金利選択型
3年、5年、10年、20年など一定期間金利を固定するタイプ。
期間終了後は再度どの金利タイプにするか選択する。

・固定金利型
全返済期間の金利を固定するタイプ。
途中で返済金額が増える心配はないが、長期間の金利を約束している分金利は高め。

どのタイプの金利を選択するかは、住宅ローン選びの重要なポイントです。
一般的に、住宅ローンは高額で長期の借入れになるので固定金利がセオリーとされています。
固定金利型では借入時に返済までの金利が決定します。つまり、毎月の返済額と総返済額の上限が決定されるので、返済中の毎月の家計管理もしやすく老後の生活資金のプランニングもしやすくなります。

固定金利型を選択した場合のリスクは、借入後にさらに金利が低下すると結果的に金利負担が大きくなるという点ですが、このリスクは低金利のものに借り換えを行うことによってある程度防ぐことができます。将来、借り換えがしやすいように、なるべく繰上げ返済を行ってローン残高を減らしておくなどの対策も必要です。

point_icon
・高額で長期の借入れの住宅ローンは固定金利型がセオリー
・固定金利型で借入後に金利が低下しても借り換えを行うことによってある程度防ぐことができる

Pocket
LINEで送る