県の中央部に位置する県庁所在地である津市、伊勢神宮がある伊勢市、県内最大の都市で工業地帯の四日市市など多くの有名な都市がある三重県。その三重県に本店を構える銀行は、三重銀行・百五銀行・第三銀行の3行です。
3つも地方銀行を抱えている都道府県はあまりありません。しかも本店がすべて違う市というのも三重県ならではです。

そんな三重県で「フラット35」を利用しようと思った場合には、どの銀行の「フラット35」を選べばよいのでしょうか。
多くの金融機関で提供されている「フラット35」ですが、金利と事務手数料に違いがあり、しっかり比較して選ばないと他よりも高い金利や事務手数料で借りてしまうことになります。
「フラット35」の金利は契約から返済終了まで変わらない全期間固定型なので、高い金利で借りてしまうと返済総額が増えてしまいますし、事務手数料にしても住宅ローンを借りるための手数料に他よりも高い金額を支払う事になってしまいます。

今回は三重県で利用できる「フラット35」の金利と事務手数料を比較して、最も金利と事務手数料の低い「フラット35」を決定します。

三重県で「フラット35」を借りられる銀行は?

まずは、県民の皆さんの身近にある県内の地方銀行で、「フラット35」を取り扱っているのかを確認してみましょう。

三重銀行・百五銀行・第三銀行ともに公式ホームページで「フラット35」の取り扱いを確認出来ました。更に金利や融資条件などの細かい情報も掲載され、事前に情報を把握することが可能です。

地方銀行ではプロパーの住宅ローンに力を入れているため、住宅金融支援機構と提携して提供している「フラット35」の取り扱いは、収益性が良くないのか手を抜かれがちです。店舗に出向き相談する形であれば「フラット35」についてもしっかり教えてくれるとは思いますが、今は、利用しようと思ったらまずはインターネットで検索しますよね。
そんなときでも三重県でいずれの銀行でも事前に詳しい情報を得ることができ、「フラット35」を利用しやすい環境が整っていると言えそうです。

さて、まだ三重県で「フラット35」を利用できる銀行があります。
それはインターネット銀行の「フラット35」です。インターネット銀行は地方銀行とは違い、営業できる区域が指定されておらず全国どこからでも、パソコンやスマホで申し込みが行える銀行です。

インターネット銀行で「フラット35」の取り扱いで高いシェアを持っているのは楽天銀行です。もちろん楽天銀行の公式ホームページでは、「フラット35」の金利や事務手数料などがわかりやすく表記されています。

このインターネット銀行代表の楽天銀行と地方銀行の3行の「フラット35」の金利と事務手数料に焦点を当てて比較してみましょう。本当に違いはあるのでしょうか。

三重県で「フラット35」を利用できる銀行を比較

同じ商品で多くの金融機関で提供されている「フラット35」ですが、金利や事務手数料に違いはあるのでしょうか。
県内の三重銀行・百五銀行・第三銀行と楽天銀行の「フラット35」を比較してみましょう。

三重県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
三重銀行フラット35:1.260%借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
百五銀行フラット20:1.060%
フラット35:1.110%
借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
第三銀行フラット20:1.060%
フラット35:1.110%
借入額の1.84% (税込)記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.060%
フラット35:1.110%
借入額の1.100% (税込)無料 公式サイト
※「フラット35」融資率9割以下の金利になります。
※1 返済用口座と給与受取り口座が同一の場合。返済用口座と給与受取り口座が異なる場合は108,000円(税込)
※2 新規借り入れで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
借り換えでの利用で返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の0.990% (税込)。

さあ、どうでしょうか。
同じ「フラット35」なのに違いがありますね。

金利は三重銀行のみ高いだけで他の3行は同じで、これは「フラット35」の最も低い金利です。
更に事務手数料も三重銀行と百五銀行は借入額の2.20%(税込)、第三銀行が借入額の1.84%(税込)と高めなことに対して、楽天銀行では新規の借入れで楽天銀行を返済口座にすると借入額の1.100%、借り換えであれば更に少ない借入額の0.990%と、県内の銀行の半分程度と違いあがることがわかりました。

これが「フラット35」はしっかり比較して選ばないと損をしてしまうといった理由です。
何も知らずに三重銀行で「フラット35」を借りた場合には月々の返済額も増えてしまいますし、契約時の諸費用も多く払う事になっていたところです。

三重県で「フラット35」を借りるなら楽天銀行

先程の比較でわかったとおり、「フラット35」は提供する金融機関により金利と事務手数料に違いがあり、そのどちらも最低水準で「フラット35」を提供している、つまり一番安く「フラット35」を借りられるのは楽天銀行の「フラット35」になります。
県内で「フラット35」の利用を検討している方は、楽天銀行をまずは借り入れ候補にいれることをおすすめします。

インターネット銀行ということで、店舗がないことを心配する方もいるかも知れません。
楽天銀行では店舗がないかわりに、電話やオンラインでの相談体制に力を入れ、2018年にはオリコンの顧客満足度調査で1位を獲得するなど、ユーザーから高い顧客満足度を得ています。

楽天銀行のオンライン相談の予約の仕方説明図

楽天銀行の電話やチャットソフトSkypeでの相談は予約制で、平日土日の22時まで相談が可能です。
銀行の窓口の営業時間よりも遥かに長く、自宅などから相談できることは、直接店舗に出向く時間を取りにくい忙しい方にはかえって利用しやすい環境といえます。
気軽に相談してみはいかがでしょうか。

楽天銀行の「フラット35」について詳しく解説&分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)

 

 

Pocket
LINEで送る