長崎県は、九州地方北西端に位置しています。県内には五島列島・壱岐島・対馬など数多くの離島があり、47都道府県中最も島が多い都道府県です。
長崎県内に本店をおく地方銀行は3つあります。その中でも預金額・貸出額・店舗数など最大のシェアを持つのは十八銀行です。それに続くのが、親和銀行と長崎銀行です。

長崎県内で「フラット35」を利用しようと思ったら地元の銀行がまず思い浮かぶと思います。しかし、本当にそれがベストなのでしょうか。
地元の銀行をはじめ多くの金融機関が提供している「フラット35」は、金融機関によって金利と事務手数料に違いがあります。長崎県内の銀行は、金利・事務手数料ともに最低水準で「フラット35」を提供しているのでしょうか。

長崎県内で「フラット35」を利用できる金融機関は?

冒頭でもお話したとおり、「フラット35」を利用しよう = 住宅ローンを借りようと思ったらまず銀行に行きますよね。県内で銀行といえば、十八銀行や親和銀行、長崎銀行が思い浮かぶ方が多いと思います。
しかし問題はこの3つの銀行が金利と事務手数料ともに最低水準で「フラット35」を提供しているのかどうかです。

スマホやPCでこの記事をご覧になっている方であれば、インターネット銀行の存在はご存知だと思います。店舗を持たずに銀行業を行うインターネット銀行でも「フラット35」を提供していますが、中でもARUHI(アルヒ)は金融機関によって差がある「フラット35」の金利と事務手数料を最低水準で提供している金融機関です。

県内の3つの銀行とARUHI(アルヒ)の「フラット35」を比較して確かめてみましょう。

長崎県で最も安く「フラット35」を借りるには?

本当にARUHI(アルヒ)の「フラット35」は、県内の3つの地方銀行よりも金利と事務手数料が低い(安い)のでしょうか。
比較してみましょう。

長崎県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
十八銀行フラット20:1.220%
フラット35:1.290%
借入額の1.5% (税込)記載なし公式サイト
親和銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
長崎銀行フラット20:1.460%
フラット35:1.530%
54,000円(税込)記載なし公式サイト
ARUHI(アルヒ)フラット20:1.220%
フラット35:1.290%
借入額の1.100% (税込)
※1
無料公式サイト
※「フラット35」融資率9割以下の金利になります。
※1 借り換えでWEBから申し込みをした場合の手数料。
それ以外は2.200% (税込)。

県内の3つ銀行とARUHI(アルヒ)の「フラット35」を比較してみましたが、いかがでしょうか。「フラット35」という同じ商品を提供しているにもかかわらず、金利と事務手数料には違いがあることがわかったと思います。

親和銀行の公式ホームページには、「フラット35」を取り扱っていることは記載されているものの、金利や事務手数料などの細かい情報は店舗にて案内するとのことでした。
詳しい情報が事前に確認できないことは利用者には残念なことです。あまり「フラット35」には力を入れていないということでしょうか。

金利は十八銀行とARUHI(アルヒ)は同じですが、事務手数料に違いがありますね。事務手数料に関しては、長崎銀行が55,000円の定額で最安ですが金利はかなり高く設定されています。

おすすめ! ARUHI(アルヒ)の「フラット35」

「フラット35」の取り扱いシェアが9年連続No.1‎のARUHI(アルヒ)。

「フラット35」は住宅金融支援機構が金融機関と提携して提供している住宅ローンで、提供している金融期間は300を超えます。
そのなかでもARUHI(アルヒ)が、9年連続で取り扱いシェアNo.1‎を獲得している人気の秘密はなんでしょうか。

ARUHI(アルヒ)のオリコン顧客満足度調査のバナーです

 ARUHI(アルヒ)の「フラット35」のここがメリット!
 ・金利は「フラット35」の最低水準
 ・借り換えでWEB申込みを行うと事務手数料も「フラット35」最低水準
 ・全国に150以上の店舗を展開し、専門家に直接相談が可能
 ・自己資金に余裕があればより金利が低い「スーパーフラット」もあり
 ・自営業、個人事業主の方やアルバイトでも借入れ可能
 ・審査も早くつなぎ融資にも対応

借り換えでWEBから申し込みを行うと通常、借入額の2.20%(税込)も必要な事務手数料が借入額の1.10%(税込)と半分で済ますことができます。

さらに専門家に対面で相談が可能なこともARUHI(アルヒ)の特徴の1つです。
全国に150店舗を展開し相談しやすい体制を整えていることもユーザーの満足度が高い要因でしょう。

ARUHI(アルヒ)の「フラット35」、「スーパーフラット」が気になった方は気軽に公式サイトで借入れシミュレーションを行ってみましょう。

熊本県内のARUHI(アルヒ)の店舗情報

ARUHI(アルヒ) 熊本店

ARUHI(アルヒ) 熊本店
営業時間平日 10:00~19:00
土日 10:00~18:00
定休日水曜日・祝日・年末年始
所在地〒850-0057
長崎県長崎市大黒町2-5
アリオッソII 1F
アクセス長崎電気鉄道 「長崎駅前」 徒歩1分
JR長崎本線 「長崎駅」 徒歩1分

ARUHI(アルヒ) 長崎店のマップです

 

「フラット35」だけでなく35年固定金利がより低金利へ
日銀による金融緩和政策が行われるまで35年間も金利が変わらない超長期の固定金利は「フラット35」の独壇場でしたが、その状況は変わってきています。

金融緩和により住宅ローン金利は大きく低下していますが、その中でも超長期の固定金利の低下が著しく、「フラット35」よりも低い金利となっている住宅ローンが出てきています。

例えば、auじぶん銀行の35年固定金利(当初期間引き下げプラン)は1.315%(2020年6月現在)と「フラット35」の1.290%(住宅購入価額に対するお借入額の占める割合が90%以内の場合)よりも低い金利で提供されています。

更にauじぶん銀行の住宅ローンには団信に加えて「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つの疾病保障が金利上乗せなしで付帯する手厚い保障も用意され、「フラット35」とは金利の差だけでなく保障面でも大きな差がある住宅ローンになっています。

新生銀行の35年固定金利は借り入れから10年目以降から金利が下がるステップダウン金利も最初の10年間は1.400%ですが、最終的に0.700%まで下がり、返済総額では「フラット35」よりも少なく抑えることが可能です。

もし「フラット35」の申込みと同時に、これらのネット銀行の住宅ローンにも申し込みをしてみることをおすすめします。

 
 

Pocket
LINEで送る