史上空前の低金利となり、借り換えをお考えの方も多いのではないでしょうか。しかし、借り換え時にも新規で借り入れた時と同じように審査が行われます。また、審査以外でも借り換えのできないケースがあるのをご存知でしょうか。今回は、借り換えのできないケースについて説明します。

借り換えのできないケース

以下の場合は借り換えができないことがあります。

一部の公的住宅ローンへの借り換えはできない

公的住宅ローンとは、財形住宅融資と自治体融資などがあげられますが、これらは借り換えができません。民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供しているフラット35は借り換えが可能です。

健康状態が悪化してしまった

民間銀行の住宅ローンでは、団信への加入が一般的です。そのため、借り換え時の健康状態によっては借り換えができない場合があります。その場合には、団信の加入が必要ないフラット35で借り換えを利用することをおすすめします。

今、返済している住宅ローンで滞納したことがある

過去に住宅ローンの滞納歴がある方は、借り換えの際の審査に影響します。
数日程度で1回くらいの遅延であれば問題視しない金融機関もあるそうですが、遅延したという記録が信用情報に残ってしまいます。さらに何度も繰り返した場合には、借り換え時に審査に通ることは絶望的と考えて良いでしょう。

返済負担率が増えてしまっている

車のローン、教育ローン、キャッシングなどで借入れをしている場合、さらにクレジットカードの融資限度枠も借入額に加えられてしまうので、審査の際の借入額に影響します。仮に借り入れできても、満額の借入れができないかもしれません。返済負担率は、現在返済中のローンも加味されて計算されるので気をつけましょう。また、クレジットカードを持っているだけで、キャッシング枠が借入れしているものとみなされてしまう場合もあります。使用していないクレジットカードは解約しておけば、審査に通りやすくなります。

物件価値が落ちてしまった

借り換え特有の条件ですが、担保となる物件が、新築から時間が経過して不動産の価値が大幅に下がっている場合やオーバーローンの状態になっている場合には審査に通らないということも考えられます。

住宅ローンの借り換えが出来ない場合のまとめ

住宅ローンの借り換えが出来ない場合には、繰上げ返済で元金を直接減らすことが有効です。借り換えしても元金が減るわけではありませんからね。
しかし月々の返済をしながら貯蓄を行うのは非常に大変です。借り換えにより返済総額が減れば月々の返済額も減り、貯蓄を行う余裕が大きくなることは間違いありません。今の住宅ローンの超低金利は、借り換えることで返済総額を減らす大きなチャンスです。可能であれば借り換えを行うことをおすすめします。

住宅ローンの借り換え審査に不安がある方はフラット35での借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。
新規の借入れ同様に、借り換えの審査も金融機関によって基準が違いますし、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供しているフラット35は全く違った基準があり、それが『返済負担率』です。フラット35では審査の際の返済負担率が明確にされています。

年収400万円未満 年収400万円以上
30%以下 35%以下

この基準に沿った借入額にすることでフラット35でも審査を通る可能性が高くなるでしょう。住宅ローンの借り換えでも審査があるため、不安がある方は比較的に審査の甘いフラット35での借り換えを検討してみることをおすすめします。

そして借り換えの場合も新規の借入れと同様に、2,3つほど候補を選び複数の金融機関に同時に申し込んでおき、確実に借入れを行えるように備えておくことが大切です。

借り換えにおすすめの住宅ローン

借り換えでも住宅ローン審査に通りやすいフラット35がおすすめです。
フラット35は借入れから返済終了まで金利が変わらない長期固定金利なので金利上昇リスクを気にする必要ありません。さらに月々の返済額や返済総額も確定するので返済中、返済後のライフプランを立てやすくなります。しかも金融緩和による住宅ローンの低金利化でフラット35も金利の低下これまでにない水準まで低下しています。
そんなフラット35ですが、提供する金融機関で「金利」と「手数料」に差があります。その中でもベストな金融機関を紹介しましょう。

楽天銀行のフラット35

checkフラット35はトップクラスの低金利

フラット35取り扱い銀行の中でも最低水準の低金利。

check楽天銀行口座を支払口座にすると事務手数料も最低水準に

さらに楽天スーパーポイントプログラムなど楽天ならではの特典が多数

check保証料・繰上げ返済手数料無料

変動金利住宅ローンは団信も無料。

check諸費用の上乗せ融資も可能

住宅ローンの契約時にかかる諸費用の一部を借入額に含めることも可能。

「フラット35」は販売している銀行によって金利の幅があるのですが、楽天銀行はその中でも最低水準の金利となっています。
その上、事務手数料も通常1.5%、楽天銀行を支払口座にすると割安な1.08%と借り換えであればさらに割安な0.972%と、普通の銀行の事務手数料2.16%と比較しても最低水準です。

そして、ネット銀行では珍しいskypeで土日を含む22時まで相談が可能な点もうれしいですね。
特に住宅ローンの借り換えでは、何度シミュレーションをしても専門家の意見を聞きたくなるものですから是非活用しましょう。

さらに、楽天銀行の住宅ローンに借り換えると、楽天市場などでお買い物をした際のポイントが5倍になるキャンペーンを行っています。楽天市場などで頻繁にお買い物をする方にはメリットになりますね。

楽天銀行は、最低金利手数料も最低水準で「フラット35」を提供しています。
「フラット35」で借り換え考えている方は候補にするべき銀行です。

楽天銀行「フラット35」のメリット・デメリットを徹底分析したこちらの特集記事も参考にしてみて下さい。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35)

 

ARUHI(アルヒ)のフラット35

checkフラット35はトップクラスの低金利

フラット35取り扱い銀行の中でも最低水準の低金利。

checkWEBからの申込みで事務手数料が安く

WEBからの申込みで事務手数料が通常2.16%(税込)が1.08%(税込み)と半額に。

check手持ち金2割で金利優遇

手持ち金の割合で金利優遇を受けられるアルヒスーパーフラット

ARUHIでは購入価額の2割を手持金として用意できれば、通常の「フラット35」よりも得な金利で借入れが可能になります。
さらに「フラット35リノベ」など中古住宅のリノベーションに対応した商品を用意するなど、幅広いライナップが特徴です。

そして最大の特徴は、専門家に対面相談できる店舗を全国に150以上も展開している点ですね。
店舗で相談してもWEBから申込みをすればこの事務手数料が通常2.16%(税込)が1.08%(税込み)と半額になるARUHIダイレクトがおすすめです。

また住宅ローン借りた後のことも考えた「ARUHI暮らしのサービス」では、様々な優遇サービスを受けることが可能になっています。

金利と事務手数料が最低水準で、さらに対面相談で住宅ローンの不安な悩みを相談しながら「フラット35」を借り入れることができるARUHIに注目です。

ARUHIのフラット35の評判や口コミから分析したこちらの特集記事も参考にしてみて下さい。
>>アルヒ(ARUHI)の住宅ローン(フラット35)の評判・口コミについて

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る