山口県は本州の最西端に位置し、南側を瀬戸内海、西側と北側を日本海と三方を海に囲まれながらも、中国山地が県の中央を横断し自然に恵まれた県です。

そんな山口県に本店をおく地方銀行は山口銀行と西京銀行です。
山口銀行は県内で最大のシェアを持つ銀行で預金額・貸出額ともに西京銀行を圧倒しています。どちらの銀行もフラット35を提供しているようですが、その取扱は全く違います。

山口銀行は公式ホームページで専用のページを設け金利や融資条件などの詳しい情報が確認できますが、西京銀行では公式ホームページではフラット35の取扱は確認できません。窓口まで相談に行けば詳しいことがわかるかもしれませんが、事前に確認できるようにしておいてくれる山口銀行のほうが、これからフラット35を利用しようとしている人には嬉しい対応をしてくれています。

こういった状況のなか、山口県でフラット35を利用したいと思った場合には山口銀行で借りるのが一番であると考えてしまいしますが、果たして本当にそうでしょうか。フラット35は提供する金融機関によって金利と事務手数料に違いがあり、比較しないで借入先を選んでしまうと高い金利や高い事務手数料を払う事になってしまいます。

今回は山口県でフラット35を利用しようと思ったときに、どの銀行から借り入れたら良いのかを比較しながら考えてみましょう。

山口県でフラット35を利用できる銀行は?

冒頭でもお話したとおり、県内に本店をおく山口銀行・中京銀行ともにフラット35の取扱があるようです。
他に県内でフラット35を借りることができるのが、全国どこからでも申込みを行えるインターネット銀行です。その中でもフラット35の取扱いで高いシェアを持つ楽天銀行を比較対象としてみましょう。
フラット35という同じ商品にも関わらず金利や事務手数料に本当に違いがあるのか確認できるはずです。

山口県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
山口銀行フラット20:1.120%
フラット35:1.180%
借入額の2.16% (税込)記載なし公式サイト
西京銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.120%
フラット35:1.180%
借入額の0.972% (税込)
無料公式サイト
※「フラット35」融資率9割以下の金利になります。
※借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.08% (税込)。

県内の2行と楽天銀行のフラット35を比較してみました。
金利に違いはありませんでしたが、諸費用で大きな割合を占める事務手数料に大きな違いがあります。
山口銀行では借入額の2.16%(税込)の事務手数料が必要になります。それに対して楽天銀行は新規借入の場合で借入額の1.08%(税込)、借り換えの場合には借入額の0.972%と山口銀行の半分で済んでしまうのです。

1%の違いですが、何千万円という大金を借りる住宅ローンではこの1%が大きな金額になります。
2,000万円の仮りえであれば216,000円、3,000万円の借り入れであれば324,000円も山口銀行のフラット35よりも楽天銀行のフラット35では節約できるのは大きな違いと言えます。

特に事務手数料は住宅ローンの契約時に現金一括での支払いが求められるため、少しでも安く抑えておくべき費用です。しかも手数料という元金が減るわけでも無いよくわからない料金に大事な現金を減らす必要性は全くなく、少しでも低いフラット35を選ぶべき重要なポイントです。

県内でフラット35を利用しようと思ったら楽天銀行のフラット35を検討してみることをおすすめします。

山口県内でフラット35を利用するなら楽天銀行がおすすめの理由

地元の銀行である山口銀行と西京銀行、そして楽天銀行のフラット35を比較してみた結果、楽天銀行は事務手数料が半分で済むという結果が出ました。
大きな違いですが楽天銀行をおすすめする理由はこれだけではありません。
楽天銀行のフラット35がおすすめの理由を説明しましょう。

楽天銀行の「フラット35」は相談体制が充実

注目するのは相談体制です。
山口銀行では、住宅ローンの相談を限定された店舗に設置された”住まいコーナー”で受け付けています。この住まいコーナーで営業日の営業時間が10:00〜19:00まで、土日も9:00〜18:00まで相談が可能になっています。土日に相談できる時間を作ってくれるのは嬉しいですね。しかし平日19:00までまでというのはどうなんでしょう。まだ仕事をまだしている人が多い時間ではないでしょうか。しかしこの住まいコーナーがあるのは100を超える店舗のうちの9店舗です。
結局、相談するには仕事を早く切り上げたり、少し遠い店舗に行かなければならなかったり、せっかくの休日に時間を作らないと行けないといった場面が多そうです。

対して店舗を持たないインターネット銀行である楽天銀行の相談体制はどうなっているのでしょか。
楽天銀行では電話とオンラインでの相談体制に力を入れています。
電話やチャットソフトSkypeで平日は22時まで、土日も相談できる体制を整えています。仕事から帰り食事をとり一服してからでも相談できるのは店舗を持つ銀行ではなかなかできない体制といって良いでしょう。しかも特定の店舗に行かなくても、インターネット環境とPCがあればどこからでも相談できることも見逃せません。
楽天銀行のフラット35は2018年オリコン顧客満足度調査で1位を獲得していますが、特に相談体制についての満足度が高い結果となっていることが頷けます。

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナー

オンラインなのは相談体制だけでなく、申込みから契約までインターネットと郵送で完了することを考えると、書類の記入漏れや捺印の不備などなにかあるたびに店舗まで足を運ばなければならないことを考えると、店舗型の銀行には無い利便性をもっているのが楽天銀行のフラット35のだと思います。

住宅ローンは大金を借りるので不安になり相談したいこともたくさんあると思います。そういった場合には相談体制が整っている楽天銀行の「フラット35」を借り入れ候補にしてみるのはいかがでしょうか。

楽天銀行の「フラット35」について詳しく解説&分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)

 

 

Pocket
LINEで送る