金融緩和により住宅ローン金利は今までにない低金利となっています。
このチャンスを逃さずに住宅の購入を検討している方も多いのではないでしょうか。
中でも契約から返済終了まで金利が変わらない長期固定金利型住宅ローンである「フラット35」の金利の低さは目を引くものがあります。

富山県内で「フラット35」を利用しようとした場合には、どの銀行で借りるのが良いのでしょうか。
地元の銀行か、それとも全国どこからでも利用できるインターネットか。そもそも同じ「フラット35」なのに違いがあるのでしょうか。

富山県で「フラット35」を借りるべき銀行を比較してみましょう。

富山県で「フラット35」を借りるなら

富山県に本店をおく銀行は、北陸銀行・富山銀行・富山第一銀行の3行です。
この中でも県内で圧倒的なシェアを持っているのが北陸銀行です。預金額・貸出額・店舗数ともに他の2行を圧倒しています。県内でもメインバンクにしている方も多いでしょうし、「フラット35」を借りるとするとまずは北陸銀行が候補になるのでしょうか。

それぞれの銀行の公式ホームページで「フラット35」の金利や融資条件などの詳しい情報を確認して、金利や事務手数料に違いがあるのかを比較してみましょう。

富山県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
北陸銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.160%
55,000円(税込)
※1
記載なし公式サイト
富山銀行フラット20:1.090%
フラット35:1.150%
33,000円(税込)記載なし公式サイト
富山第一銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.160%
55,000円(税込)
※1
記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.060%
フラット35:1.110%
借入額の1.100% (税込)無料 公式サイト
※「フラット35」融資率9割以下の金利になります。
※1 返済用口座と給与受取り口座が同一の場合。返済用口座と給与受取り口座が異なる場合は108,000円(税込)
※2 新規借り入れで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
借り換えでの利用で返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の0.990% (税込)。

各銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を比較してみましたがいかがでしょうか。同じ「フラット35」でも違いがあることがわかったと思います。
だた金利や事務手数料に違いはありましたが、その差は小さくこれでは決め手がありません。

では、地元の銀行とインターネット銀行の決定的な違いは何でしょうか。

地元の銀行とインターネット銀行の違いは?

地元の富山銀行を始めとする銀行とインターネット銀行の楽天銀行の「フラット35」を、金利と事務手数料に注目して比較してみましたが、違いはあるものの差はそれほど大きなものではなく、決め手にかける結果となりました。

では、地元の銀行とインターネット銀行の決定的な違いといえば、なんでしょうか。
それはインターネット銀行は店舗がないことです。

北陸銀行は180以上の店舗、富山銀行は40弱、富山第一銀行は60以上と多くの店舗を構えています。「フラット35」を借りようと思った場合には、時間を作りお近くの店舗に相談に行くことになると思います。

ではインターネット銀行の楽天銀行で「フラット35」を利用する場合はどうなるのでしょうか。
楽天銀行の「フラット35」は申込みから契約まで店舗に出向くことなく済んでしまうのが特徴です。インターネット環境さえれば、どこにいても申し込みが行えるのが大きな特徴です。

それでは相談できないのでは?と不安になる方もいるかも知れませんが、そんなことはありません。楽天銀行の「フラット35」は、電話やオンラインでの相談に力を入れています。
平日土日の22時まで電話やチャットソフトSkypeで相談が可能です。しかも予約制なので電話をかけてオペレーターが出るまで延々と待つこともありません。楽天銀行ではこの相談体制で高い顧客満足の評価を得ています。

楽天銀行のオンライン相談の予約の仕方説明図

銀行の店舗では閉まってしまう時間が早く、相談をするためには時間を作り、場合によっては仕事を休む必要があるかもしれません。その点、楽天銀行では夜22時まで相談可能なので、忙しい方でも時間を作りやすいのではないでしょうか。

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナー

相談体制に関してはどちらが良いかは人それぞれですが、楽天銀行の「フラット35」は忙しい方にピッタリだと思います。富山県で「フラット35」を利用する場合には借り入れ候補として検討してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の「フラット35」について詳しく解説&分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)

 

 

Pocket
LINEで送る