日本で最大の面積と貯水量をもつ琵琶湖を要するのが滋賀県です。
滋賀県内で「フラット35」を利用する場合にはどの金融機関を選んだら良いのでしょうか。

滋賀県で親しまれている地方銀行は滋賀銀行ですね。滋賀銀行のプロパーの住宅ローンは付帯するのに金利に保険料を上乗せする形ではありますが、がん保障特約・3大疾病保障・がん団信プラス入院・全疾病保障プランなど多様な保障が充実し、住宅ローンには力を入れている印象です。対して住宅金融支援機構と提携して提供している「フラット35」はどうなっているでしょうか。

地方銀行では「フラット35」は取り扱っているもののプロパーの住宅ローンに力を入れている傾向が強いですが、滋賀県内でも利用できるネット銀行の「フラット35」と比較してみましょう。

滋賀県で「フラット35」を利用できる銀行は?

多くの地方銀行ではプローパーの住宅ローンに力を入れているため、「フラット35」に関しては取り扱いはあるものの公式サイトには一番肝心な金利が掲載されていないことが多くなっています。そのため「フラット35」を利用しようとした場合には、時間を作って直接店舗に出向き窓口で相談する必要があります。

今回は滋賀県で「フラット35」を利用すると仮定して、店舗に相談に行く前にインターネットで入手できる「フラット35」の情報を元に比較してみましょう

滋賀銀行の「フラット35」

県内で最も大きなシェアを持つ地方銀行である滋賀銀行では公式サイトで「フラット35」の取扱いがしっかり確認できます。
金利だけでなく商品概要や申し込みに際して用意しておく必要書類など丁寧にわかりやすく掲載れていて好感がもてる銀行です。

滋賀銀行の「フラット35」の金利は、借入額9割以下で「フラット35」は1.170%、「フラット20」は1.110%と「フラット35」を提供している金融機関の中でも最も低い金利での提供となっています。「フラット35」で当サイトおすすめの楽天銀行と同じ金利で県内の利用者は借り入れ候補におすすめしたいところですが、もう1つの比較ポイントである「事務手数料」にも注目しましょう

滋賀中央信用金庫の「フラット35」

滋賀中央信用金庫の「フラット35」も公式サイトで取扱いが確認できます。
滋賀中央信用金庫の「フラット35」の金利は、借入額9割以下で「フラット35」は1.420%、「フラット20」は1.360%と「フラット35」を提供している金融機関の中でも少し高めの水準となっています。
そして「フラット35」のもう1つの比較ポイントである事務手数料は、55,000円の定額型となっています。

長浜信用金庫の「フラット35」

長浜信用金庫では、公式サイトで「フラット35」の取扱いは明記してあるのものの最も肝心な金利の記載はありませんでした。
「フラット35」の詳細を知るには、店舗に出向き窓口で相談してみるのが早そうですね。

 
県内で「フラット35」を利用しやすいのは、金利や事務手数料など「フラット35」の詳しい情報を事前に入手できる滋賀銀行でしょうか。

「フラット35」を比較するポイントは、金利と事務手数料です。
今回はインターネット銀行の楽天銀行の「フラット35」と比較してみましょう。

 

滋賀県内で利用できる「フラット35」を比較

それぞれの銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を表にまとめて見ましょう。

滋賀県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
滋賀銀行フラット20:1.320%
フラット35:1.410%
借入額の1.62% (税込)記載なし公式サイト
滋賀中央信用金庫フラット20:1.570%
フラット35:1.660%
55,000円記載なし公式サイト
長浜信用金庫記載なし借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.320%
フラット35:1.410%
借入額の0.990% (税込)
無料公式サイト
※借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.100% (税込)。

地方銀行では金利の記載すらされないことが多い「フラット35」ですが、滋賀県内では特に滋賀銀行が金利も含めた詳しい情報が公式サイトに記載されていて、「フラット35」を利用しやすい環境であるといえます。

しかし「フラット35」の第1の比較ポイントである”金利”は変わらない水準ですが、”事務手数料”ではネット銀行代表の楽天銀行に劣っていることが比較してみてわかりました。

今回はネット銀行代表として「フラット35」の実行件数銀行1位の楽天銀行を比較対象として選んでいますが、流石ネット銀行らしく公式サイトの住宅ローンを見てみると「フラット35」のや変動金利、10年固定金利などの金利と事務手数料をひと目で確認することが出来ます。ネットでの顧客獲得を目指しているので当然といえば当然かも知れませんが、違いに驚かされますね。
滋賀県内で「フラット35」の利用を考えた場合には、金利や事務手数料や一部返済繰り上げ手数料などが最低水準で提供されていることに加えて、窓口に行く時間を必要とせずネットから申し込みを行える楽天銀行の「フラット35」がおすすめでしょう。

全国的に見ても楽天銀行の「フラット20」「フラット35」は全国の金融機関で貸出実行件数で1位誇っています。その理由はなんでしょうか。

「フラット35」は地域や金融機関により違いがある?

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している「フラット35」は、どの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりません。だからといってどの金融機関で借りても同じではないのが「フラット35」を借りる際に注意しなければならないポイントです。

「フラット35」で違いが出るのは「金利」「事務手数料」です。この2つを比較して借入先を決めなければ、商品性は全く同じ「フラット35」にもかかわらず「なんか友人が借りているフラット35よりも金利が高い」なんてことが起こってしまうのです。ちなみに一番高い金利と低い金利ではかなりの差があります。

「フラット20」「フラット35」10月の適用金利
「フラット20」「フラット35」
1.060%~1.820%1.110%~1.870%
※融資率9割以下の金利です。
※団信に加入しない場合には0.2%引き下げられた金利になります。

この表は住宅金融支援機構が発表している金利ですが「フラット35」でも「フラット20」でも0.6%以上の大きな差がありますね。
そして、今回比較した滋賀銀行と楽天銀行では、金利どちらも最低水準でしたが、事務手数料に違いがでました。

この結果をみると、滋賀県内で「フラット35」を借りる場合には楽天銀行は最も低い金利と事務手数料で「フラット35」を提供している金融機関であることがわかります。

滋賀県で「フラット35」を借りるなら

県内の地方銀行では住宅ローン全般に力を入れている滋賀銀行が「フラット35」の扱いにも力を入れているようです。しかし一番利用しやすそうな滋賀銀行でも「フラット35」を比較するポイントである「金利と事務手数料」ではネット銀行代表の楽天銀行と比べても劣っていることがわかりました。

県内で「フラット35」を利用する場合には楽天銀行を選択肢の1つとして考えてみるべきでしょう。

申込みや契約に関しても、銀行であれば15時までに店舗に出向かなければなりませんが、楽天銀行であればインターネットで申込み、契約書などは郵送で済ますことができ、わざわざ仕事を休んだり抜け出したりしなくても借り入れることが出来ます。

仕事が忙しく金融機関に来店する時間が取りにくい方はもちろん、楽天市場をよく利用する方であればお買い物で使える楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるなどメリットは更に大きくなるため、「フラット35」の比較ポイントである「金利や事務手数料」が変わらない水準であったとしても、それ以外のメリットのことも考えた場合やはり楽天銀行の「フラット35」がおすすめです。

滋賀県で「フラット35」の利用を検討している方は、インターネットから気軽に申込みをしてみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の「フラット35」の金利や事務手数料以外のメリット、更に気をつけておきたいポイントを詳細に解説した以下の記事を参考にしてみてください。
 >>楽天銀行の住宅ローン「フラット35」の落とし穴とデメリット

 

 

Pocket
LINEで送る