四国の太平洋側に位置する高知県は日本でも3番目に人口の少ない県です。その影響なのか都市銀行ではみずほ銀行のみが進出しているだけで、県内で銀行といえば預金・貸出金ともに大きなシェアを持っている四国銀行がまっさきに思い浮かぶ方が多いでしょう。四国銀行は高知市に本店のある地方銀行です。それに続くのが高知銀行です。

地方銀行ではプロパーの住宅ローンに比べて「フラット35」にはあまり力を入れていない場合が多いですが、高知県で「フラット35」を利用しようと思った場合にはどの金融機関が良いのでしょうか。県内の金融機関と全国どこからでも利用できるネット銀行の「フラット35」と比較してみましょう。

高知県で「フラット35」を利用できる銀行は?

多くの地方銀行ではプロパーの住宅ローンに力を入れているため、「フラット35」に関しては取り扱いはあるものの公式サイトには一番肝心な金利が掲載されていないことが多くなっています。そのため「フラット35」を利用しようとした場合には、時間を作って直接店舗に出向き窓口で相談する必要があります。

高知県では四国銀行、高知銀行ともに公式サイトできちんと「フラット35」の取扱いがあること、更に詳しい融資条件や申し込みに際して必要な書類、そして当月の金利まで掲載されています。地方銀行としては非常に珍しくプロパーの住宅ローンに加えて「フラット35」にも力を入れているようで、県内の利用者には嬉しい状況ではありますが、問題は「フラット35」で提供する金融機関により違いがでる「金利と事務手数料」を最低水準で提供しているのか、です。
まずは高知県内の地方銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を確認してみましょう。

四国銀行の「フラット35」

県内で最も大きなシェアを持つ地方銀行である四国銀行では公式サイトで「フラット35」の取扱いがしっかり確認できます。金利だけでなく商品概要や申し込みに際して用意しておく必要書類など丁寧にわかりやすく掲載され「フラット35」を利用しやすい銀行といえそうです。

四国銀行の「フラット35」の金利は、借入額9割以下で「フラット35」は1.280%、「フラット20」は1.220%と「フラット35」を提供している金融機関の中では低い金利での提供となっています。しかし事務手数料が借入額の2.16%(税込)とネット銀行に比べて高めの設定となっています。

高知銀行の「フラット35」

高知銀行も「フラット35」の取扱があることや、金利などの詳しい情報も公式サイトで確認できます。それによると筑波銀行の「フラット35」の金利は、借入額9割以下で「フラット35」は1.180%、「フラット20」は1.120%と「フラット35」を提供する金融機関の中では最低水準の金利よりは高めの設定となっています。

そして金利と並んで重要な比較ポイントである事務手数料は借入額の1.512%(税込)と、こちらも四国銀行よりも低いもののネット銀行より高めでもっと安く「フラット35」を利用できる金融機関を選ぶべきでしょう。

高知信用金庫の「フラット35」

県内でも最大規模の信金である高知信用金庫では公式サイトに「フラット35」の扱いに関する記載は見つけられず、おそらく取扱がないと見られます。

 

高知県内で利用できる「フラット35」を比較

県内の金融機関での「フラット35」の取扱い状況を説明してきましたが、取り扱っているところ、取り扱っていないところ、取り扱っていはいるけれであまり力を入れているようにみえないところと、いろいろありました。

ここで重要なことは、高知県で「フラット35」を利用するにはどこが良いのかです。これまでの説明でも分かる通り、多くの金融機関から提供されている「フラット35」は商品性は変わらないにもかかわらず、金利や事務手数料に違いがあり、最も安く「フラット35」を利用するには、金融機関を選ぶ必要があることです。
それぞれの銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を表にまとめて見ましょう。

高知県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
四国銀行フラット20:1.220%
フラット35:1.280%
借入額の2.16% (税込)記載なし公式サイト
高知銀行フラット20:1.120%
フラット35:1.180%
借入額の1.512%(税込)記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.120%
フラット35:1.180%
借入額の0.972% (税込)
無料公式サイト
※借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.080% (税込)。

地方銀行では金利の記載すらされないことが多い「フラット35」ですが、高知県の金融機関では四国銀行や高知銀行が金利も含めた詳しい情報が公式サイトに記載されていて、さらに金利もネット銀行と変わらない低い水準であることから「フラット35」を利用しやすい環境であるといえます。
しかし「フラット35」の比較ポイントであると”金利”と”事務手数料”を比較してみると金利模微妙に違いますが、事務手数料の違いが目立っています。四国銀行では楽天銀行の2倍程度、高知銀行でも1.52倍程度と多めの事務手数料が必要となり、ネット銀行代表の楽天銀行に劣っていることがわかると思います。

今回はネット銀行代表として「フラット35」の実行件数銀行1位の楽天銀行を比較対象として選んでいますが、流石ネット銀行らしく公式サイトの住宅ローンを見てみると「フラット35」のや変動金利、10年固定金利などの金利と事務手数料をひと目で確認することが出来ます。ネットでの顧客獲得を目指しているので当然といえば当然かも知れませんが、違いに驚かされますね。

高知県内で「フラット35」の利用を考えた場合には、金利や事務手数料や一部返済繰り上げ手数料などが最低水準で提供されていることに加えて、窓口に行く時間を必要とせずネットから申し込みを行える楽天銀行の「フラット35」がおすすめでしょう。

全国的に見ても楽天銀行の「フラット20」「フラット35」は全国の金融機関で貸出実行件数で1位誇っています。その理由はなんでしょうか。

「フラット35」は地域や金融機関により違いがある?

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している「フラット35」は、どの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりません。だからといってどの金融機関で借りても同じではないのが「フラット35」を借りる際に注意しなければならないポイントです。
「フラット35」で違いが出るのは「金利」「事務手数料」です。この2つを比較して借入先を決めなければ、商品性は全く同じ「フラット35」にもかかわらず「なんか友人が借りているフラット35よりも金利が高い」なんてことが起こってしまうのです。ちなみに一番高い金利と低い金利ではかなりの差があります。

「フラット20」「フラット35」8月の適用金利
「フラット20」「フラット35」
1.110%~1.810%1.170%~1.870%
※融資率9割以下の金利です。
※団信に加入しない場合には0.2%引き下げられた金利になります。

この表は住宅金融支援機構が発表している金利ですが「フラット35」でも「フラット20」でも0.6%以上の大きな差がありますね。そして楽天銀行は最も低い金利で「フラット35」を提供している金融機関であることがわかります。

高知県で「フラット35」を借りるなら

「フラット35」は提供する金融機関によって金利と事務手数料に違いがあり、最も安く借りるにはきちんと比較して選ぶ必要があることがわかりましたが、高知県いお住みの方におすすめの「フラット35」を紹介します。

楽天銀行の「フラット35」

地元の銀行との比較を見てもらいましたが、金利・事務手数料ともに最低水準で「フラット35」を提供している楽天銀行が1番のおすすめです。

地元の銀行で「フラット35」を借りるには、時間を作り銀行の窓口まで行かなければなりません。
しかし楽天銀行は申込みはインターネットで、さらに本審査もインターネットと郵送で行え、忙しく時間が取れない方におすすめです。

店舗がないと相談とか出来ないのでは?と心配する方もいるかも知れませんが、楽天銀行では電話やオンラインでの相談体制に力を入れています。電話やチャットソフトSkypeでの相談は変実は22時まで、更に土日も行え、相談したい方のニーズに応えています。
相談は予約制で、電話を掛けたあとオペレーターが対応するまで待たされることもありませんし、銀行の営業時間では出来ない夜の落ち着いた時間に相談することも可能です。

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナー

「フラット35」での借り入れを検討している方は気軽に予約をして相談してみましょう。

楽天銀行の「フラット35」の金利や事務手数料以外のメリット、更に気をつけておきたいポイントを詳細に解説した以下の記事を参考にしてみてください。
 >>楽天銀行の住宅ローン「フラット35」の落とし穴とデメリット

ARUHI(アルヒ)の「フラット35」

電話やチャットでの相談では不安があり対面相談をしたい、けれど高い金利や事務手数料は嫌だ。という方におすすめなのが楽天銀行と同じように金利と事務手数料を最低水準で「フラット35」を提供しつつ、全国に店舗展開しているARUHI(アルヒ)がおすすめです。
幸いにも高知県内にも店舗があり、専門家への対面相談が可能です。

ARUHI(アルヒ)は「フラット35」で高いシェアを誇り、実に「フラット35」の借り換えを含む融資実行件数で26%が利用しています。
最低水準の金利はもちろん、圧倒的な審査のスピードや自己資金の割合でより低い金利で借りれを行えるARUHI(アルヒ) スーパーフラット、子育て支援型・地域活性化型など幅の広いタイプの「フラット35」を扱っているのもARUHI(アルヒ)の特徴です。

ARUHI(アルヒ)のフラット35 9年連続シェアNo.1のバナーです

自己資金に余裕があればスーパーフラットがおすすめ

「フラット35」で多くの融資実績をもっているARUHI(アルヒ)ですが、資金に余裕がある方には、自己資金の割合により金利優遇が受けられるARUHI(アルヒ)スーパーフラットが非常におすすめです。
ARUHI(アルヒ)スーパーフラットとは、「フラット35」(保証型)を用いたARUHI独自の商品で、特に購入する住宅が「フラット35」Sを利用できる技術基準(耐久性や維持管理状況など)に適合している場合に利用できるARUHI(アルヒ)スーパーフラットSが驚異的な低金利となっています。

ARUHI(アルヒ)スーパーフラットの金利

金利を見てもその低さがわかると思います。
しかし、この驚異的な低金利のローンを利用するには条件があり、それが住宅の購入価格に対する自己資金(手持ち金)の割合です。ではその融資条件をみてみましょう。

アルヒ(ARUHI)のスーパーフラットの融資条件
融資比率借入額の割合返済負担率
スーパーフラット7住宅購入価額7割以下
(残り3割は手持金)
70%以下30%以内(400万円未満)
35%以内(400万円以上)
スーパーフラット8住宅購入価額8割以下
(残り2割は手持金)
80%以下
スーパーフラット9住宅購入価額9割以下
(残り1割は手持金)
80%超90%以下20%以内
スーパーフラット借換借換対象となる住宅ローン残高と
諸費用の10割以下
30%以内(400万円未満)
35%以内(400万円以上)

少し厳しい条件ですが、その分金利はとんでもない低金利となっているARUHI(アルヒ)スーパーフラットS。
資金に余裕のある方は絶対におすすめです!

ARUHI 高知店

営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日・日曜日・祝日
住所:〒781-8010 高知県高知市桟橋通6-8-39 2F
最寄駅:とさでん交通桟橋線 「桟橋通五丁目」 徒歩5分

ARUHI(アルヒ)高知店の地図です

お近くに住んでいて「フラット35」の利用を検討している方は気軽に相談してみることをおすすめします。

 

 

Pocket
LINEで送る