ARUHI(アルヒ)は返済終了まで金利が変わらないことで人気の住宅ローン「フラット35」で高いシェアを誇っています。その理由は金利の低さと事務手数料の低さ、それに加えて店舗での対面相談が可能なことでしょう。
そのARUHI(アルヒ)には「フラット35」と同じように返済終了まで金利が変わらないのに、「フラット35」よりも金利が低い住宅ローン「ARUHIスーパーフラット」があるのはご存知でしょうか。

ARUHI(アルヒ)の住宅ローン「ARUHIスーパーフラット」はどんな商品なのかを見てましょう。

「ARUHIスーパーフラット」とは?

「ARUHIスーパーフラット」とは、住宅建築費または購入価額の2割以上を手持ち金として用意できる方に従来の「フラット35」より低い金利を設定した、最長35年の長期固定金利の住宅ローンです。

ARUHIスーパーフラットの比較

「フラット35」でも借入額に対する割合が90%以上と以下で金利大きく差がありますが、同じ購入価格の物件で「フラット35」の融資比率90%以上と90%以下、ARUHIスーパーフラット8の3つを比較してみましょう。

「フラット35」と「ARUHIスーパーフラット8」で比較

「フラット35」と「ARUHIスーパーフラット」でどのくらい差が出るのか試算してみましょう。

  • 物件金額:3,000万円
  • 借入期間:35年
  • 元利均等返済、ボーナス返済なし
 フラット35
融資比率9割以上
フラット35
融資比率9割以下
ARUHIスーパーフラット8
金利1.540%1.15%0.970%
借入条件借入額が購入物件の9割以上借入額が購入物件の9割以下購入物件価格の2割を手持ち金として用意
借入れ額(元金)3,000万円2,700万円2.400万円
利息8,950,424円5,649,086円4,548,224円
支払合計38,950,424円32,649,086円28,548,224円
事務手数料WEBでからの申込みで
借入金額の1.08%(税込み)
324,000円
WEBでからの申込みで
借入金額の1.08%(税込み)
291,600円
2.16%(税込み)
518,400円
月の返済額92,739円77,736円67,972円

同じ3,000万円の物件を購入した場合、手持ち金2割を用意することで借入額の少ないARUHIスーパーフラットが圧倒的に返済額も少なくて済むことは当たり前でしょう。現金が用意できれば絶対に利用したいですね。
そして驚きなのが、「フラット35」で融資比率9割以上の場合です。3,000万円を全額借入れた場合には金利も高く返済総額は4,000万円近い物になり、月々の返済額でも大きな差がでることがわかります。「フラット35」を利用する場合には最低でも物件価格の1割は頭金として用意したいですね。

「ARUHIスーパーフラット」の融資条件

1.申込時の年齢が70歳未満の方
2.日本国籍または永住許可のある方
3.返済負担率(年収に占める年間合計返済額の割合)が下記の基準を見対している方

年収 年収400万円未満 年収400万円以上
ARUHI スーパーフラット8 30%以下 35%以下
ARUHI スーパーフラット9 20%以下

4.借入対象となる住宅またはその敷地を共有する場合は、申込みをした本人が共有持分を持つ

といった条件がありますが、特に3の返済負担率の割合に注意すれば問題ない条件ではないでしょうか。

自己資金を購入価格の20%以上用意できれば、「ARUHIスーパーフラット」が一番返済総額を抑えられる「フラット35」となりますね。金利上昇リスクが気になり返済終了まで金利の変わらない住宅ローンを探している方で、自己資金に余裕のある方に非常におすすめです。

2018年4月 ARUHI スーパーフラットの詳細
金利スーパーフラット8:0.970%
スーパーフラット9:1.020%
※団信に加入しない場合の金利です。加入した場合には0.28%%の金利が上乗せになります。
保証料0円
事務手数料借入れ金額の2.16% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る