石川県に本店をおく唯一の地方銀行が北國銀行です。
本店は石川県金沢市、さらに県内に100を超える支店網で地域の人に親しまれている銀行です。その他にも信金や信組が住宅ローンを提供していますが、その中でも特に県内で「フラット35」を利用する場合におすすめはどの銀行でしょうか。
「フラット35」は商品性は変わらないにもかかわらず金利や事務手数料に違いがあります。石川県で利用できる「フラット35」を比較してみましょう。

石川県で「フラット35」を利用できる地方銀行は?

石川県に本店をおく唯一の地方銀行である北國銀行の公式サイトでは「フラット35」の取扱があることや最新の金利、更に詳しい融資条件まで確認することができます。また信金や信組はどうでしょうか。更に全国どこからでも利用できるネット銀行の「フラット35」と比較してみましょう。

北国銀行の「フラット35」

北國銀行の公式サイトには金利や融資条件などの詳しい情報が掲載されています。
多くの地方銀行では、窓口での案内を重視しているからでしょうか、公式ホームページに「フラット35」の詳しい情報を載せていないところもあるほどです。

県内唯一の地方銀行ですから、県内で「フラット35」の利用を検討している方には嬉しいですね。

北國銀行の住宅ローンのページのキャプチャ画像です

今回はこの北國銀行とネット銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を比較してみます。というのも「フラット35」は提供する金融機関により金利や事務手数料に違いがあるからです。

「フラット35」を最低水準の金利と事務手数料で提供している楽天銀行と北國銀行を比較してみます。

石川県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
北國銀行フラット20:1.580%
フラット35:1.640%
32,400円記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.230%
フラット35:1.290%
借入額の0.990% (税込)
無料公式サイト
※「フラット35」融資率9割以下の金利になります。
※借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.100% (税込)。

北國銀行では「フラット35」の取扱いがありますが、手数料が安い代わりに金利が高いタイプのみの取扱いになります。
「フラット35」は手数料定額型と定率型の2タイプ用意されています。
・手数料定額型:手数料が安い代わりに金利が高い
・手数料定率型:手数料は借入額の1%〜2%必要になる代わりに金利が0.3%程度低い

北國銀行の「フラット35」はこの手数料定額型で、楽天銀行の「フラット35」は手数料定率型となっています。
これではどちらが良いのかわかりませんね。具体的に双方で借り入れた場合の返済額などをシミュレーションしてみましょう。

北国銀行と楽天銀行の「フラット35」はどっちがお得?

借入額に応じてどう変わるのでしょうか。4,000万円を北國銀行と楽天銀行の「フラット35」で借りた場合の返済額と事務手数料を比較してみました。
手数料定額型の北國銀行と、手数料定率型の楽天銀行のどちらがお得な「フラット35」なのかを確かめましょう。

「フラット35」で4,000万円借りた場合の比較
銀行名金利事務手数料返済総額事務手数料と返済額の合計
北國銀行フラット35:1.640%32,400円52,598,640円52,631,040円
楽天銀行フラット35:1.290%432,000円
借入額の1.100% (税込)
49,728,146円50,160,164円

比較した結果どうでしたでしょうか。
北國銀行の「フラット35」は事務手数料が安く済みますが、支払総額では楽天銀行の「フラット35」に比べて250万円ほど多く返済する必要があるという結果となりました。

楽天銀行の「フラット35」では事務手数料が借入額の1%必要になりますがその分金利が低いことで返済総額は低く抑えられます。トータルコストを抑えた場合には、北國銀行で「フラット35」を借りるよりも楽天銀行で借りたほうが良いですね。
逆に、契約時に諸費用を安く抑えたい場合には、北國銀行の「フラット35」を選ぶことをおすすめします。

どちらの銀行でもメリット・デメリットがありますが、そこを理解してうまく活用しましょう。

石川県でも楽天銀行の「フラット35」がおすすめの理由は?

「フラット35」を提供する多くの金融機関の中でも金利事務手数料ともに最低水準で「フラット35」を借りることができる楽天銀行ですが、そのおすすめポイントを簡単にまとめてみました。

  • 「フラット35」では最低水準の金利と事務手数料
  • 電話やオンラインで平日土日22時まで相談可能
  • 団信への加入しない場合には0.2%金利引下げ
  • 審査基準が明確で比較的ゆるい

「フラット35」で高いシェアを誇るのが楽天銀行です。
多くの金融機関が提供している「フラット35」のなかでも、金利と事務手数料のどちらも最低水準で、つまり一番安く「フラット35」を借りることができる銀行と言えます。

「金利」はもちろん「事務手数料」も楽天銀行を返済口座にすることで新規借り入れの場合は1.100%、借り換えの場合は0.990%と他にはない手数料率が適用されることで、「フラット35」の比較ポイントである「金利」と「事務手数料」のどちらも低水準での借入れが可能になります。
さらに楽天グループの銀行ということで、楽天市場で使うことができる楽天ポイントが溜まりやすいというメリットは楽天銀行ならではでしょう。

楽天銀行は北國銀行のように店舗で対面相談をしながら「フラット35」を借りる事はできませんが、電話やチャットソフトSkypeで平日土日の22時まで予約制で相談が可能です。銀行の営業時間内に店舗に行く時間が取りにくい忙しい方には、この楽天銀行の相談体制のほうが相談しやすいのもポイントです。

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナーです

北國銀行は身近にある銀行ですし、楽天銀行を利用しようにも店舗が近くにないと考えてる方もいるかも知れません。「店舗がない」というのはインターネット銀行である楽天銀行の不便なポイントの1つですが、楽天銀行はインターネットで全国どこからでも気軽に申し込みが可能です。
石川県で「フラット35」の利用を検討しているのなら、全国どこからでも申込みを行える楽天銀行も候補の一つに入れるべき銀行です。

楽天銀行の住宅ローンを詳細に分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット

2019年10月 楽天銀行フラット35の詳細
金利住宅購入価額に対する借入額の占める割合が90%以内の場合
15~20年固定金利:1.060%
21~35年固定金利:1.110%
保証料0円
事務手数料・返済口座に楽天銀行を指定した場合
借入額の1.100% (税込)
・借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合
借入額の0.990% (税込)

・返済口座に楽天銀行以外の口座を指定した場合
借入額の1.43% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円
※ 機構団信に加入した場合の金利になります。団信に加入しない場合には上記の金利から0.2%引き下げとなります。
■関連記事■
楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)
楽天銀行の住宅ローン審査はゆるい、甘い、厳しい?
[10年固定・フラット35] じぶん・住信SBIネット・楽天の固定金利を徹底比較
フラット35の審査は甘い?通りやすい?
フラット35からフラット35への借り換えは今がチャンス!
楽天銀行の住宅ローンで楽天ポイントがもらえる最新情報とは?

 

 

Pocket
LINEで送る