「フラット35」は返済終了まで金利が変わらないことで人気です。
特に金利の上下を気にしなくて良くなることは精神的にも安心です。

特に「フラット35」は歴史的な低金利となり、変動金利や10年固定金利との金利差が小さくなってきたことで、金利が高めであるというデメリットも小さくなってきています。

その「フラット35」は300を超える金融機関で提供していますが、金利や手数料に違いがあります。
もちろんARUHI(アルヒ)もどちらも最も低く「フラット35」を提供してるモーゲージバンクです。

ARUHI(アルヒ)ダイレクトで事務手数料が半額

ARUHI(アルヒ)では通常借入額の2.20%が必要になる事務手数料ですが、借り換えの場合に限りWEBからの本申し込みで、ARUHI(アルヒ)フラット35・ARUHI(アルヒ)スーパーフラット借り換えを契約まで行った方を対象に、事務手数料が「融資金額×1.1%(税込)」になるのが特徴です。(最低事務手数料は220,000円)

ちなみにARUHIの店舗での申込みをした場合は「融資金額×2.20%(税込)」と、WEBから申し込むだけで半額になるのは嬉しいですね。

注意したいのは新規の借り入れではなく、借り換えの場合でのみ適用となる点に注意しておきましょう。

ARUHIダイレクトの事務手数料の説明図です

消費税込みで計算した事務手数料を比較してみました。

借入額2.20%の場合1.10%の場合差額
2,000万円440,000円220,000円220,000円
3,000万円660,000円330,000円330,000円
4,000万円880,000円440,000円440,000円
5,000万円1,100,000円550,000円550,000円
3,000万円の借入れで30万円以上の差が出るのは大きいですよね。
元金が減るわけでもない事務手数料には少しでも出費をおさえておいて、貯蓄や繰上げ返済に使いたいところです。

つぎにARUHI(アルヒ)の「フラット35」の金利を確認してみましょう。
「フラット35」 2019年10月の適用金利 (借入額の占める割合が90%以内の場合)
15~20年固定金利:1.060%
21~35年固定金利:1.110%

さらにARUHI(アルヒ)では、住宅購入価額の2割を手持金とすることで21~35年固定金利が1.020%と「フラット35」よりも低金利で借り入れることが可能です。

ARUHIスーパーフラットの比較

専門家に対面相談できる店舗を全国に150以上も展開している点もARUHI(アルヒ)ならではの特徴です。
しかも店舗で相談してもWEBから申込みをすればこの事務手数料の半額キャンペーンは適用されます。

金利と事務手数料が最低水準で「フラット35」を借り入れることができるARUHI(アルヒ)に注目ですね。

「フラット35」がおすすめの理由は?

「フラット35」とは、住宅金融支援機構を民間金融機関が提携して提供している長期固定金利の住宅ローンです。その「フラット35」をおすすめする理由はどんなところでしょうか。

返済計画が圧倒的に立てやすい

「フラット35」の最大の特徴は、返済終了まで返済額が変わらないことです。返済額が変わらないので、返済計画を立てやすく、かつ、その計画通りに返済しやすいことがあげられます。
長い返済期間で返済額が変わらなければ、返済中の貯蓄や老後の資金などのライフプランも立てやすくなるでしょう。

金利上昇のリスクがない

返済終了まで金利が変わらないということは、変動金利のように金利の上昇による返済額の増大を気にする必要もありませんし、精神衛生上も安心です。
現在は、超低金利ですので0.5%を切る変動金利の数字に目がいってしまいますが、今後、中長期的に見た場合、金利が上昇する局面が来るのは間違いと考えられます。この超低金利の時だからこそ、返済終了まで金利が固定されるというのはメリットとなるでしょう。

審査に不安がある方でも通りやすい

国の金融機関なので審査の基準が民間銀行違います。住宅金融支援機構の目的は利益の追求ではなく「国民が家を持てるように支援すること」で、ある程度の審査基準はありますが、審査を厳しくして貸出できないことは本末転倒になってしまいます。そのため、契約社員や自営業の方でも審査に通る可能性が高い住宅ローンになります。また、「フラット35」は団信が任意加入のため健康上の理由で団信に通らない方でも融資を受けることが出来ます

変動金利のように金利の上下に注意を払い、一喜一憂することなく、煩わしいこともないし精神的にも安心できることが「フラット35」の最大のメリットだと思います。
「フラット35」のデメリットは、高めの金利で我慢しなければならないことですが、マイナス金利の影響で長期固定金利が低下したことにより、以前よりもこのデメリットが小さくなっているといえるでしょう。
仮に、今後も住宅ローン金利が下がり続けてしまっても、そうなれば借り換えで対応すれば返済額もさらに減らせる可能性があります。

この超低金利時代の「フラット35」は大変おすすめです。

大人気の「フラット35」の楽天銀行とARUHI(アルヒ)を比較したこちらの記事も住宅ローン選びの参考にしてみて下さい。
>>借り換えで大人気の「フラット35」楽天銀行とARUHI(アルヒ)を比較

 

 

Pocket
LINEで送る