このキャンペーンは終了しているか、キャンペーンに間に合わない可能性があります。

ネット銀行の低金利で高い付加サービスの住宅ローンは店舗を持たないことで実現しています。低金利で高付加サービスがメリットですが、ネット銀行の住宅ローンには専門家に対面で相談できないことがデメリットになります。

そのデメリットを解消したのがSBIマネープラザで、ネット銀行と対面相談のどちらも実現できるいいとこ取りの住宅ローンを提供している金融機関です。そのSBIマネープラザで提供している住信SBIネット銀行の「ミスター住宅ローンREAL」のキャンペーン情報を確認しましょう。
キャンペーンの詳細とSBIマネープラザの特徴を簡単に解説していきましょう。

住宅ローンの借り入れで現金1万円プレゼント!

SBIマネープラザのキャッシュバックキャンペーンのバナーですキャンペーン

「ミスター住宅ローンREAL」の借り入れで現金1万円プレゼント!

対象となる期間中に、「ミスター住宅ローンREAL」「フラット35(買取型)」「フラット35(保証型)」のいずれかを1,000万円以上借り入れた方もれなく現金1万円をプレゼントするキャンペーンを開始しています。

SBIマネープラザでは、今年の1月以来のキャッシュバックキャンペーンとなります。
借り入れる金額から考えると少額と言えるかもしれませんが、このタイミングで借り入れる方はキャンペーン内容をしっかり確認して受け取れるようにしておきましょう。史上空前の低金利となっている今、借り入れを検討している方にとっては申込みを行う良いタイミングになりそうですね。

キャンペーン詳細

キャンペーン期間
借入期間:2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)
※申込みではなく借り入れを行う期間となっています。気になる方は早めに申し込みを済ませて置きましょう。

キャンペーン対象条件
・期間中に住信SBIネット銀行の「ミスター住宅ローンREAL」「フラット35(買取型)」「フラット35(保証型)」での借り入れを行うこと
・借入金額が1,000万円以上

キャンペーン対象条件
キャンペーン対象者全員にもれなく1万円のキャッシュバック

特典提供方法
2019年11月末頃に、住信SBIネット銀行代表口座普通預金に入金予定

後述しますが、SBIマネープラザが提供している「ミスター住宅ローンREAL」は住信SBIネット銀行の対面販売用の住宅ローンです。ネット銀行特有の低金利で無料で付帯する「全疾病保障」などの高い付加サービスが特徴の住宅ローンを専門家に対面相談して借り入れることが出来る”いいとこどり”の住宅ローンがSBIマネープラザです。相談は無料で行えるので借り換えなどで専門家に相談したいと考えている方にはピッタリですね。
しかし店舗数は限られているためお近くに住んでいる方はぜひ利用することをおすすめします。まずは店舗を確認してみましょう。

 

SBIマネープラザ「ミスター住宅ローンREAL」の特徴は?

低金利で高い付加サービスと対面相談できる安心感を両立したSBIマネープラザの「ミスター住宅ローンREAL」の特徴をまとめてみましょう。

  • 「ネット専用住宅ローン」よりも低い金利
  • 10年固定金利は「ネット専用住宅ローン」よりも低い金利で借り入れが可能

  • 充実した保障内容でしかも無料
  • 無料で付帯する「全疾病保障」はもちろん、「団体総合生活補償保険」も無料で付帯

  • 専門家に相談しながら借り入れできる
  • ネット銀行ではできない対面相談が無料で可能

簡単にSBIマネープラザの特徴をまとめてみましたが、時間がなく住宅ローンの契約をインターネットで済ませたいという方には「ネット専用住宅ローン」がおすすめですが、住宅ローンは借り入れる額が大きいため不安に感じている方も多くいらっしゃると思います。そんな方にはいいとこ取りのSBIマネープラザがおすすめです。
住宅ローンの利用を考えていて近くに店舗がある方は、相談は無料ですので気軽に来店予約をしてみることおすすめします。

この記事ではSBIマネープラザの特徴を簡単に解説しましたが、より詳しくSBIマネープラザの住宅ローンを知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。
>>SBIマネープラザの住宅ローンを徹底解説!メリット・デメリット、評判は?
 

2018年12月 SBIマネープラザの詳細
金利「MR.住宅ローンREAL」
変動金利:0.428%
10年固定金利:0.810%
20年固定金利:1.330%
35年固定金利:1.490%
保証料0円
事務手数料借入れ金額の2.20% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円
団信団信に加えて「全疾病保障」
「団体総合生活補償保険」が無料で付帯
関連記事
SBIマネープラザの住宅ローンの落とし穴・評判は?

 

 

Pocket
LINEで送る