住宅ローンを比較する際に、「やっぱりメガバンクだから安心」、「長い返済期間付き合うんだから信頼できるメガバンクで」といった理由で銀行を選んでいないでしょうか。

メガバンクは、かつての財閥が母体となる大企業の一角で、その知名度は高く長い歴史があります。その安心感からか、長いお付き合いとなる住宅ローンの借り入れ先にメガバンクを選択する人も多いと思います。
住宅ローンを借りる銀行を選ぶ際に、安心感は必要なのでしょうか。

住宅ローンの銀行選びには、安心感は必要ない!

通常、お金を預ける「預金」の場合であれば、倒産しにくそうな銀行を選ぶ必要があります。
そのため、必然的にメガバンク、すなわち、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行を選ぶのではないでしょうか。

サラリーマンでも自営業者の方でも、会社としても信用力の高いメガバンクをメインバンクにしているケースが多いでしょう。

しかし、住宅ローンはお金を預ける・貸すのではなく、お金を借りるものです。
通常通りに返済していて、銀行が仮に倒産したとしても、ほとんど借りている人にダメージはありません。
住宅ローンがチャラになってくれれば良いですがそううまくはいきません。住宅ローンを借りた銀行が倒産しても債務がなくなるわけではなく、債権を買いとった銀行に返済することになります。つまり、返す銀行が変わるだけです。

しかも、債券を買い取った銀行と顧客の契約条件はそのまま引き継がれるので、返済する銀行が変わったからといって、住宅ローンの金利が上がったりすることはなく、今までの契約条件が変わることはありません。

そのため、より低い金利で住宅ローンを提供しているネット銀行の住宅ローンを選ぶことをおすすめします。

メガバンクは店舗縮小へ?

今の住宅ローン金利の低下の要因と言える金融緩和が行われてからたびたび話題となっているのが、メガバンクの規模縮小や地方銀行の収益悪化のニュースです。

収益が悪化しているメガバンクでは人員削減や店舗縮小に舵を切っています。みずほ銀行の親会社であるみずほフィナンシャルグループでは、2026年度までに1万9千人分の業務量削減をめざした上で今後数年で20~30店舗の統廃合なども検討していますし、三菱UFJ銀行でも「完全無人」を含めたコスト負担の軽い軽量店舗の開発を急ぐなど、大きなニュースになっています。さらに三菱UFJ信託銀行では2018年4月から住宅ローン事業の新規融資からの撤退を発表するなど、金融機関の厳しい経営状況が垣間見れる事態となっています。

仮に、高めの金利を我慢しても「専任の担当がつく」「近くの店舗なら気軽に相談きて安心」という理由でメガバンクの住宅ローンを利用しようとしているならば、その状況は変わってきている事になりますね。
経営規模の縮小を行うメガバンクでは、ある日専任の担当者が変更になったり、さらには近所にある店舗が無くなると言った事態になるかもしれません。

さらにメガバンクは、住宅ローンに関してもネットのみで完結させる住宅ローンの提供を開始するなど、コストがかからないネット銀行に寄せた商品の提供を開始しています。メガバンクや大手銀行で扱う住宅ローン全てがそうなるとは思いませんが、いずれネットでの申込みが主流になるのであれば、それを先行して行っているネット銀行の利点が今のところ大きいのは言うまで無いですね。

銀行選びの重要なポイントは?

住宅ローンを借りるときに、メガバンクであれば専任の担当者がつき、相談や悩みを丁寧に対応してくれるかもしれませ。
しかも収益の悪化のためそれもなくなるかもしれませんが、金利の僅かな違いで数百万円の差が出る住宅ローンは、安心感を選んだために返済総額が大きくなってしまうことで実質的に損をしていますし、住宅ローンの破綻リスクも大きくなってしまいます。

ネット銀行でも、専任の担当者が付くことはありませんが、相談員がいる窓口を設置している銀行もありますし、窓口がない分ネットや電話などの相談体制に力を入れています。
楽天銀行では、平日土日の22時までオンラインチャットソフトSkypeで相談できるなど、銀行の窓口に行くよりも相談しやすい体制を整えているネット銀行もあります。

住宅ローンを選ぶ際には、銀行の名前で選ぶのではなく「金利」・「諸費用」・「付加サービス」を重視して選びましょう。

point_icon
住宅ローンは銀行の「安心感」ではなく「金利」・「諸費用」・「付加サービス」で選ぼう

 

おすすめのネット銀行住宅ローン

ネットからの申込みで全てが完結し、さらに「金利」・「諸費用」・「付加サービス」の優れたおすすめのネット銀行を紹介します。

 じぶん銀行

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したじぶん銀行は、ネットですべての手続を完結でき、かつ「がん50%保障団信」を無料で付帯するなど他の銀行よりも一歩先んじたサービスを提供する人気の銀行です。もちろん、変動金利・10年固定金利ともに史上最低水準の低金利も実現しています。

2019年10月 じぶん銀行の詳細
金利変動金利:0.457%
10年固定金利:0.570%
15年固定金利:0.732%
20年固定金利:0.841%
30年固定金利:1.237%
保証料0円
事務手数料借入れ金額の2.20% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円
団信団信に加えて「がん50%保障団信」

「全疾病保障」が無料で付帯
■関連記事■
じぶん銀行の住宅ローン担当者に比較ネット編集部が独自にインタビュー
じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
じぶん銀行の住宅ローンに借り換えってどう?
じぶん銀行の住宅ローン 新規借入れでキャッシュバックキャンペーン
[じぶん・住信SBI・楽天] 無料の疾病保障付き住宅ローンの保障内容を比較!
[10年固定・フラット35] じぶん・住信SBIネット・楽天の固定金利を徹底比較

最新の金利から詳しい商品内容の解説、さらに気をつけておきたい落とし穴まで説明したこちらの記事も参考にしてみて下さい。
>>じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?

 ジャパンネット銀行

2019年7月から住宅ローンの取扱いを開始したネット銀行の老舗であるジャパンネット銀行。
変動金利と10年固定金利で驚きの低金利で住宅ローンを提供しています。
とにかく金利の低い住宅ローンを探している方や、無料の疾病保障はないものの元の金利が低いため金利上乗せで疾病保障を付帯しても、他のネット銀行の金利よりも引く可能性もあります。

2019年10月 ジャパンネット銀行の詳細
金利変動金利:0.415%
10年固定金利:0.580%
保証料0円
事務手数料借入額の2.20%(税込)
一部繰上げ返済手数料0円
■関連記事■
ジャパンネット銀行の住宅ローン 金利や諸費用、メリット・デメリット を解説
ジャパンネット銀行の住宅ローン 審査基準を解説 ゆるい?厳しい?

最新の金利から詳しい商品内容の解説、さらに気をつけておきたい落とし穴まで説明したこちらの記事も参考にしてみて下さい。
>>ジャパンネット銀行の住宅ローン 金利や諸費用、メリット・デメリットを解説

 楽天銀行「フラット35」

多くの金融機関が提供する「フラット35」で高い人気を誇る楽天銀行です。
その秘密は「フラット35」で最も低い金利と諸費用にあります。さらにスーパーポイントプラグラムなど楽天グループならではのサービスが充実した「フラット35」になります。

2019年10月 楽天銀行フラット35の詳細
金利住宅購入価額に対する借入額の占める割合が90%以内の場合
15~20年固定金利:1.060%
21~35年固定金利:1.110%
保証料0円
事務手数料・返済口座に楽天銀行を指定した場合
借入額の1.100% (税込)
・借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合
借入額の0.990% (税込)

・返済口座に楽天銀行以外の口座を指定した場合
借入額の1.43% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円
※ 機構団信に加入した場合の金利になります。団信に加入しない場合には上記の金利から0.2%引き下げとなります。
■関連記事■
楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)
楽天銀行の住宅ローン審査はゆるい、甘い、厳しい?
[10年固定・フラット35] じぶん・住信SBIネット・楽天の固定金利を徹底比較
フラット35の審査は甘い?通りやすい?
フラット35からフラット35への借り換えは今がチャンス!
楽天銀行の住宅ローンで楽天ポイントがもらえる最新情報とは?

最新の金利から詳しい商品内容の解説、さらに気をつけておきたい落とし穴まで説明したこちらの記事も参考にしてみて下さい。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35)

 

 

Pocket
LINEで送る