関東の北東に位置し海と山など自然が多くありながらも東京への通勤も可能なベットタウンとして県内の人口は全国でも11位という大きな県である茨城県。県内では地方銀行の常陽銀行が預金残高・貸出残高で大きなシェアを締めています。それに続くのが筑波銀行や水戸信用金庫などの金融機関です。東京に近いこともあるのかメガバンクや都市銀行など多くの金融機関で住宅ローンの利用が可能です。もちろん全国どこでも利用できるネット銀行も選択肢の1つにすることができるので、住宅ローンは多くの選択肢から選択することが可能な県です。

そんな茨城県内で「フラット35」を利用する場合にはどの金融機関を選んだら良いのでしょうか。
地方銀行では「フラット35」は取り扱っているもののプロパーの住宅ローンに力を入れている傾向が強いですが、茨城県内でも利用できるネット銀行の「フラット35」と比較してみましょう。

「フラット35」は地域や金融機関により違いがある?

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している「フラット35」は、どの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりません。
だからといってどの金融機関で借りても同じではないのが「フラット35」を借りる際に注意しなければならないポイントです。

「フラット35」で違いが出るのは「金利」「事務手数料」です。この2つを比較して借入先を決めなければ、商品性は全く同じ「フラット35」にもかかわらず「なんか友人が借りているフラット35よりも金利が高い」なんてことが起こってしまうのです。ちなみに一番高い金利と低い金利ではかなりの差があります。

「フラット20」「フラット35」10月の適用金利
「フラット20」「フラット35」
1.060%~1.820%1.110%~1.870%
※融資率9割以下の金利です。
※団信に加入しない場合には0.2%引き下げられた金利になります。

この表は住宅金融支援機構が発表している金利ですが、「フラット35」でも「フラット20」でも0.6%以上の大きな差がありますね。
「フラット35」を借りるならこの最も低い金利で提供している銀行から借りることが、最も安く「フラット35」を借りる方法になります。
同じ商品なのに高い金利や事務手数料を払うのはナンセンスです。

では、茨城県内で利用できる「フラット35」の金利や事務手数料を確認してみましょう。

茨城県で「フラット35」を利用できる銀行は?

茨城県に本店をおく金融機関はもちろん、ネット銀行の「フラット35」は全国どこからでも利用できます。

「フラット35」はどこで借りても同じと思われがちですが、実は金融機関により金利や事務手数料に違いがあります。
茨城県で利用できる「フラット35」の金利と事務手数料を比較して、どこで「フラット35」を借りるのが一番安く済むのかを考えてみましょう。

常陽銀行の「フラット35」

地方銀行では、「フラット35」の取扱いには消極的なことも多く、さらに店舗を構えていることで公式サイトでは金利や事務手数料などの情報が掲載されていないことが多いですが、県内で最も大きなシェアを持つ地方銀行である常陽銀行では公式サイトで「フラット35」の取扱いがしっかり確認できます。

金利だけでなく商品概要や申し込みに際して用意しておく必要書類など丁寧にわかりやすく掲載れていて好感がもてる銀行です。県内で「フラット35」を利用しようと思ったらこの銀行が借入れ候補として検討してみる価値がありそうです。

筑波銀行の「フラット35」

筑波銀行も「フラット35」の取扱があることや、金利などの詳しい情報も公式サイトで確認できます。
店舗での説明だけでなく、インターネットで事前に詳しい情報を入手できるのは、利用者にはありがたいですね。

水戸信用金庫の「フラット35」

県内でも規模の大きな水戸信用金庫では公式サイトに「フラット35」の扱いに関する記載はありません。
店舗で相談すると「フラット35」の取扱いについての詳細がわかると思いますが、地方の金融機関にありがちなあまり「フラット35」に力を入れていないパターンのようです。

 
茨城県に本店をおく金融機関の「フラット35」の金利や事務手数料の情報が確認できました。
今回は、インターネット銀行の代表として、「フラット35」で高い貸出し実績を誇る楽天銀行の「フラット35」と比較してみましょう。

本当に金利や事務手数料に違いがあるのでしょうか。

 

茨城県内で利用できる「フラット35」を比較

それぞれの銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を表にまとめて見ましょう。

茨城県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
常陽銀行フラット20:1.670%
フラット35:1.760%
55,000円記載なし公式サイト
筑波銀行フラット20:1.320%
フラット35:1.410%
借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
水戸信用金庫取扱なし取扱なし取扱なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.320%
フラット35:1.410%
借入額の0.990% (税込)
無料公式サイト
※借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.100% (税込)。

いかがでしょうか。
それぞれの銀行の「フラット35」の金利と事務手数料に違いがあることがわかります。

常陽銀行は、金利が高い代わりに事務手数料が安いタイプの「フラット35」のみを取り扱っているようです。
筑波銀行と楽天銀行は、金利が低い代わりに事務手数料が高めのタイプの「フラット35」を取り扱っていて、この2行の金利は「フラット35」でも最も低い金利となっています。

契約時の諸費用を安く済ませたいのであれば常陽銀行の「フラット35」になりますが、トータルコストで安く済むのは、筑波銀行や楽天銀行の金利が低く事務手数料が高目のタイプになりなります。

そのトータルコストが安く済む筑波銀行と楽天銀行の「フラット35」でどちらがより安く済むかと言えば、事務手数料が筑波銀行の半分で済む楽天銀行の「フラット35」になります。

つまり、茨城県内で「フラット35」を利用しようと思ったら、一番安く借りる事ができる楽天銀行を借入れ候補として検討してみるべきでしょう。

茨城県で「フラット35」を借りるなら

県内の地方銀行では住宅ローン全般に力を入れている常陽銀行が「フラット35」の扱いにも力を入れているようです。
しかし、一番利用しやすそうな常陽銀行でも「フラット35」を比較するポイントである「金利と事務手数料」ではネット銀行代表の楽天銀行と比べても劣っていることがわかりました。

県内で「フラット35」を利用する場合には楽天銀行を選択肢の1つとして考えてみるべきでしょう。
全国的に見ても楽天銀行の「フラット20」「フラット35」は全国の金融機関で貸出実行件数で1位誇っています。その理由はなんでしょうか。

楽天銀行の「フラット35」がおすすめの理由

楽天銀行の「フラット35」が、高い貸出実行件数を誇っている理由はこれまでの説明してきた通り、「フラット35」を提供している金融機関の中でも金利と事務手数料のどちらも最低水準で、最も安く「フラット35」を借りられるからというのが大きな要因です。

しかし楽天銀行の「フラット35」のおすすめポイントはそれだけではありません。

インターネットと郵送で契約まで行える

銀行であれば相談するにも契約するにも、銀行の営業時間内に店舗に出向く必要があります。
普通に日中に仕事をしている人であれば、15時までに銀行に行くとなると、仕事を休むか抜けなければなりません。忙しい人にとってはかなりの手間となってしまします。

しかし、楽天銀行の「フラット35」はインターネットから申込みを行えますし、その後店舗に出向くとなく書類を郵送することでけいやくあを完結させる事ができます。
仕事が忙しく金融機関に来店する時間が取りにくい方には、楽天銀行のほうが利用しやすいのではないでしょうか。

オンラインによる相談体制

店舗に行かなくても契約まで行える。ここで気になるのが相談体制です。
銀行であれば窓口で対面相談が行えます。ただ、これも銀行の営業時間内に出向かなければなりません。

楽天銀行はオンラインでの相談体制に力を入れていて、電話やチャットソフトSkypeで平日はもちろん土日も22時まで相談が可能です。相談はもちろん無料ですし、予約制で電話をかけて延々待たされるといったこともありません。

楽天銀行のこの相談体制は、利用者の評判が高く、オリコン顧客満足度調査で2018年・2019年の2年連続で1位を獲得しています。

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナーです

楽天市場をよく利用する方であればお買い物で使える楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるなどメリットは更に大きくなるため、「フラット35」の比較ポイントである「金利や事務手数料」が変わらない水準であったとしても、それ以外のメリットのことも考えた場合やはり楽天銀行の「フラット35」がおすすめですね。

楽天銀行の「フラット35」はインターネットから気軽に申込みが行えます。
茨城県内で「フラット35」の利用を検討している方は、借入れ候補として検討してみることをおすすめします。

 
楽天銀行の「フラット35」の金利や事務手数料以外のメリット、更に気をつけておきたいポイントを詳細に解説した以下の記事を参考にしてみてください。
 >>楽天銀行の住宅ローン「フラット35」の落とし穴とデメリット

 

 

Pocket
LINEで送る