福井県で銀行といえば福井銀行が思い浮かぶと思います。地方銀行でありながら県内では預金、貸出金ともに大きなシェアを持っています。それに続くのが福邦銀行、さらに福井信用金庫などの信金です。

大きく金利が低下し歴史的な低金利となっている「フラット35」で住宅ローンの借り入れを検討している方が多くなっていますが、実は「フラット35」は提供している金融機関により金利と事務手数料が異なります。そのためこの2つのポイントを比較して借入先を選ばないと思わぬ損をしてしまうことになります。

福井県で「フラット35」を利用しようと思った場合にはどの金融機関が良いのでしょうか。県内で「フラット35」が利用できる金融機関と全国どこからでも利用できるネット銀行の「フラット35」と比較してみましょう。

福井県で「フラット35」を利用できる銀行は?

まずは福井県に本店をおく金融機関の「フラット35」の金利と事務手数料を確認してみましょう。

多くの地方銀行ではプロパーの住宅ローンに力を入れているため、「フラット35」に関しては取り扱ってはいるものの、公式サイトには「フラット35」の記載がない場合や、取り扱っていることはわかっても一番肝心な金利や事務手数料が掲載されていないことが多くなっています。
こういった金融機関では、インターネットの情報よりも窓口で説明することに重点を置いているため、「フラット35」の金利や事務手数料などの情報を知りたい場合や、利用しようとした場合には、時間を作って直接店舗に出向き窓口で相談する必要があります。
福井県内の金融機関はどうなっているでしょうか。

福井銀行の「フラット35」

県内で最も大きなシェアを持つ地方銀行である福井銀行では公式サイトで「フラット35」の取扱いがしっかり確認できます。金利だけでなく商品概要や申し込みに際して用意しておく必要書類など丁寧にわかりやすく掲載れていて好感がもてる銀行です。
「新機構団信デュエット」や「新3大疾病付機構団信」などもわかりやすく掲載されています。

福邦銀行の「フラット35」

福邦銀行も「フラット35」の取扱があることや、金利などの詳しい情報も公式サイトで確認できます。

福井信用金庫の「フラット35」

県内でも規模の大きな福井信用金庫では公式サイトに「フラット35」の扱いに関する記載はあるもの、詳しい内容を知るには店頭窓口に問い合わせる必要があるようです。

 
福井県では福井銀行、福邦銀行ともに公式サイトできちんと「フラット35」の取扱いがあること、更に詳しい融資条件や申し込みに際して必要な書類、そして当月の金利まで掲載されています。
県内のこれから「フラット35」での借り入れを考えている方には利用しやすい環境となっています。

問題はこのなかからどこの「フラット35」を選んだら良いのかですね。
福井県内の地方銀行と、「フラット35」で当サイトおすすめの楽天銀行の金利と事務手数料を比較してみましょう。

 

福井県内で利用できる「フラット35」を比較

それぞれの銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を表にまとめて見ましょう。

福井県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
福井銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の1.62% (税込)記載なし公式サイト
福邦銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
福井信用金庫記載なし記載なし記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の0.990% (税込)
※1
無料公式サイト
※ 融資率90%以内の金利になります。
※1 借り換えで返済口座に楽天銀行を指定した場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の1.100% (税込)。

さて、福井銀行・福邦銀行・楽天銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を比較した結果はどうでしょうか。

3行と金利に関しては「フラット35」の最低金利で提供され違いはありませんが、事務手数料に違いがあります。この違いが「フラット35」をしっかり比較して選ばなければならない理由です。

「フラット35」は地域や金融機関により違いがある?

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している「フラット35」は、どの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりません。だからといってどの金融機関で借りても同じではないのが「フラット35」を借りる際に注意しなければならないポイントです。

「フラット35」で違いが出るのは「金利」「事務手数料」です。この2つを比較して借入先を決めなければ、商品性は全く同じ「フラット35」にもかかわらず「なんか友人が借りているフラット35よりも金利が高い」なんてことが起こってしまうのです。ちなみに一番高い金利と低い金利ではかなりの差があります。

福井県内の地方銀行と楽天銀行の「フラット35」を比較して違いがあることを理解していただけたかと思います。

福井県で「フラット35」を選ぶなら

地方銀行では金利の記載すらされないことが多い「フラット35」ですが、福井県の金融機関では金利も含めた詳しい情報が公式サイトに記載されていて、さらに金利もネット銀行と変わらない低い水準であることから「フラット35」を利用しやすい環境であるといえます。

しかし「フラット35」の第2の比較ポイントであると”事務手数料”を比較してみると、福井銀行では楽天銀行の1.5倍程度、福邦銀行に至っては2倍程度と多めの事務手数料が必要となり、ネット銀行代表の楽天銀行よりも多く手数料を支払うことになります。

この数パーセントの違いがどのくらいの金額になるのか具体的に計算してみました。

借入額2.20%の場合1.10%の場合差額
2,000万円440,000円220,000円220,000円
3,000万円660,000円330,000円330,000円
4,000万円880,000円440,000円440,000円
5,000万円1,100,000円550,000円550,000円

事務手数料が最も高い福邦銀行と楽天銀行で比較した場合、3,000万円の借り入れで30万円以上の違いになります。借入額が多くなればなるほどこの差は大きくなります。
元金が減るわけでもない単なる手数料に何十万円も余分に支払う必要は全くありません。出来るだけ安く済ませることが出来る銀行を探すべきですが、それが楽天銀行になります。

福井県内で「フラット35」の利用を考えた場合には、金利や事務手数料や一部返済繰り上げ手数料などが最低水準で提供されていることに加えて、窓口に行く時間を必要とせずインターネットから気軽に申し込みを行える楽天銀行の「フラット35」がおすすめです。
借り入れ候補に検討してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の「フラット35」について詳しく解説&分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナー

 

 

Pocket
LINEで送る