「フラット35」が大きく金利を下げています。
この機会に「フラット35」を利用を考えている方も多いかもしれません。「フラット35」は多くの金融機関で扱っているため選ぶのが難しいと思っている愛媛県の方に、どこの「フラット35」を利用したら良いのかを考えてみましょう。
「フラット35」はどこの銀行で借りても同じじゃないの?と思っている方、実は同じじゃないんです。

本当に違うのか、県内で利用できるフラット35を比較してみましょう。

愛媛県で利用できる「フラット35」

愛媛県に本店をおく地方銀行は伊予銀行と愛媛銀行の2行です。
預金額・貸出額・店舗数ともに伊予銀行が県内でも最大のシェアを持っています。それに続くのが愛媛銀行になります。
この2行は「フラット35」を取り扱っているのでしょうか。公式ホームページを確認してみましょう。

まず、伊予銀行ですが、、、公式ホームページには「フラット35」の記載はありませんでした。伊予銀行は独自の住宅ローンで35年の長期固定金利を扱っているため、こちらに力を入れたいようですね。
「フラット35」の取扱いに関しては、電話や店舗で相談すれば詳しい話を聞くことが出来るでしょう。

気を取り直して、愛媛銀行を見てみましょう。
愛媛銀行では「フラット35」の専用ページが作られ、そこに融資条件などの詳細情報やシミュレーションなどがあり、一通りの情報を得ることができます。金利に関しても別のページではありますが、しっかり確認することができます。
これからフラット35を利用しようという人には愛媛銀行のほうが助かりますね。

さて、愛媛県から「フラット35」を申し込める銀行はまだあります。それがARUHI(アルヒ)の「フラット35」です。

ARUHI(アルヒ)はネット銀行と違い全国に店舗を展開して対面で「フラット35」を販売しています。
窓口での相談は当然ですが公式ホームページでも「フラット35」を始めとする商品の紹介に力を入れていて、融資条件などはもちろん金利や事務手数料が1ページで把握できます。

ではこの3行の「フラット35」金利と事務手数料を比較してみましょう。
同じ商品にも関わらず、住宅ローンで最も重視するべき金利や事務手数料に違いがあるのでしょうか。

伊予銀行・愛媛銀行・ARUHI(アルヒ)の「フラット35」を比較

では早速3行の金利と事務手数料を比較してみましょう。

愛媛県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
伊予銀行記載なし記載なし記載なし公式サイト
愛媛銀行フラット20:1.240%
フラット35:1.310%
借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
ARUHI(アルヒ)フラット20:1.240%
フラット35:1.310%
借入額の1.100% (税込)
※1
無料公式サイト
※「フラット35」融資率9割以下の金利になります。
※1 借り換えでWEBから申し込みを行った場合の手数料。

どうでしょうか。
金利に違いはありませんでしたが、事務手数料に違いがあることがわかりました。
同じ商品なのに意外ですよね。

※ 伊予銀行に関しては、公式ホームページでは「フラット35」の詳細を確認できなかったので、住宅金融支援機構のホームページで確認しましたが、金利と事務手数料は愛媛銀行と同じでした。

「フラット35」は金利や事務手数料が提供している銀行により違いがあるため、しっかり比較して借りないと損をしてしまう。というのは納得していただけたかと思います。

問題はこの違いがどのくらいの金額になるかですね。
試算して見ましょう。

愛媛銀行とARUHI(アルヒ)「フラット35」の事務手数料はどのくらい違う?

愛媛銀行とARUHI(アルヒ)の「フラット35」の違いは、事務手数料でした。
その違いはわずかに1%程度ですが、金額にするとどのくらいになるのでしょうか。

事務手数料は、住宅ローンを借りる際に必要になる諸費用の大部分を占める金額の大きなものです。更に、事務手数料は現金で用意する必要があるため、少しでも安く抑えておくのが、住宅ローンを借りる際のコツの1つです。何より元金が減るわけでも無い単なる”手数料”に大金を払う必要性はありませんね。

ではこの1%の違いがどのくらいの違いになるのか試算してみました。

借入額2.20%の場合1.10%の場合差額
2,000万円440,000円220,000円220,000円
3,000万円660,000円330,000円330,000円
4,000万円880,000円440,000円440,000円
5,000万円1,100,000円550,000円550,000円

住宅ローンは何千万円も借りるので、1%の違いも大きくなりますね。
同じ住宅ローンを借りてもこれだけの違いがあり、「フラット35」を借りるときは銀行を選ばなければ思わぬ損をしてしまうことになるのです。

愛媛県で「フラット35」を借りるならARUHI(アルヒ)

これまで愛媛県内で利用できる「フラット35」を比較してきましたが、いかがだったでしょうか。
まず違いがあることに驚きますね。

「フラット35」は住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している住宅ローンです。その数は300以上になりますが、その中でも最低水準の金利と事務手数料で「フラット35」を提供しているのがARUHI(アルヒ)になります。

今回の比較では金利に関しては、伊予銀行・愛媛銀行・ARUHI(アルヒ)ともに「フラット35」の最低金利でしたが、事務手数料で違いが出ました。
事務手数料の差はたった1%とはいえ、何千万円も借り入れを行う住宅ローンでは大きな金額になることも、比較した結果わかっていただけたかと思います。

このことから、愛媛県内で「フラット35」を利用する場合には、金利と事務手数料を最低水準で提供しているARUHI(アルヒ)がおすすめになります。
ただ気になるのが店舗も窓口もなく、相談できないことではないでしょうか。

ARUHI(アルヒ)は9年連続「フラット35」の貸出し実績No.1

「フラット35」の取り扱いシェアが9年連続No.1‎のARUHI(アルヒ)。

「フラット35」は住宅金融支援機構が金融機関と提携して提供している住宅ローンで、提供している金融期間は300を超えます。
そのなかでもARUHI(アルヒ)が、9年連続で取り扱いシェアNo.1‎を獲得している人気の秘密はなんでしょうか。

ARUHI(アルヒ)のオリコン顧客満足度調査のバナーです

 ARUHI(アルヒ)の「フラット35」のここがメリット!
 ・金利は「フラット35」の最低水準
 ・借り換えでWEB申込みを行うと事務手数料も「フラット35」最低水準
 ・全国に150以上の店舗を展開し、専門家に直接相談が可能
 ・自己資金に余裕があればより金利が低い「スーパーフラット」もあり
 ・自営業、個人事業主の方やアルバイトでも借入れ可能
 ・審査も早くつなぎ融資にも対応

借り換えでWEBから申し込みを行うと通常、借入額の2.20%(税込)も必要な事務手数料が借入額の1.10%(税込)と半分で済ますことができます。

さらに専門家に対面で相談が可能なこともARUHI(アルヒ)の特徴の1つです。
全国に150店舗を展開し相談しやすい体制を整えていることもユーザーの満足度が高い要因でしょう。

ARUHI(アルヒ)の「フラット35」、「スーパーフラット」が気になった方は気軽に公式サイトで借入れシミュレーションを行ってみましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る