関東の東南に位置し東京大都市圏の一角を成す千葉県は、都道府県人口と人口密度は全国第6位の大きな県です。その千葉県に本店をおく銀行は、千葉銀行、千葉興業銀行、京葉銀行の3行です。

千葉県で「フラット35」を利用する場合にまず思い浮かぶのは、千葉銀行でしょうか。
首都圏に近い事でメガバンクをメインバンクにしている方も多いかもしれませんが、県内の地方銀行を中心に、「フラット35」の金利と事務手数料を比較し、「フラット35」を借りるべき銀行を見つけましょう。

千葉県で「フラット35」が借りられる銀行は?

千葉県で銀行と言えば千葉銀行が思い浮かぶ方多いかもしれません。
千葉銀行は総資産額でも地方銀行トップクラスの大きな銀行で、県内でも最大のシェアをもっています。当然ですが、「フラット35」を取扱いっていることが公式ホームページを見ると確認できます。金利や事務手数料、融資条件などの詳しい情報もしっかり確認できるのはさすがですね。
千葉興業銀行・京葉銀行も同様に、公式ホームページで金利などの詳しい情報を確認できました。

地方銀行の公式ホームページでは「フラット35」を取り扱っていることはわかっても、金利や事務手数料などの情報が記載されていないことが多く、窓口で直接相談するか電話をしないとわからない場合が多いですが、千葉県内の地方銀行ではいずれも
しっかりと掲載されていて、「フラット35」を利用しやすい状況と言えます。

しかし、「フラット35」で注意しなければならないのは、同じ商品でも金利や事務手数料が違うことです。「フラット35」はどで借りても同じと思い込み、いつも利用している地元の銀行で借りてしまうと損をすることもあります。

今回は「フラット35」で高い貸出し実績を誇り、高き顧客満足度で人気の楽天銀行の「フラット35」と千葉銀行の地銀の「フラット35」を比較してみましょう。

千葉県内で利用できる「フラット35」を比較

「フラット35」でも提供する金融機関により違いが出る、金利と事務手数料を比較してみましょう。

千葉県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
千葉銀行フラット20:1.120%
フラット35:1.180%
借入額の2.16% (税込)記載なし公式サイト
千葉興業銀行フラット20:1.120%
フラット35:1.180%
借入額の2.16% (税込)記載なし公式サイト
京葉銀行フラット20:1.120%
フラット35:1.180%
借入額の2.16% (税込)記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.120%
フラット35:1.180%
借入額の1.08% (税込)
※1
無料公式サイト
※ 融資率が9割以下の場合の適用金利です。
※1 借り換えで返済口座に楽天銀行を指定し新規借入の場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定し、借り換えでの利用の場合は借入額の0.972% (税込)。

千葉銀行・千葉興業銀行・京葉銀行と楽天銀行の「フラット35」を金利と事務手数料にポイントを絞って比較してみました。
金利に関しては、4行とも「フラット35」を提供している金融機関の中でも最も低い金利で提供され差はありませんでした。しかし、事務手数料に違いがでました。

千葉銀行・千葉興業銀行・京葉銀行の「フラット35」の事務手数料は借入額の2.16%(税込)と横並びになっていますが、楽天銀行の「フラット35」の事務手数料は、楽天銀行をローン返済口座に指定すれば、新規借り入れの場合で借入額の1.08%(税込)、借り換えの場合には更に低い借入額の0.972%(税込)と、千葉県内の銀行の半分となっています。

たった1%の違いですが、借入額が大きくなる住宅ローンでは、この1%が大きな違いになります。
具体的には金額にすると、3,000万円の借り入れであれば324,000円、4,000万円の借り入れであれば432,000円も楽天銀行の「フラット35」の方が事務手数料を安くなるのです。

住宅ローンや「フラット35」を利用しようと思っている人であれば、いろいろな住宅ローンを比較していることと思います。
その比較の段階で、同じ条件で30万円・40万円も手数料が安くなる住宅ローンがあれば当然そちらを利用しますよね。今回の比較でわかったことは、千葉県で「フラット35」を利用しようと思ったら、楽天銀行の「フラット35」がベストであるということです。

楽天銀行の「フラット35」がおすすめの理由

千葉県内の地方銀行と楽天銀行の「フラット35」を比較してきた結果、金利は変わらないものの、事務手数料に差があり、その差は数十万円の大きなものになることがわかりました。
これだけでも楽天銀行の「フラット35」を選ぶ理由になると思いますが、それ以外にも楽天銀行の「フラット35」にはおすすめの理由があります。

平日土日22時まで相談可能

銀行の営業時間は15時まで、専門の住宅ローンプラザであれば19時くらいまで相談が出来るかもしれません。
しかし楽天銀行の「フラット35」は年末年始など数日の休日を除き、平日でも土日でも22時まで相談が可能です。ただし楽天銀行は店舗を持っていないため、電話やチャットソフトSkypeでの相談となります。

銀行の営業時間に相談行くにはお仕事を休む必要もあるかもしれませんが、そんな時間をとれないという忙しい方は楽天銀行のオンライン相談の方が便利ではないでしょうか。
実際に楽天銀行はこの相談体制に力を入れ、2018年にはオリコン顧客満足度調査で1位を獲得するなど、高い顧客満足度を獲得しています。

楽天銀行のフラット35のオリコン顧客満足度1位のバナー

楽天市場で使える楽天ポイントが溜まりやすくなる

国内最大のオンラインモールである楽天市場、その楽天市場で現金と同じように使える楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるもの、楽天銀行の「フラット35」ならではのおすすめポイントです。

楽天銀行の「フラット35」を借り入れると、楽天スーパーポイントプログラムのランクが自動的にステージが1つアップしポイント還元率がアップします。楽天グループのサービスをよく使う方であれば、楽天銀行の「フラット35」を選ばい理由はありません。

楽天銀行のハッピープログラムの説明図

千葉県内で「フラット35」を利用する場合には、事務手数料の安さから楽天銀行がおすすめです。
楽天が嫌いな方もいるかもしれませんが、それだけの理由で楽天銀行の「フラット35」を選ばずに、数十万高い事務手数料を払うのは勿体ないと思いませんか?
「フラット35」での借り入れを検討している方は、楽天銀行の「フラット35」を借り入れ候補に検討してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行の「フラット35」について詳しく解説&分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)

 

 

Pocket
LINEで送る