関東の東南に位置し東京大都市圏の一角を成す千葉県は、都道府県人口と人口密度は全国第6位の大きな県です。その千葉県に本店をおく銀行は、千葉銀行、千葉興業銀行、京葉銀行の3行です。

千葉県で「フラット35」を利用する場合にまず思い浮かぶのは、千葉銀行でしょうか。
首都圏に近い事でメガバンクをメインバンクにしている方も多いかもしれませんが、県内の地方銀行を中心に、「フラット35」の金利と事務手数料を比較し、「フラット35」を借りるべき銀行を見つけましょう。

千葉県で「フラット35」が借りられる銀行は?

千葉県で銀行と言えば千葉銀行が思い浮かぶ方多いかもしれません。
千葉銀行は総資産額でも地方銀行トップクラスの大きな銀行で、県内でも最大のシェアをもっています。当然ですが、「フラット35」を取扱いっていることが公式ホームページを見ると確認できます。金利や事務手数料、融資条件などの詳しい情報もしっかり確認できるのはさすがですね。
千葉興業銀行・京葉銀行も同様に、公式ホームページで金利などの詳しい情報を確認できました。

地方銀行の公式ホームページでは「フラット35」を取り扱っていることはわかっても、金利や事務手数料などの情報が記載されていないことが多く、窓口で直接相談するか電話をしないとわからない場合が多いですが、千葉県内の地方銀行ではいずれもしっかりと掲載されていて、「フラット35」を利用しやすい状況と言えます。

しかし、「フラット35」で注意しなければならないのは、同じ商品でも金利や事務手数料が違うことです。「フラット35」はどで借りても同じと思い込み、いつも利用している地元の銀行で借りてしまうと損をすることもあります。

今回は「フラット35」で高い貸出し実績を誇り高い顧客満足度で人気の楽天銀行の「フラット35」と千葉県内の地銀の「フラット35」を比較してみましょう。

千葉県内で利用できる「フラット35」を比較

「フラット35」でも提供する金融機関により違いが出る、金利と事務手数料を比較してみましょう。

千葉県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
千葉銀行フラット20:1.240%
フラット35:1.310%
借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
千葉興業銀行フラット20:1.240%
フラット35:1.310%
借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
京葉銀行フラット20:1.240%
フラット35:1.310%
借入額の2.20% (税込)記載なし公式サイト
ARUHI(アルヒ)フラット20:1.240%
フラット35:1.310%
借入額の1.10% (税込)
※1
無料公式サイト
※ 融資率が9割以下の場合の適用金利です。
※1 借り換えでWEBから申し込んだ場合は借入額の事務手数料。

千葉銀行・千葉興業銀行・京葉銀行とARUHI(アルヒ)の「フラット35」を金利と事務手数料にポイントを絞って比較してみました。
金利に関しては、4行とも「フラット35」を提供している金融機関の中でも最も低い金利で提供され差はありませんでした。しかし、事務手数料に違いがでました。

千葉銀行・千葉興業銀行・京葉銀行の「フラット35」の事務手数料は借入額の2.20%(税込)と横並びになっていますが、ARUHI(アルヒ)の「フラット35」の事務手数料は、新規借り入れの場合では変わりませんが、借り換えの場合にはWEBからの申し込みで借入額の1.100%(税込)と、千葉県内の銀行の半分となっています。

たった1%の違いですが、借入額が大きくなる住宅ローンでは、この1%が大きな違いになります。
具体的には金額にすると、3,000万円の借り入れであれば150,000円、4,000万円の借り入れであれば220,000円も楽天銀行の「フラット35」の方が事務手数料を安くなるのです。

住宅ローンや「フラット35」を利用しようと思っている人であれば、いろいろな住宅ローンを比較していることと思います。
その比較の段階で、同じ条件で30万円・40万円も手数料が安くなる住宅ローンがあれば当然そちらを利用しますよね。今回の比較でわかったことは、千葉県で「フラット35」を利用しようと思ったら、楽天銀行の「フラット35」がベストであるということです。

千葉県内では多くの金融機関で住宅ローンを利用できる

ここまで「フラット35」を利用できる”千葉県内に本店をおく銀行”に絞って紹介してきました。
ですが千葉は地方銀行を始め、メガバンクや信金・信組などの金融機関が多く存在し多くの選択肢から住宅ローンを選ぶことができます。

千葉県内に本店を金融機関で信金であれば千葉信用金庫・銚子信用金庫・東京ベイ信用金庫・館山信用金庫・佐原信用金庫、信組では銚子商工信用組合・君津信用組合・房総信用組合など、地方銀行よりも更に細かい地域で営業活動を行っている金融機関はもちろん、千葉全域をカバーしているJAバンク千葉も忘れてはいけません。

このように千葉県内で住宅ローンを借りる場合には、メガバンク、都市銀行に地方銀行、更には信金や信組、JAバンクと、多くの選択肢がありますが、「フラット35」同様にネット銀行の住宅ローンと比較してみることをおすすめします。

それはネット銀行の住宅ローンは、これらの金融機関に比べて金利が低く高い付加サービスを実現しているからです。

ARUHI(アルヒ)は9年連続「フラット35」の貸出し実績No.1

「フラット35」の取り扱いシェアが9年連続No.1‎のARUHI(アルヒ)。

「フラット35」は住宅金融支援機構が金融機関と提携して提供している住宅ローンで、提供している金融期間は300を超えます。
そのなかでもARUHI(アルヒ)が、9年連続で取り扱いシェアNo.1‎を獲得している人気の秘密はなんでしょうか。

ARUHI(アルヒ)のオリコン顧客満足度調査のバナーです

 ARUHI(アルヒ)の「フラット35」のここがメリット!
 ・金利は「フラット35」の最低水準
 ・借り換えでWEB申込みを行うと事務手数料も「フラット35」最低水準
 ・全国に150以上の店舗を展開し、専門家に直接相談が可能
 ・自己資金に余裕があればより金利が低い「スーパーフラット」もあり
 ・自営業、個人事業主の方やアルバイトでも借入れ可能
 ・審査も早くつなぎ融資にも対応

借り換えでWEBから申し込みを行うと通常、借入額の2.20%(税込)も必要な事務手数料が借入額の1.10%(税込)と半分で済ますことができます。

さらに専門家に対面で相談が可能なこともARUHI(アルヒ)の特徴の1つです。
全国に150店舗を展開し相談しやすい体制を整えていることもユーザーの満足度が高い要因でしょう。

ARUHI(アルヒ)の「フラット35」、「スーパーフラット」が気になった方は気軽に公式サイトで借入れシミュレーションを行ってみましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る