三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などメガバンク3行が2022年11月の住宅ローン適用金利を発表しました。

住宅ローン金利の指標となる長期金利は6年ぶりの水準となっています。3メガバンクでは三菱UFJ銀行以外が10年固定金利を引き上げます。主力の変動金利については3メガバンク揃って据え置きとしています。

なお、都市銀行のりそな銀行も変動金利を据え置き、10年固定金利は引き上げとしています。

長期金利の動向・推移(過去1年)

長期金利は2022年に入ると6年ぶりの高水準に上昇していますが、日銀の金融政策にも大きな変動はなく、今後も右肩上がりで長期金利が上昇していく状況にはありません。

実際、2022年4月27・28日に開催された金融政策決定会合では、長期金利を年0.25%に強制的に抑えるために毎日、指値オペを実施することも決定しており、日銀の金利抑制に対する強い姿勢は市場に大きな驚きを与えました。
長期金利の推移・動向

引用;日本相互証券

 

各行の住宅ローン金利(変動金利)

年月

三菱UFJ銀行

(事務手数料型)

みずほ銀行

(ローン取扱手数料型)

三井住友銀行

(WEB申込専用住宅ローン)

2022年11月0.475%0.575%0.475%
2022年10月0.475%0.575%0.475%
2022年9月0.475%0.575%0.475%
2022年8月0.475%0.575%0.475%
2022年7月0.475%0.575%0.475%
2022年6月0.475%0.575%0.475%
2022年5月0.475%0.575%0.475%
2022年4月0.475%0.575%0.475%
2022年3月0.475%0.575%0.475%
2022年2月0.475%0.575%0.475%
2022年1月0.475%0.575%0.475%
2021年12月0.475%0.575%0.475%
2021年11月0.475%0.575%0.475%
2021年10月0.475%0.575%0.475%
2021年9月0.475%0.575%0.475%
2021年8月0.475%0.575%0.475%

 

各行の住宅ローン金利(10年固定金利)

年月

三菱UFJ銀行

(プレミアム住宅ローン)

みずほ銀行

(ネット専用)

三井住友銀行

(WEB申込専用住宅ローン)

2022年11月0.830%1.200%0.930%
2022年10月0.830%1.050%0.830%
2022年9月0.890%0.950%0.890%
2022年8月0.990%0.950%0.980%
2022年7月1.040%1.050%1.040%
2022年6月0.990%0.900%0.990%
2022年5月1.040%0.950%1.500%
2022年4月0.890%0.850%1.350%
2022年3月0.890%0.850%1.350%
2022年2月0.840%0.700%1.300%
2022年1月0.740%0.650%1.200%
2021年12月0.740%0.650%1.200%
2021年11月0.740%0.650%1.200%
2021年10月0.690%1.150%
2021年9月0.690%1.150%
2021年8月0.690%1.150%

 

メガバンク各行の住宅ローン動向

人口減少、低金利の長期化、キャッシュレス化の進展により、メガバンク各行はリストラを進めており、店舗統廃合、住宅ローンユーザーのネット誘導、地方からの住宅ローン撤退、ATM手数料の値上げなどのニュースが相次いでいます。

住宅ローンサービスに限定してみていくと、ネット銀行に対抗すべき、メガバンク各行も低金利のネット専用商品を取り扱っていますが、疾病保障が有料であるなど、まだまだネット銀行の住宅ローンに優位性があることに変わりありません。

 

 

Pocket
LINEで送る