住宅ローンの借り換えを行う時には、当然、いくつかの銀行の住宅ローンを比較して決める事になると思いますが、その際に注意しなければならないポイントは何でしょうか。

金利タイプ別にポイントが異なる

借り換えを行うときにまず注意しなければならないのは、どの金利タイプから、どの金利タイプに借り換えるかです。

  1. 同じ金利タイプに借り換え
  2. 違う金利タイプに借り換え

2つの選択肢があると思いますが、それぞれ注意するポイントが異なります。

同じ金利タイプに借り換えする場合

変動金利から変動金利、固定金利から固定金利、同じ金利タイプで借り換えをする場合の比較のポイントは、

  • 金利
    保証料が金利に上乗せの場合には保証料込の金利
  • 事務手数料

以上の2点だけです。
この条件で返済総額を比較して、返済総額が少ない住宅ローンに借り換えをしましょう。

違う金利タイプに借り換えをする場合

変動金利から固定金利へ借り換え

現在の低金利を考えると、このパターンでの借り換えを考えている方が多いのではないでしょうか。
このパターンの場合は、変動金利より固定金利のほうが利率が高いので、借り換えをした場合に返済総額は増えてしまいます。しかし、このパターンは将来の金利上昇を考えての借り換えになるので、今の金利で返済総額を比べても意味はありません。

まず、保証料を含めた金利と諸費用が少ない住宅ローンを選び、その上で想定している将来の金利上昇分を加味した返済総額を比較するのがポイントです。

変動金利から固定金利への借り換えのタイミングは、「変動金利が上昇したら固定金利に借り換えよう」と考えている方が多いですが、変動金利が上昇したタイミングでは固定金利も上昇している傾向が強いので、なかなか思った通りのタイミングで借り換えを行うのは難しいようです。
金利が最低水準の今だからこそ、固定金利への借り換えを行い、将来の金利上昇リスクに早めに備えておくことが懸命かもしれません。

固定金利から変動金利へ借り換え

このパターンは、上のパターンとは逆に、固定金利より変動金利のほうが利率が低いので、借り換えをした場合に返済総額は減ります。しかし、変動金利には将来の金利上昇リスクがあります。

比較するには、変動金利で将来どのくらい上昇するのかを加味して返済総額を算出し、それを借り換え前の返済残高と比較しましょう。

固定金利選択型の固定期間が終了して借り換えをする場合

人気の高い10年固定金利などの固定金利選択型の固定期間が終了した場合、原則として変動金利に切り替わります。固定期間の金利を優遇しているため、その期間が終了すれば金利が上がるのは仕方ありませんね。しかしその金利の上がり方がとんでもないものになります。

<10年固定金利の比較>
銀行
当初期間の金利10年固定金利:
1.100%
10年固定金利:
0.620%
当初期間終了後の金利変動金利:
0.900%
変動金利:
1.780%
※どの銀行も固定期間終了後は申し出がない限り変動金利へ変更します。

新生銀行は当初の固定金利が高めなため、優遇機関が終了しても金利は上がりませんが、10年固定金利比較ランキングで上位のじぶん銀行では0.590%の当初固定金利が、優遇期間終了後には1.770%の変動金利に、住信SBIネット銀行では0.720%の10年固定金利が優遇期間終了後には2.075%の変動金利になります。このため固定期間の終了後や終了しそうなタイミングで借り換えを行うことで大幅に返済額を抑えられる事になります。

固定期間選択型住宅ローンで借入れている方は、固定期間終了のタイミングで絶対に借り換えを検討するべきでしょう。

 

おすすめの借り換え住宅ローン

借り換え比較ランキングからおすすめの借り換え先を紹介します。

住宅ローン借り換え比較ランキング<2018年7月金利更新>
順位銀行名変動金利固定金利事務手数料保証料申込み
1位jibun_bank_83x420.457%10年固定:0.620%借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
1位au_housingloan_83x420.457%10年固定:0.620%借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
2位SBIマネープラザのロゴ画像です0.428%10年固定:0.770%
20年固定:1.210%
借入額の2.16%0円公式サイト
3位sumishinsbi_bank_83x420.428%10年固定:0.810%
20年固定:1.210%
借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
4位楽天銀行のロゴ画像です
金利選択型
0.527%
10年固定:1.152%
一律
324,000
0円公式サイト
詳細を確認
5位risona_bank_83x42
2018年7月適用金利
0.429%
※1
10年固定:0.700%
20年固定:1.000%
※1
32,400円
+
借入額の2.16%
0円公式サイト
詳細を確認
6位楽天銀行のロゴ画像です
フラット35
なし20年以内:1.290%
21年以上:1.340%
※2
借入額の
0.972%
0円公式サイト
詳細を確認
7位ARUHIのロゴ画像です
フラット35
なし20年以内:1.290%
21年以上:1.340%
※2
借入額の
1.08%
0円公式サイト
詳細を確認
8位0.600%
※3
10年固定:1.100%54,000円~
162,000円
0円公式サイト
詳細を確認
9位0.490%10年固定:0.690%借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
※1 住宅ローン借り換えWEB申込限定プランの2018年7月の金利適用時。
※2 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。
※3 半年後からは0.900%。
借り換え比較ランキングの詳細はこちら

おすすめの借り換え じぶん銀行

11月の借り換えランキングで1位になったのは、じぶん銀行です。
11月の金利は変動金利は据置きで0.497%・10年固定金利は0.590%としています。
がんと診断されるだけで保障が適用される「がん50%保障団信」も無料で付帯します。様々な銀行が採用する疾病保障の中でも圧倒的に保障がおりるハードルが低いことは言うまでもないですね。

 

おすすめの借り換え 住信SBIネット銀行

2位は借り換え限定の特別金利を継続している住信SBIネット銀行です。
なんと借り換えでの利用に限定した変動金利が0.447%と驚きの低金利を実現しています。変動金利での借り換えを考えていた方には一番のおすすめです。今後はこの金利で借り換えは出来ないかもしれません。
金利上昇リスクが気になる方もいるかもしれませんが、日銀の金融緩和が行われているうちは金利が大きく上昇することは無さそうですし、この金利の低さは借り換えの効果が大きくなるのは言うまでもありません。

もちろん借り換えでも住信SBIネット銀行の最大の特徴である「全疾病保障」も無料で付帯します。

 

おすすめの借り換え 楽天銀行「フラット35」

4位はフラット35の中でも最低金利を実現する楽天銀行です。
21年以上であれば1.370%残りの返済期間が20年を切れるようであればさらに金利が低い1.300%で、返済終了まで金利が変わらない安心感を得ることが出来ます。
さらに楽天銀行の「フラット35」で借り換えると、諸費用も他の銀行の「フラット35」に比べて圧倒的に低く抑えることが可能です。
諸費用で大きな割合を占める、事務手数料は借入額の2.16%必要な場合がほとんどですが、楽天銀行では通常1.5%、楽天銀行を支払口座にするとさらに割安な0.972%と半分以下に抑えることが可能で、金利に加えて諸費用でも最低水準の低さは借り換えで考えておきたい諸費用の問題も頭を悩まさなくて済みますね。

借り換えを申し込む際には楽天銀行ならではの楽天ポイントのプレゼントキャンペーンも忘れずに応募しておきましょう。

 
まずはシミュレーターで試算してみることが借り換えの第一歩です。
気になる銀行の住宅ローンがあれば気軽に公式サイトで試算してみましょう。

11月の借り換え比較ランキングにランクインした銀行の住宅ローンのメリット・デメリット、さらには気をつけたほうがいいポイントを解説した下の記事も借り換えの際の銀行選びの参考にしてみて下さい。
>>じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

>>りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?

>>住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴・デメリットとは?

>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35)

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る