近畿地方の行政・経済・文化・交通の中心であり、都道府県としては東京都、神奈川県に次ぐ日本第3位の人口規模を持っているのが大阪府です。

そんな阪府で「フラット35」を利用しようとしたときに、沢山ある銀行の中からどこの「フラット35」を選んだら良いでしょうか。
今、「フラット35」は歴史的な低水準となっていることもあり、返済終了まで低い金利で固定できてしまう「フラット35」での借り入れを検討している方も多いと思います。

「フラット35」を借りる銀行を選ぶ際に1つ注意しておかなければならないのは、「フラット35」はどこで借りても同じではないということです。実は「フラット35」は提供する金融機関により金利と事務手数料に違いがあります。
今回は大阪府で「フラット35」を利用する場合に選ぶべき、金利と事務手数料の最も低い銀行を探してみましょう。

大阪府で「フラット35」を利用するなら

大阪府ではメガバンクである三井住友銀行と三菱UFJ銀行のメガバンクが大きなシェアを持っています。

府内に本店をおく地方銀行では、2019年4月1日に近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併し誕生した関西みらい銀行が最大の規模と言って良いでしょう。
さらに池田泉州銀行、大正銀行と続きます。

<大阪府に本店がある地方銀行 (平成30年3月時点)>

金融機関 預金額 貸出額 店舗数
関西みらい銀行73,260億円63,741億円155
池田泉州銀行49,539億円39,080億円141
大正銀行4,458億円3,992億円27

関西みらい銀行、池田泉州銀行、大正銀行の3行ともに公式ホームページには「フラット35」の専用のページが設けられ、金利や事務手数料、融資条件や商品要項など詳しい情報をえることが出来ます。
ただ、大正銀行だけは金利が記載されずわかりませんでした。

多くの地方銀行では、利益の高い独自の住宅ローンに力を入れ、住宅金融支援機構と提携して販売している「フラット35」は力を抜きがちで、「フラット35」専用のページが用意されていないばかりか、取り扱っているかすらわからないといったことがよくありますが、大阪の銀行はきちんと情報を掲載してくれています。「フラット35」を利用しやすい状況と言えます。

中でも関西みらい銀行では、インターネットで資料請求し申し込んだ場合のインターネットプランで、金利と事務手数料の割り引きを行っています。
地方銀行では、店舗に出向いて相談し、契約することを基本とした経営戦略が当たり前です。そんな中でインターネットでの申し込みにも力を入れているのは、利用者にとっては嬉しいことです。

今回、大阪府内で利用できる「フラット35」を比較する上で重要なのは、金利と事務手数料が最も低い「フラット35」を選ぶことです。
そこでインターネット銀行で全国どこからでも申し込みを行える楽天銀行の「フラット35」を比較対象としてみましょう。

大阪府で利用できる「フラット35」を比較

府内で営業する地元の銀行である関西みらい銀行、池田泉州銀行、大正銀行の3行と、インターネット銀行の楽天銀行の「フラット35」の金利と事務手数料を比較してみましょう。

大阪府で利用できる「フラット35」を比較
銀行名金利事務手数料繰り上げ返済
手数料(一部)
公式サイト
関西みらい銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
※1
借入額の1.62%(税込)
※2
記載なし公式サイト
池田泉州銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の2.16%(税込)記載なし公式サイト
大正銀行記載なし借入額の0.97%(税込)記載なし公式サイト
楽天銀行フラット20:1.110%
フラット35:1.170%
借入額の1.08%(税込)
※3
無料公式サイト
※ 融資率が9割以下の場合の適用金利です。
※1 インターネットで資料請求し申込みを行った場合のインターネットプランの金利です。
※2 インターネットで資料請求し申込みを行った場合のインターネットプランの事務手数料です。

※3 借り換えで返済口座に楽天銀行を指定し新規借入の場合の手数料。
返済口座に楽天銀行を指定し、借り換えでの利用の場合は借入額の0.972% (税込)。

同じ「フラット35」を比較してみましたがいかがでしょうか。
金利が判明している関西みらい銀行、池田泉州銀行、楽天銀行は同じ最低水準の金利となっていて違いはありません。しかし事務手数料におおきな違いがあることがわかりました。

最も低いのは大正銀行の借入額の0.97%(税込)です。残念ながら金利がわからないため、なんとも言えませんが、この事務手数料の低さは店舗に行ってみるか電話などで問い合わせしてみる価値がありそうです。

次に低いのが借入額の1.08%(税込)としたインターネット銀行代表の楽天銀行です。金利と事務手数料を最低水準で「フラット35」を提供していることが証明された結果と言えます。

関西みらい銀行の金利と事務手数料は、店舗で相談せずに、インターネットで資料請求を行い、その後に申込みを行った場合の金利と事務手数料になります。どちらもなかなか低いですが、事務手数料が楽天銀行よりも高い事がわかります。

池田泉州銀行は、金利は最低水準ですが、事務手数料が借入額の2.16%(税込)とこの中では一番高く設定されています。この借入額の2.16%(税込)というのは一般的な割合で特別高いというものではありませんが、楽天銀行のように引下げている銀行があることで割高に感じてしまいます。

手数料で選ぶなら大正銀行か楽天銀行の「フラット35」

借入額の何%と言われてもいまいちピンときませんよね。
それぞれ3,000万円を借り入れた場合の事務手数料を金額で出してみましょう。それがこちらです。

金融機関 事務手数料 金額
関西みらい銀行借入額の1.62%486,000円
池田泉州銀行借入額の2.16%648,000円
大正銀行借入額の0.97%291,000円
楽天銀行借入額の1.08%324,000円

意外と差があることがわかると思います。
金利がわからない大正銀行が最も安い291,000円で、一番高い池田泉州銀行はなんと648,000円と倍以上の差があります。借入額が増えれば当然額も差も大きくなるのが事務手数料です。
更に事務手数料は、契約時に現金で支払う必要があります。単なる手数料にこれまで頑張って貯めてきた貯蓄を減らすのはバカらしくないですか?この手数料こそ少なく済ませ、新しい家具や家電など新居に必要なものを購入したり、元金を減らせる繰り上げ返済の費用に当ててもいいですね。

最も事務手数料が安いのは大正銀行ですがきんりがわかりません。
もし手間でなければ電話や店舗で問い合わせてみましょう。金利が楽天銀行と変わらない金利であれば、大正銀行が大阪府内で最も安く「フラット35」を借りられる銀行になります。

ただ、そんな時間はとれないといった忙しい方は、インターネットから申し込みも行える楽天銀行の「フラット35をおすすめします。
大阪府内で「フラット35」を利用するなら、一番手間がかからず、事務手数料安く済ませることのできる楽天銀行の「フラット35」を借り入れ候補にするべきです。
インターネットで申し込めるので「フラット35」の借り入れを検討している方は気軽に申し込んでみましょう。

楽天銀行の「フラット35」について詳しく解説&分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)

 

 

Pocket
LINEで送る