他の銀行よりも圧倒的に低い諸費用や家事代行サービス付き住宅ローンなど、ユニークな住宅ローンを提供している新生銀行が新たな商品の提供を開始しました。
内容を見てみましょう。

自然災害時債務免除特約付きの安心パックS

新生銀行の住宅ローン「安心パックS」のバナーです

新生銀行が新たに提供を開始した「安心パックS」は、コントロール返済や安心保障付団信に加えて長期間わたる住宅ローンの返済中にもし自然災害に被災した場合に最大24回分、2年間も住宅ローン返済を免除する「自然災害時債務免除特約」をプラスしたサービスです。しかもこの特約には追加で金利上乗せなどの費用が必要ないことが特徴ですね。

新生銀行の住宅ローン「安心パックS」の説明図です

自然災害時債務免除特約は、地震・津波・台風や豪雨による水害・土砂崩れなどで被害を受けた場合、その被害の程度に応じて一定期間の住宅ローンの返済を免除する保険です。
被災時に住宅ローンの免除を受けるには罹災証明が必要になりますが、大規模な災害では自治体による発行には数ヶ月かかる場合も多く、この新生銀行の場合には電話で連絡すればすぐに免除を受けられるのが特徴です。
大きな災害に被災した場合、多くの方が家を失っただけでなく仕事もままならない状態になってしまいます。その間も住宅ローンの返済は継続されます。そういった時に大きな出費である住宅ローンの返済が無くなるのは大きな助けになりますね。

自然災害時債務免除特約の注意点

追加の保険料が必要ないなど、新たに開始した「安心パックS」の自然災害時債務免除特約ですが、その注意点をまとめておきましょう。

住宅ローンの実行後10年間しか有効じゃない

自然災害時債務免除特約の保証期間は、住宅ローンの実行から10年間となっています。
経年劣化による物件価値の低下などが理由なんでしょうか。11年目以降は被災しても補償が無くなることに注意が必要です。

利用できる金利タイプが限られる

「安心パックS」を利用できる金利タイプは下記の金利タイプのみです。

  1. 当初固定金利タイプ(12年、15年、20年)
  2. 長期固定(全期間固定)金利タイプ(25年、30年、35年)


変動金利や10年固定金利などの人気の金利タイプは利用できないことを覚えておきましょう。

 
昨今、各地で地震や豪雨による災害が増えていますが、やっとの思いで購入した住宅が被害にあい何の補償もなく住宅ローンだけが残されると、生活の再建には大きな負担となることは簡単に想像出来ます。大規模な災害時には公的な支援制度や全国銀行協会よる住宅ローン債務の整理などの支援策がありますが、自らこういった保険で災害に備えておくことで被災後の再建には大きなプラスとなるでしょう。
金利上乗せなどの保険料が必要ないことで広く普及する可能性があるかもしれません。

 

新生銀行の住宅ローンの特徴は?

check圧倒的な事務手数料(諸経費)の安さ
新規の借入れはもちろん、借換えをする方には特に大きなメリット。

checkコントーロール返済
繰上返済で短縮された返済期間の範囲内で元金返済をストップ。

check安心保証付き団信
「要介護3以上」に認定された場合には住宅ローンが免除。

check安心パックW
家事代行サービスと病児保育サービスで生活をサポート。

新生銀行は低金利と圧倒的な事務手数料の安さが特徴です。

新生銀行の事務手数料

  • 安心パック (コントロール返済+安心保証付き団信) : 108,000円
  • 安心パックW (安心パック+病児保育・家事代行サービス) : 162,000円
  • 上記のいずれも申し込まない場合 : 54,000円

新生銀行の住宅ローンの特徴は、何と言っても諸費用の安さです。
諸費用の中でも割合の大きい事務手数料は、一般的なネット銀行は借入金額の2.16%です。
これは3,000万円の借入れだと事務手数料は600,000円以上も必要になりますが、新生銀行では54,000円~162,000円と驚く安さとなっています。

新生銀行の借入れに伴う諸費用の比較表

 
新生銀行の住宅ローンは変動金利は他の銀行に比べて割高になりますが、10年固定金利は当初優遇期間が終了しても金利の上昇幅が少なく他の銀行に引けを取らないおすすめの住宅ローンです。
気になる方は早めに申込をしておき、キャンペーン期間を過ぎてしまわないように注意しましょう。

 
新生銀行の住宅ローンのメリット・デメリットを詳しく解説した下記の記事も参考にしてみてください。
>>新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る