住宅ローン金利の比較なら住宅ローン比較ネット (2022年5月金利更新)
サイト更新情報
  • HOME »
  • サイト更新情報 »
  • 長期金利

タグ : 長期金利

長期金利は、償還期間の長い債券や満期までの期間が長い金融資産や負債の金利。残存期間が10年に最も近い国債の金利が代表的な長期金利で、住宅ローンでも人気の高い10年固定金利などの長期の固定金利の指標となります。日銀による金融緩和でコントロールされている長期金利に関するニュースや記事を掲載しています。

詳しくは以下の各種記事を参考にしてください。

三菱UFJ銀行 国債入札の特別参加資格を返上 資格取消し

2016年6月13日に三菱UFJ銀行が財務省に対して国債入札の「国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)」の返上を届け出を行ったことをうけ、同月15日に届け出を認め資格を取り消すと発表しました。 「国債市場特別参加 …

北朝鮮に対して金融制裁も発動 長期金利と住宅ローンへの影響は?

最高指導者が自ら非難声明 緊張が高まる(9月23日追記) これまで弾道ミサイルの発射や核実験を行なった北朝鮮に対して、トランプ大統領は「北朝鮮を完全に破壊する」と国連総会で演説し、Twitterの自身のアカウントでは、北 …

長期金利が低下中!2017年4月の住宅ローン金利も引下げか?

すでに2017年4月の住宅ローン金利の予想記事を書いていますが、その記事を書いてから長期金利が低下しています。 予測では変動金利・長期固定金利は金利据置き、「フラット35」は若干の金利引下げを予想していますが、4月の住宅 …

長期金利が0.06%まで低下!2017年3月の住宅ローン金利も引下げか?

2月に入り、上昇していた長期金利が今週に入り低下し始めています。 先日も、長期金利の急激な変動を抑えるために日銀が国債の買い入れ予定を事前に通達するというニュースをお知らせしましたが、これは2月に入り長期金利が急激に上昇 …

トランプ大統領の誕生で長期金利が急上昇、日本の住宅ローン金利への影響は?

<2016年11月17日更新> ヒラリー氏の勝利が見込まれていたアメリカの大統領選挙においてトランプ氏が予想外の勝利を収めました。 トランプ氏の大統領が決まった11月9日には暴落ともいえるほどの株価の急落が世界中で発生し …

イギリスのEU離脱により今後の住宅ローン金利はどうなる?

23日のイギリスのEU(欧州連合)残留か離脱かを決定する国民投票の結果がでました。 事前調査では、拮抗してはいたもののEUに残留するとの意見が大半を占めていたのですが、結果は離脱派が過半数を占めるというサプライズが起きま …

金融政策決定会合は追加緩和は見送り 住宅ローンへの影響は?

日銀は15・16日の金融政策決定会合で、マイナス金利付き量的・質的金融緩和政策の現状維持を賛成多数で決定し、追加緩和の見送りを決めました。 この決定を受けて、為替ではドル円が103円台に急落、日経平均も前日比で500円近 …

2022年5月金利更新


auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?

住宅ローン金利の予想

PAGETOP
Copyright © 住宅ローン比較ネット All Rights Reserved.