住宅ローン金利の比較なら住宅ローン比較ネット (2018年12月金利更新)
サイト更新情報
  • HOME »
  • サイト更新情報 »
  • 長期金利

タグ : 長期金利

長期金利は、償還期間の長い債券や満期までの期間が長い金融資産や負債の金利。残存期間が10年に最も近い国債の金利が代表的な長期金利で、住宅ローンでも人気の高い10年固定金利などの長期の固定金利の指標となります。日銀による金融緩和でコントロールされている長期金利に関するニュースや記事を掲載しています。

詳しくは以下の各種記事を参考にしてください。

長期金利が急低下!2019年1月の住宅ローン金利も低下する?!

長期金利が急激に低下しています。 11月末から徐々に低下していた長期金利ですが、10日は+0.035%まで急低下して今年8月以来の低水準となっています。低下の要因としては米中の通商問題が試乗で懸念されているようです。 住 …

長期金利が急上昇!10月の住宅ローンは金利引上げが濃厚に

衆議院が昨日午後の本会議で解散され、「10月10日公示・22日投開票」に向けて事実上の選挙戦に突入しています。 すでに自民党の安倍総裁は、2017年10月に予定されている消費税10%への増税に「リーマン・ショック級の事態 …

北朝鮮に対して金融制裁も発動 長期金利と住宅ローンへの影響は?

最高指導者が自ら非難声明 緊張が高まる(9月23日追記) これまで弾道ミサイルの発射や核実験を行なった北朝鮮に対して、トランプ大統領は「北朝鮮を完全に破壊する」と国連総会で演説し、Twitterの自身のアカウントでは、北 …

長期金利がマイナス0.005%まで低下 住宅ローンへの影響は?

10年固定金利や「フラット35」などの長期の固定型住宅ローン金利の指標となる長期金利の低下が続いています。先週の急低下から来週にもマイナス圏まで低下する可能性がありそうだとお話していましたが、9月1日午後に前日の終値より …

長期金利が急低下 9月の住宅ローン金利は引下げが決定的

8月に入り「北朝鮮リスク」から長期金利の低下が続いています。 当サイトの住宅ローン金利の予想記事でも、10年固定金利や「フラット35」などの長期の固定金利を中心に金利引下げを予想していますが、9月の金利引下げは決定的な状 …

日銀が買い入れオペを実行し長期金利は低下へ 住宅ローン金利はどうなる?

5日に長期金利が上昇していることをお伝えしましたが、この上昇を受けて日銀は指定した金利水準で金額に制限を設けずに国債を買い入れる指値オペを5ヶ月ぶりに実施しています。 この指値オペの影響で、長期金利は0.085%まで低下 …

長期金利が0.09%まで上昇 住宅ローン金利はどうなる?

5日の債券市場で新発10年物国債利回りである長期金利が上昇しています。 長期金利は10年固定金利などの長期の固定期間選択型住宅ローンの重要な指標です。この長期金利が上昇すると住宅ローン金利も引上げとなります。 5日の長期 …

長期金利がプラス0.65%まで上昇 住宅ローン金利はどうなる?

8日の国内債券市場で、長期金利(新発10年物国債利回り)が大きく上昇しています。 一時は前日より0.030%高い0.075%まで上昇し、3月17日以来となる約3ヶ月ぶりの高い水準を付け、終値は0.65%となっています。 …

長期金利がプラス0.04%まで上昇 6月は再び住宅ローン金利も上昇?

10日の国内債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは上昇(価格は下落)しました。 前日からプラス0.010%上昇したプラス0.040%で取引を終え、日銀が実施した国債買い入れオペ(公開市場操作)の結果が「弱 …

長期金利が0.005%まで低下 住宅ローンへの影響は?

北朝鮮がミサイルを発射するなど緊張を高める朝鮮半島情勢が影響し、長期金利の低下が続いています。 17日の長期金利の終値はプラス0.005%まで低下し、今週にも昨年11月以来のマイナスになりそうな勢いとなっています。 まず …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 住宅ローン比較ネット All Rights Reserved.