2月に入り、上昇していた長期金利が今週に入り低下し始めています。

先日も、長期金利の急激な変動を抑えるために日銀が国債の買い入れ予定を事前に通達するというニュースをお知らせしましたが、これは2月に入り長期金利が急激に上昇したことが原因です。

日銀による国債の買い入れ量が、事前の予想よりも少なかった為に金利が急上昇しましたが、この時は無制限の買い入れオペを行い長期金利を低下させることに成功しています。

日銀は長期金利を0%程度で維持する「長短金利操作付き量的・質的金融緩和(イールドカーブコントロール)」を行なっていますが、そのレンジは±0.1%と考えられています。
このコントロールにより長期金利の上昇が無いということは、住宅ローン金利の特に10年固定金利も上昇することは無いといえます。
しかし、利用者としてはやはり「下がってほしい」というのが本音ですよね。

3月の住宅ローン金利予想でも、長期金利的には据え置きと予想しています。
しかし、繁忙期ということでキャンペーン的に金利引き下げがあるのでは無いかとしていましたが、長期金利が低下すれば金利引下げの可能性がぐんと高まります。

ただでさえ長期金利と関係なく金利を引き下げて少しでも顧客を獲得したい時期ですし、そこにきての長期金利の低下は銀行としても待ってました!という感じなんじゃないでしょうか。

長期金利の推移グラフです

日本相互証券株式会社HPより引用

24日の長期金利の終値はプラス0.06%と2ヶ月ぶりの水準となっています。
これは金利引下げに期待できますね。

3月に住宅ローンの新規借入れや借り換えを考えていた方には絶好のタイミングとなりそうですね。
もしまだ申込みを行なっていない方は、早めに申し込んでおきましょう。

3月の住宅ローンで金利引下げが期待できそうな住宅ローンはどこでしょうか。
借り換え比較ランキングを見てみましょう。

住宅ローン借り換え比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名変動金利固定金利事務手数料保証料申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410%

(全期間引下げプラン)


10年固定:0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.507%

(変動セレクト
住宅ローン)※5

10年固定:0.600%

(固定セレクト
住宅ローン)※5

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

新規購入で自己資金10%以上の場合に更に低い変動金利が利用が可能です。低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん50%保障団信が特徴です。自己資金に余裕があれば利用するのがおすすめです。

3位0.450%

※2
(変動フォーカス)

10年固定:0.800%

(当初固定金利タイプ)

変動金利:
借入額の
2.20%(税込)
10年固定:
55,000円(税込)~
165,000円
(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円(税込)~と業界最低水準の変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。

4位ARUHIのロゴ画像です

フラット35

なし20年以内:1.230%
21年以上:1.300%

※1

借入額の
1.10%(税込)

※6

0円公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.398%

※4
(通期引下げプラン)


10年固定:0.740%

※4(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.398%

※3
(通期引下げプラン)

10年固定:0.760%

※3(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
※1 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。
※2 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は0.650%。
※3 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※4 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
※5 借り換え/新規購入で自己資金10%未満の場合の金利です。
※6 WEB申込みで借り換えた場合の事務手数料です。
借り換え比較ランキングの詳細はこちら

1位は人気の10年固定金利を引下げたauじぶん銀行ですね。2月は0.500%と変動金利と変わらない超低金利となっています。
auじぶん銀行は団信に加えて無料で付帯する「がん50%保障団信」が特徴の保障が手厚い住宅ローンです。3月も金利引下げが期待できそうです。

2位は借り換え限定で10年固定金利を0.500%としているりそな銀行です。
1万人限定で「団信革命」とセットで借り入れると金利を0.1%優遇していくれるキャンペーンを行なっています。3月の金利引下げはかなり確率が高いと筆者個人は考えています。

3位はこちらも借り換え限定の特別金利を提示している住信SBIネット銀行です。
このキャンペーンは申込の期限が終わっていますので、3月にどうするのか期待したいですね。借り換え限定のキャンペーンを再び行うことに期待したいですね。

住宅ローン選びの参考にしてみてください。

 

 

Pocket
LINEで送る