みずほ銀行とソフトバンクが共同出資で設立したJ.Scoreが国内初のAI(人工知能)を使った個人向け融資を9月から開始します。

金融とITが融合したフィンテックですね。
直接住宅ローンとは関係ないニュースではあるのですが、ローン審査にAI(人工知能)を使用する新たな手法を使うことと、その事業を行う新会社を国内最大手の「みずほ銀行」と3大キャリアの1つ「ソフトバンク」が共同出資で設立するということで注目されています。

ローン審査にAI(人工知能)で融資へ

当初は2017年春にも事業を開始すると言われていましたが、9月からの開始を目指しているようです。

顧客がスマートフォンの専用アプリに入力した個人データや資金使途に応じて貸し出し条件などをAI(人工知能)で判断し、30分ほどで手続きを完了して口座に入金できる仕組みで、みずほ銀行からは顧客データ分析やローン審査のノウハウを、ソフトバンクからはAI(人工知能)によるデータ分析を融合するとしています。
AI(人工知能)を使って従来の審査以上に大量のデータを分析することで、顧客ごとにきめ細かく融資上限などを決められ、スマートフォンで手続きが完結するため、店舗や人員にかかるコストを大幅に削減できるネット銀行の利点を活かせそうです。

顧客が自ら個人情報を追加して入力することで信用力を高め、より多くのお金を借りたり、金利を下げられたりするようになる仕組みもつくるとしています。
これは新しいですね。

こういったローン審査の手法は、いずれ住宅ローンの審査でも導入されることになるかもしれません。
今では平均して1ヶ月程度の時間が必要になりますが、それが短縮されるのはユーザーにとってはメリットと言えそうです。

さらには住宅ローンへの参入なども考えられます。
これまでにない新しい住宅ローンを提供してくれるかもしれませんね。

 

 

Pocket
LINEで送る