みずほ銀行とソフトバンクが共同出資で設立したJ.Scoreが国内初のAI(人工知能)を使った個人向け融資を9月から開始します。

金融とITが融合したフィンテックですね。
直接住宅ローンとは関係ないニュースではあるのですが、ローン審査にAI(人工知能)を使用する新たな手法を使うことと、その事業を行う新会社を国内最大手の「みずほ銀行」と3大キャリアの1つ「ソフトバンク」が共同出資で設立するということで注目しています。

当初は2017年春にも事業を開始すると言われていましたが、9月からの開始を目指しているようです。

顧客がスマートフォンの専用アプリに入力した個人データや資金使途に応じて貸し出し条件などをAI(人工知能)で判断し、30分ほどで手続きを完了して口座に入金できる仕組みで、みずほ銀行からは顧客データ分析やローン審査のノウハウを、ソフトバンクからはAI(人工知能)によるデータ分析を融合するとしています。
AI(人工知能)を使って従来の審査以上に大量のデータを分析することで、顧客ごとにきめ細かく融資上限などを決められ、スマートフォンで手続きが完結するため、店舗や人員にかかるコストを大幅に削減できるネット銀行の利点を活かせそうです。

顧客が自ら個人情報を追加して入力することで信用力を高め、より多くのお金を借りたり、金利を下げられたりするようになる仕組みもつくるとしています。これは新しいですね。

こういったローン審査の手法は、いずれ住宅ローンの審査でも導入されることになるかもしれません。
今では平均して1ヶ月程度の時間が必要になりますが、それが短縮されるのはユーザーにとってはメリットと言えそうです。
さらには住宅ローンへの参入なども考えられます。
これまでにない新しい住宅ローンを提供してくれるかもしれませんね。

 
「通信会社」と「銀行」といえば、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して作られたじぶん銀行が既に有名ですね。

ソニー銀行や住信SBIネット銀行などの先に開業しているネット銀行よりも早いペースで住宅ローン残高1,000億円に到達するなど、じぶん銀行もこれまでにない新しい住宅ローンを提供して人気を集めています。
その特徴をみてみましょう。

特徴.1 業界最低水準の低金利

住宅ローンの借入先を考える時にまず考えるのが金利ですね。
じぶん銀行変動金利でも10年固定金利でも、新規の借入れでも借り換えでも業界最低水準の金利を提示しています。

2017年5月の住宅ローン金利
変動金利:0.497%
10年固定金利:0.520%

借り換えのみに適用されるキャンペーン金利で低い金利を提示する銀行もありますが、じぶん銀行では新規借入れでも借り換えでも上記の金利が適用になります。
どちらも業界最低水準の低金利です。

特徴.2 無料で付帯する「がん50%保障団信」

じぶん銀行の最大の特徴とも言っていいのがこの「がん50%保障団信」です。

がん50%保障団信の説明

日本では2人に1人はがんと診断され、3人に2人が治療によりがんから生還するというデータが有りますが、がんのリスクに備えることは非常に重要です。

長期間の返済になる住宅ローンの場合、万が一、がんを患い高額な治療費や入院費が発生した場合の返済負担の軽減というのは大変大きなメリットですし、がんと診断されたら支払われるので、早期に発見し術後にすぐ仕事に復帰しても住宅ローン残高は半分になります。

また、支払の条件に1年間も就業不能の状態が続かなければ受け取れない保障もありますが、「がんと診断されるだけ」という保障を受け取る条件の低さには驚愕です。

特徴.3 申込みから契約までスマホで完結

国内最大手の通信会社が親会社であるだけに、契約までスマホだけで完結できるのも特徴です。

ネット銀行でも依然として、契約書類などは紙の契約書が主流ですし、記入して捺印し郵送するのが当たり前です。
しかし、じぶん銀行では紙の書類を無くしデータ化することで郵送の手間を省いています。
さらに書類を郵送しないため審査の時間も大幅に短縮し、最短で10日というスピード感で審査が終了します。

低金利に手厚い保障、手軽な申込み方法など、非常におすすめの住宅ローンです。

特徴.4 auのスマホを使っていればキャッシュバック

じぶん銀行の住宅ローンを利用する方の中で、auのスマホなどを使っている方だけが受けられる特典が「au住宅ローン」のキャッシュバックです。

au住宅ローンの特徴

500円 x 12ヶ月 x 5年間 = 30,000円ものキャッシュバックが受けられることになります。
申し込みの条件は、じぶん銀行で登録したau IDに設定されているau携帯電話を利用してる方です。

じぶん銀行の住宅ローンで借入れや借り換えを考えていて、auのスマホなどを使っている方「au住宅ローン」を利用するのがお得ですね。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る