第一生命保険は16日、住宅ローン利用者が加入する団体信用生命保険、いわゆる「団信」の申し込み手続きをネットから直接できるようにすると発表しました。
これまではローンを借りる金融機関経由で申請書類に署名や捺印、さらに郵送により受け付けていましたが、インターネットでの申請を行うことで加入審査にかかる時間を従来の数日間から即時に短縮出来ることになります。

銀行が提供する団信は、銀行と保険会社が提携して提供しているものがほとんどですが、第一生命保険がこれまでの手続きを簡略化することで他の保険会社にも広がることになるでしょう。今後はますます審査時間が短縮されることになりそうですね。

そもそも団信て必要?

団信とは、住宅ローンを借りた契約者が死亡または高度障害になった場合に、金融機関が残った住宅ローン残高の支払をしてくれる保障です。今の住宅ローンの契約には必須となっています。
但し「フラット35」に関しては団信の加入が必須ではありません。「フラット35」の保証に関してはまた今度お話するとして、今回は通常の住宅ローンに団信などの保証が必要なのかを考えてみましょう。

この団信ですが保障があるからには保険料が必要になります。この保険料を取り上げ「30歳代であれば加入の必要はない」などと解説するサイトや専門家もいます。住宅ローンを選ぶにあたり様々なホームページをご覧になっている方は、目にしたこともあるかもしれませんね。しかし、現在では大手銀行ですら保険料は銀行が負担してくれることが当たり前となっています。つまり団信の保険料を払うこと無く保障は受けられる状態です。(保険料の分は金利や諸費用などに含まれていると考えてもいいかもしれませんが…)

そうなると団信が必要か?を考える必要が無いことになりますね。
さらに今の時代の住宅ローンはこの「団信」が無料は当たり前で「疾病保障」まで無料で付帯することがスタンダードになりつつあります。
そんな住宅ローンを提供している2つの住宅ローンを見てみましょう。

住信SBIネット銀行は「全疾病保障」が無料で付帯

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、団信だけでなく全疾病保障が無料で付帯することが最大の特徴です。他の銀行でも、近い保障は付帯することができますが、付帯するには住宅ローン金利に0.3%程度の上乗せが必要になり、約200万円くらい返済額が増してしまいます。
団信による死亡、高度障害での保障は一般的ですが、「全疾病保障付き住宅ローン」は、下記の8疾病に加えてケガや病気の場合にもローン残高が0円になります。
がん・脳卒中・急性心筋梗塞・高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎

全疾病保障の説明図です

住宅ローンを選ぶときには、金利に目が行きがちですが、病気で返済ができないといったリスクに備えることも重要です。本来は死亡時や高度障害が残った時にしか保証されないものが、がんや3大疾病でも保証さるのは住宅ローンの契約者には大変ありがたいことです。

団信に加え無料で付帯する全疾病保障、その上、業界トップクラスの低金利を実現し、加えて、保証料・繰上げ返済手数料も無料で、住宅ローンで頭を悩ます諸費用が低く抑えられる住信SBIネット銀行が人気になるのも納得です。

新規の住宅ローンの借入れや借り換えをお考えの方に強くおすすめできる住宅ローンです。

 

じぶん銀行は「がん50%保障団信」が無料で付帯

じぶん銀行の無料で付帯される「がん50%保障団信」とは、がんと診断されると住宅ローン残高の50%相当額が支払われる保障です。

じぶん銀行「がん50%保障団信」の説明図

2人に1人はがんと診断され,3人に2人はがんを克服し生還する日本では、がんのリスクに備えることは非常に重要です。
長期間の返済になる住宅ローンの場合、万が一、がんを患い高額な治療費や入院費が発生した場合の返済負担の軽減というのは大変大きなメリットですし、がんと診断されるだけで支払われるので、早期に発見し術後にすぐ仕事に復帰しても住宅ローン残高は半分になります。
加入が無料な上、がんと診断されただけで保障を受けられる条件の低さが特徴の「がん50%保障団信」は、今のところ他ではない大きなメリットとなっています。

住宅ローンを後発で始めたじぶん銀行は、ネット銀行特有の低金利と利便性を追求したサービス、メガバンクである三菱UFJ銀行の信頼性をバックボーンに人気の住宅ローンです。
特に変動金利で住宅ローンを考えている方には非常に魅力のある住宅ローンです。

さらにauのスマホを使っていればセット割でキャッシュバック

じぶん銀行の住宅ローンで新規購入の借入れや借り換えを行った方の中でauのスマホや携帯を使っている方だけのメリットがセット割です。

じぶん銀行の住宅ローンとauのスマホをセットで利用すると、スマホの料金に「セット割」が適用され、毎月500円が最大5年間もスマホの代金からキャッシュバックされるというものです。
つまり5500円 x 12ヶ月 x 5年間 = 30,000円ものキャッシュバックが受けられます。
KDDIが運営する携帯キャリア「au」と三菱UFJ銀行という日本でも有数の企業が共同出資で設立したじぶん銀行だからできることですね。

業界最低水準の低金利に「がん50%保障団信」、さらにキャッシュバックまで備えたau住宅ローンはauユーザーなら大変おすすめの住宅ローンです。

 
いかがでしょうか。
実はこの『疾病保障まで無料で付帯する住宅ローンがある』ということは意外と知られていないようで、筆者の知人に話しても驚かれることがほとんどです。
団信はともかく「疾病保障」は適用金利に上乗せで付帯となる銀行が多く、その場合には費用と効果を厳密に比較する必要がりますが、無料であればつけない理由はないですよね。

業界最低水準の低金利と団信に加えて「疾病保障」まで無料で付帯する住信SBIネット銀行とじじぶん銀行の住宅ローンは、今一番おすすめできる優良な住宅ローンでることは言うまでもありません。この2行の住宅ローンを借入れ候補に考えてみるのはいかがでしょうか。

住信SBIネット銀行の「全疾病保障」とじぶん銀行の「がん50%保障団信」をわかりやすく比較したこちらの記事も住宅ローン選びの参考にしてみて下さい。
>>[じぶん・住信] 無料の疾病保障付き住宅ローンを比較!

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る