住宅ローン金利の比較なら住宅ローン比較ネット (2018年11月金利更新)
サイト更新情報
  • HOME »
  • サイト更新情報 »
  • 月別アーカイブ: 2017年10月

月別アーカイブ: 2017年10月

フラット35とは?仕組みや特徴をわかりやすく解説

フラット35とは、民間金融機関と日本政府が100%出資の住宅金融支援機構が協力して長期固定型金利住宅ローンです。 長期固定金利住宅ローンは、住宅ローン契約時に返済終了までの借入金利・月々の返済額が確定する住宅ローンなので …

フラット35のロゴ画像

住宅ローンの借り換えによるメリット・デメリット

住宅ローンを借り換えることによるメリットとデメリットはなんでしょうか。借り換えを検討する際に考えなければおけないポイントを把握しておきましょう。 借り換えのメリット 住宅ローンを借り換えることによるメリットはどんなもので …

みずほ銀行でもフィンテックで業務合理化 1万9千人削減検討

6月に三菱UFJフィナンシャルグループがフィンテックで業務合理化を進め1万人の人員削減を行うとのニュースをお伝えしました。さらにこういった動きは金融業界全体に普及することになると予想していましたが、三菱UFJ銀行と並ぶメ …

みずほ銀行のロゴ画像です

EUでも金融緩和縮小が決定 住宅ローン金利への影響は?

すでに金融緩和による景気刺激策を終了し、いわゆる出口戦略として政策金利を段階的に引き上げているアメリカに続き、EUでも金融緩和の終了に向けて動き出しています。 欧州中央銀行(ECB)は26日の理事会で量的緩和政策の大幅縮 …

「消費者物価指数(CPI)2%」引下げを検討 住宅ローン金利への影響は?

2016年のマイナス金利政策の道入以降、住宅ローン金利は超低金利を維持し、住宅ローンをすでに借りている方には借り換えの、これから住宅を購入しようという方には超低金利で住宅ローンの借り入れの大きなチャンスとなっています。 …

衆議院解散総選挙が決定 住宅ローンへの影響は?

今月28日に招集される臨時国会で衆議院の解散総選挙が正式に発表される予定となっています。 予定されている選挙日程は10月10日公示、10月22日投開票で、この選挙の争点は、延期された消費税10%への引上げの是非、さらに消 …

住宅ローンの備えは大丈夫?がん患者が2年連続で100万人超えの予想

国立がん研究センターが2017年のがん患者の予想を発表しました。 これによると高齢化を背景として、新たにがんと診断される人は100万人以上、さらに40万人近くががんで死亡するという予想しています。高齢化などを要因として今 …

理由と対策を参考にしよう!住宅ローンの審査に通らなかった理由は?

住宅ローンを申し込むと銀行による審査を受けることになります。これは銀行が、貸し倒れを回避するために、きちんと返済ができる人物か、相応の物件かどうかを判断するものです。 この審査に通らなければお金を借りることは出来ませんが …

審査のカテゴリーのアイキャッチ画像です

新生銀行が災害時に最大2年間も住宅ローン返済免除の「安心パックS」を開始

他の銀行よりも圧倒的に低い諸費用や家事代行サービス付き住宅ローンなど、ユニークな住宅ローンを提供している新生銀行が新たな商品の提供を開始しました。 内容を見てみましょう。 自然災害時債務免除特約付きの安心パックS 新生銀 …

新生銀行アイキャッチ画像
PAGETOP
Copyright © 住宅ローン比較ネット All Rights Reserved.